DHAは魚の部位によって量が異なります | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

DHAは魚の部位によって量が異なります

カテゴリー:

マグロにアジにサンマ・・・DHAは多くのに含まれており、その含有量もそれぞれ異なります。しかし、部位によっても量が違ってくることをご存知でしたか?どんな部位DHAが多いのか見ていきましょう。

DHAは魚のどの部位に多いのか?

DHAは基本的に脂身の多い部位に含まれています。トロなど脂ののったところにDHAは多いのです。マグロを食べるときには、中トロや大トロを食べると効率よく摂取できると言うわけです。もっとも、マグロのような大きな魚はともかく、アジやサンマなどご家庭で食べる魚は一匹ずつ食べますのでさほど気にすることはありません。

また意外な部位にDHAは多く含まれています。それが目玉の部位です。「眼窩(がんか)」と呼ばれる目玉のプルプルした部分にDHAはたくさん入っています。その量はトロよりも多く、他のどの部位よりも豊富です。ゲテモノ食いのように感じられるかもしれませんが、味はかなり美味しいです。他にも脳などの部位も美味しくて栄養も豊富です。

様々なマグロの料理

刺身

もっともポピュラーなマグロの食べ方です。赤身や中トロ、大トロなど部位によってかなり味が変わるのがマグロの持ち味ですので、それらの違いを味わいやすくなります。

生の状態だけでなく、表面をさっと炙ると脂が際立って美味しくなります。

ヅケ

調味料を加えた醤油にマグロの身を漬けた料理です。味が濃いので、基本寿司で出されます。普通の赤身と違って、身の奥底まで醤油が染み込んでおり芳醇な味わいが楽しめます。

カマ焼き

マグロの身を皮ごと焼き物にしたものです。ジューシーな汁が滴り、肉を食べているかのような重厚な風味が漂います。カマ焼きだけでも十分美味しいですが、ご飯と食べると甘みと合わさってお互いを引き立て合います。

かぶと焼

マグロの頭を丸ごと焼いた豪勢な料理です。かなり値段が高く、大きなお祝いごとがあったときに作られます。普段食べられない頭の柔らかい身や眼窩、脳といった希少部位を丸ごと味わえます。頭の周りの肉は、口の中に入れると噛む前になくなってしまうほど柔らかいのにマグロの味が強く残ります。なかなか食べる機会に巡り合えない貴重な料理ですので、見かけた際にはぜ日食べてみると良いでしょう。

旬の時期に食べるのが栄養豊富

食べ物はその旬の時期に食べるのがもっとも美味しいと言われていますが、含まれる栄養素の量も多くなります。主に生活している水中に含まれる栄養量が高い時期や産卵を控えて栄養をため込んでいる時期が旬になります。

丸ごと食べられるアジの旬は春ごろ、サンマの旬は秋とされています。マグロについてですが、遠洋漁業や空輸によって様々な海域から揚げられていますので、一概には言えません。もっとも日本近海でとれるマグロでは、春から夏にかけてが旬にあたるとされています。

DHAを魚類から効率的に食べるには

アジやサンマなどの小さな魚は、ご家庭で調理することができます。焼き魚や煮つけ、あるいは酢の物などにするのが良いでしょう。マグロはかなり大きいので、基本的に外食でなければ食べることができません。せっかくなので、刺身や寿司など専門家ならでの料理を味わうのがおすすめです。ご自宅で食べたいときは鮮魚店で調理済みのものを買いましょう。ご飯に味噌汁をつけるだけで一食仕上げることができます。

しかし、魚ばかりですと飽きてしまいますので、たまにはサプリメントなどの健康補助食品からDHAを補って別の食べ物をとる方が健康的です。いくら栄養が優れていても、似たようなものばかりだとバランスが崩れてしまいます。基本は魚を中心に色々な食べ物を食べて、不足している栄養素はサプリメントから補給していきましょう。

関連記事はこちら


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。