DHAやEPA豊富な魚類 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

DHAやEPA豊富な魚類

カテゴリー:

DHAEPAはマグロなどの類に多く含まれています。しかし、部位によって違いがあったりしますので、今回はそのあたりのことを詳しくお伝えいたします。

体内で生成できるDHA?

DHAやEPAは体内で生成されないため、食物やサプリメントからの摂取が重要となっています。しかし、最近になってDHAやEPAを体内で生み出す成分が新しく発見されました。それが「α-リノレン酸」という必須脂肪酸です。

α-リノレン酸はマグロなどの魚介類にではなく、えごま油やひまわり油などの脂っぽい食べ物に含まれています。体内に入ったα-リノレン酸が、様々な化学変化を経てDHAやEPAに変換されると考えられています。魚介類にアレルギーのある方は、α-リノレン酸を摂取してDHAとEPAを補う方もいらっしゃるようです。

しかし、α-リノレン酸が含まれる食べ物はどれも油分やカロリーが多いため、大量に摂取するのは現実的ではありません。また体内でDHAなどに変換されると言われていますが、その機序はまだ解明されていないためα-リノレン酸を摂取してからといってDHAとEPAを補えると考えるのはやや早計だと思われます。基本的には魚介類からとるのがベターでしょう。

マグロの目玉はDHA豊富

マグロはDHAやEPAがもっとも含まれている魚介類として有名ですが、実は部位によって若干成分の含有量が異なっています。トロなど脂ののった部位がかなり多く、赤身の部分はさほど含まれていません。しかし、もっとも多く含まれているのは目玉だとされています。特に回りのぷるぷるとした部分が豊富であり、他の栄養素もたくさん含まれています。

目玉は見た目の問題から敬遠されがちですが、実は栄養価的にはかなり優れています。マグロを扱っている魚屋さんでは売ってくれるところもありますので、興味があれば行ってみてください。そういった商品は自営業でないとまず売ってくれませんので、個人店がおすすめです。

アレルギーがあってもサプリメントなら大丈夫?

マグロなどにアレルギーのある方でも、サプリメントからであればDHAやEPAを摂取できるとも言われています。確かにそういうこともあるでしょうが、一概には言い切れません。何故ならDHAやEPA自体にアレルギー反応を示す場合もあるからです。魚介類の持つどの成分にアレルギー反応を占めているか厳格に判断しないと、サプリメントを使ってもアレルギーが出てしまいます。

魚介類の持つ他の成分に対してアレルギーを示しているならば、サプリメントからならば問題なく摂取することができます。もっとも理論上大丈夫でも、なぜかアレルギーが出てしまうこともありますので注意しましょう。

どうしてアレルギーが出てしまうのか?

アレルギーとはそもそも抗原に対して抗体が過剰に反応してしまい、湿疹や拒絶反応などを示す症状を指します。その中でももっとも有名なのがアナフィラキシーショックです。一度ハチに刺された人がもう一度刺されると、体内で作られていた抗体が本人を死に至らしめるほど反応してしまうアレルギーです。

ですが、ハチ毒などはともかく、どうして食べられるものであるはずの物質に対してアレルギーが示すのでしょうか?諸説ありますが、その中でも有力なのは食物に蓄積された化学物質による人体の脆弱化、あるいは過敏化だと考えられています。1~2世代前の人々にはアレルギーはほとんどありませんでした。しかし、産業の発展によって食べ物の中に化学物質が蓄積していき、それらを食べることで徐々に人体にも溜まっていったとされています。そしてその世代の方々が生んだ子どもたちが、アレルギーを発症しているのです。説によっては、遺伝子を傷つけているとまで言われています。

もっとも、成長と共にアレルギーが消えることもままありますので、必要以上に気にすることはありません。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。