脳機能を改善する効果があるDHA | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

脳機能を改善する効果があるDHA

カテゴリー:

DHAはオメガ3系不飽和脂肪酸であり、学習能力の向上など機能の向上に役立つ効果が広く知られています。今回はDHAが属する不飽和脂肪酸の種類と効果についてまとめましたので、ご覧ください。

 

健康に良い脂質―オメガ3系不飽和脂肪酸―

人の体は細胞から構成されており、そのすべてに脂質が含まれています。脂質はエネルギーの元となり、それによって体を動かす原動力となっているのです。脂質と聞くと脂肪のもとになって不健康なイメージがありますが、このように身体に欠かせない重要な役割を果たしているのです。

体に良い脂質はたくさんの健康効果をもたらすものとして、多くの方に愛用されています。その中でも注目を集めているのがオメガ3系に属する不飽和脂肪酸という脂質です。

脂質をつくっている脂肪酸という成分は、飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に分類されます。飽和脂肪酸は炭素鎖が単結合のみ存在する物質であり、不飽和脂肪酸は炭素鎖に二重結合や三重結合を持つ物質です。他にも幾何異性体や炭素数による分類法が存在しますが、栄養学では主に不飽和度による分類がなされています。

不飽和脂肪酸は脂肪酸末端部分からどの位置に二重結合を持つかで、オメガ3系(n-3、ω-3)、オメガ6系(n-6、ω-6)、オメガ9系(n-9、ω-9)に分けられます。

DHAはオメガ3系不飽和脂肪酸に分類される成分であり、細胞機能を正常に保つには欠かせない働きをしています。DHAは魚類に含まれていますが、他のオメガ3系不飽和脂肪酸は豆類やナッツ類、えごま油などから摂取できます。

オメガ3系不飽和脂肪酸の健康効果

余分なコレステロールを排除する

オメガ3系不飽和脂肪酸は脂質に属する物質ですが、逆にコレステロール値を低下させる効果があります。HDL(善玉コレステロール)の量を増やして、LDL(悪玉コレステロール)を減少させて、血流を改善する働きがあります。どちらも同じコレステロールですが、その働きは全く正反対です。LDLは血液中を流れていると、血管壁に付着して血流の通り道を狭めてしまいます。血管の幅が小さくなると、血圧が高くなってしまい高血圧になりやすくなります。また毛細血管にまで血液が行き届きづらくなり、身体に負担をあたえてしまいます。極めつけは血管自体を老化させてしまうということです。血管壁にへばりついたコレステロールはそのままの状態が続くとやがて酸化してサビのように血管を劣化させてしまいます。こうなると血流や代謝にとってマイナスになるだけでなく、動脈硬化を引き起こしかねません。動脈硬化は脳卒中や心筋梗塞といった大病を招く元ですので、予防がとても重要な疾患です。

HDLはこれらの事態を防ぐ役割を果たしてくれます。HDLはLDLを血管壁から剥がして血流を改善させます。血液中を流れているままのLDLも回収してくれますので、体にとてもいい働きをしてくれるのです。このように機能して、血管の酸化や劣化、動脈硬化を予防してくれます。

中性脂肪を下げる

肥満の原因となる中性脂肪を低下させる役割もあります。本来中性脂肪は体のエネルギー源となる物質であり、食事から摂取した栄養をもとに肝臓で生成されます。体内でブドウ糖などのエネルギー源が消費され切ったときには、この中性脂肪が代替のエネルギー源として体の中で使われるのですが、現代ではこの中性脂肪が病気やメタボリックシンドロームを引き起こす原因となってしまっています。

摂取する食事の量や栄養バランスが適切であれば、エネルギーは効率よく体内で使われます。しかし、現代では飽食や個食、あるいは間食などから食事を過度に摂取しがちです。摂りすぎたエネルギーは脂肪として蓄積され、それが過剰になるとメタボリックシンドロームや生活習慣病を引き起こしてしまいます。

オメガ3系不飽和脂肪酸はエネルギーを摂りすぎてしまった場合に役立ちます。つい食べ過ぎてしまったエネルギーは中性脂肪に変換されますが、オメガ3系不飽和脂肪酸はこの生成を抑えて体の中に蓄積されるのを防いでくれます。さらに先述した血液環境を改善する作用から、血管を拡張して血液中の中性脂肪を除去してくれる機能もはたしてくれます。このようにしてオメガ3系不飽和脂肪酸は体の様々な場所で役立ってくれているのです。

実は摂りすぎているオメガ6系

栄養素といえば、よく「○○が不足している」「もっととる必要がある」と言われていますが、実は安定的に摂取できている栄養素もあります。オメガ6系に属する不飽和脂肪酸には、主に植物に含まれているリノール酸はまさにその典型です。

リノール酸は米や麦などの穀類やひまわり油などに多く含まれています。人体が健康に生きる上で重要な働きをする物質であるため、欠乏すると生命に関わりますが、米など日ごろの食事からとることができる栄養素であり十分すぎるほど摂取できています。必要目安量の6倍ほどが日本人の平均値であり、逆に過剰症の心配がされています。

最近流行の米やパンなどを控える炭水化物ダイエットが効くのは、オメガ6系の過剰摂取を抑えているのも一因かもしれません。

LDLを減らすオメガ9系

代表的なオメガ9系であるオレイン酸は、LDLを減少させる効果があると言われています。オメガ9系も過剰に摂取するとマイナスの影響が懸念されていますが、これはオリーブオイルやアボガドといった家ではなかなか口にしない食べ物に多く含まれていることから、さほど摂りすぎていないと考えられています。

脳機能の改善に役立つDHA

学習能力の向上に役立つ成分として名高いDHA。サンマなどの青魚に含まれており、自宅の食事から摂取できるお手頃の栄養素です。またサプリメントを使っても気軽に摂取できることから広く愛用されています。

オメガ3系不飽和脂肪酸は主に血液をサラサラにする作用に優れた栄養素ですが、DHAはその他にも脳の状態を向上させることに秀でています。

DHAは「脳内に直接届く希少な成分」であることと「脳内の神経細胞を構成する物質」という2つの特徴を持っており、これらの性質は他のオメガ3系不飽和脂肪酸には見られません。

本来経口摂取した栄養素のほとんどは脳内に達することはありません。脳へと流れる血液は、血液脳関門という場所で必要な栄養素を選別されています。ここで大半の栄養素は拒まれるのですが、DHAはこの関門を通過して直接脳内に届く希少な成分なのです。また脳の神経細胞を構成しているのも重要なファクターだと考えられています。特に学習能力や記憶力をつかさどる海馬に多く含まれていることから、脳機能を支えているのです。

 

DHAの脳に良い効果

シナプスを形成する

DHAは神経細胞にある細胞膜を柔らかくする働きがあります。細胞膜が軟化することで、シナプスが樹状突起や軸索を作りやすくなります。シナプスが作りやすくなると、神経系が活性化して記憶力の向上など脳機能の改善に役立つというわけです。

認知症の予防

脳の成長は20歳までの成長期を境に止まってしまうと考えられがちですが、一概にそうだとはいえません。成長期を過ぎても訓練によって脳機能が向上するのはよく見られることであり、実際脳の重要器官である海馬は成人を過ぎても成長を続けています。DHAを摂取することで認知症が改善するケースもありますので、脳機能を良くするためにDHAを摂取するのも良いでしょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。