幼少期や成長期に必要なDHAの目安摂取量 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

幼少期や成長期に必要なDHAの目安摂取量

カテゴリー:

DHAには学習能力の向上効果があるため、幼少期のころから食べさせたがる親御さんが多くいらっしゃいます。当記事では、幼少期に必要なDHA目安摂取量を年齢別に詳しくまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

DHAの目安摂取量

DHAは一日に1000mgほどとるのが目安だとされています。マグロやサバなどDHA豊富な魚を食べれば比較的容易に摂取することができます。

もっとも妊婦の方は胎児の分までDHAを摂る必要がありますので、+800mgほどとっておきましょう。マグロの刺身などを食べるとそれだけの量を簡単にとることができますが、食欲がないときも多いでしょうのでその際にはサプリメントを利用することをお勧めします。

頭を良くしたいときはDHA

DHAは記憶力や学習能力の向上に役立つと言われています。脳内に直接届く栄養素であることや、海馬の成長に必要な成分であることなどが理由として考えられていますが、明確なメカニズムはまだ解明されていません。しかし、日本や諸外国など世界レベルでDHAが脳機能の向上に役立つという研究結果や臨床データが非常に多く示されていますので、かなりの信頼性があります。

お子様にDHAをとらせたいときは5歳からは一日に300mg、7歳からは500mg、10歳からは800mgほどを推奨します。5歳未満のときでも母乳離乳食からDHAを摂取できますので、お母様がDHAを食べたりDHAが配合された製品を使うことで与えることができます。成長するにつれて通常の食事に慣らしていきましょう。食育の観点からも、生の魚から食事をとらせるのはいいことだと思います。

【補足】アレルギーがあるときは

近年では実に幼少期から何らかの食べ物にアレルギーやアトピーを持つ子供が増えています。原因は不明ですが、産業が発展して化学廃棄物や大気汚染が増えていた時期と一致することから、環境破壊が一因だという説もあります。また食品添加物による遺伝子へのダメージも理由としてあり得ます。発がん性がありうるものもあるため、細胞レベルに影響を与える添加物もあります。不妊が増えていることとの関係性もささやかれています。

魚にアレルギーがある場合は、正直申し上げてDHAを摂取するのはかなり困難です。サプリメントなども魚から成分を抽出しているものが多いため、それらに対しても反応を起こす可能性があります。

アレルギー外来や小児科の先生と相談して、魚以外に食べられるDHA豊富な食品を探したり、魚類の中でも食べられるものを見つけるようにしましょう。

魚を生食で食べる際の注意点

DHAを効率的に摂取するには生の魚をとるのがベストですが、気を付けておかねばならない点がいくつかあります。

水銀に気を付ける

近年では魚に水銀が多く含まれています。人体に有害な物質ですので、とらないのがいいのですが、それですと魚がまったく食べられないものですから困ったものです。売られている魚の内臓はなんだかジャリジャリしているものがよく入っているのですが、気になった方も多いのではありませんか?

できれば市場から直接魚を仕入れている店で魚を食べるようにしましょう。

食中毒の時期には

季節によっては、生食が危ない時期もあります。スーパーなどで買ってきた魚はすぐ冷蔵庫に入れるようにしましょう。また生食を避けて、火を通して食べるのも一つの手です。

妊婦の方や抗血栓薬などを使用している方は要注意

胎児の神経系組織の発達のために、妊婦の方が積極的にDHAを摂取することも多いですが、予定日の前は食べ過ぎないよう注意しましょう。血液がサラサラになる作用もあるため、不意の出血時に血が止まりづらくなるリスクがあります。

また同様の理由から抗血栓薬を使用している方も事前に医師に相談しましょう。サプリメントなどから多量に摂取する場合はなおさらです。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。