妊婦の方に必要なDHA豊富な食品 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

妊婦の方に必要なDHA豊富な食品

カテゴリー:

DHAは学習能力を高める効果から、お子様に食べてほしい栄養素として知られています。しかし、実は妊婦の方もDHAの多い食品を食べておくことで、お子様の学習能力の向上に資すると言われています。その理由について見ていきましょう。

そもそもDHAとは

DHAとは正式にはDocosahexaenoic Acid(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸であり、青魚などの魚類に多く含まれています。学習能力を高める効果からお子様に必要な栄養素だと言われています。

 どうしてDHAは学習能力を高めるのか

DHAは脳を始めとする神経系組織や神経細胞に多く存在しています。DHAを摂取することで、神経細胞の活動がスムーズになり、学習能力や記憶力といった脳機能が向上すると言われています。

また脳の重要組織である「海馬」に直接作用する希少な成分だからとも言われています。本来経口摂取した栄養素は脳内に届くことはありませんが、DHAは学習能力などを司る海馬まで届き、健全な活動をサポートするとされています。

魚をたくさん食べた子どもの方が知能指数が高いというデータは多く存在しており、その根拠がDHAにあると言われていることから、お子様の頭を良くするにはDHAや魚を習慣的に食べさせるのがいいようです。

 妊婦の方にもDHAは必要なのか?

しかし、最近では妊婦の方がDHAを摂取すると、お子様の成長に役立つという話も聞くようになりました。母親が魚を食べても、子の成長に関係してくるのでしょうか?

妊娠期には、母親の食生活が胎児の成長に大きく関わってきます。妊娠期や授乳期には、お酒を飲むことはよくないとはよく耳にしますよね。そのように、妊婦の方が摂取する栄養素は胎児を作る重要な要素となるのです。

DHAも同様であり、神経系組織の要となるDHAは胎児の脳や神経を組成します。特に妊娠してから20週ごろから必要な量が増加していきますので、その時期に多めに摂取しておくのが望ましいです。

またDHAをしっかりとっておくと、早産流産のリスクも軽減するという話もあります。学習能力以外でも、DHAをとっておくことが重要なようです。

どれくらいDHAを摂取すればいいのか?

通常のDHAの目安摂取量は1~1.5gとされていますが、妊婦の方の場合は1.8g程度必要です。本マグロのトロやまいわしなどDHA豊富な魚類を食べていれば、一食の半分程度でとることができます。もっとも、妊娠中は食欲が減退していることも多いので、サプリメントなど使いやすいものを併用するのもいいでしょう。

参照:『DHAの多い魚類とその上手な食べ方』

 

ただし食べすぎに注意!

DHAは神経系組織を健全に成長させる働きがあります。しかし、その他にも血液をサラサラにするという効果もあるのです。

本来であれば、動脈硬化の防止や毛細血管へ血液をめぐらせやすくするなどのプラスの働きが期待できるのですが、妊婦の方にはリスクになりかねません。何故なら、出血時に血が止まりづらくなる危険性があるからです。特に出産時には緊急時の切開や予期せぬ出血などあらゆる可能性があります。できれば、出産予定日の1週間前はDHAの摂取を控えるのがいいでしょう。

授乳期にも摂ってほしいDHA

出産が終わって子どもも生まれて一安心。と思いがちですが、乳児を母乳で育てる場合には母親の食事もお子様にとって身体を作る重要な栄養源となります。DHAが母乳にもいい影響を与えるかは不明ですが、バランスの良い食事が乳児にも良い栄養を与えると言われています。DHAを含む魚類は健康には必須ですので、お子様にも母親にも望ましいでしょう。

関連記事:『DHAとEPAの持つそれぞれの効果』


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。