消化酵素を育てる方法(食事編) | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

消化酵素を育てる方法(食事編)

カテゴリー:

私たちの体には、酵素と呼ばれる分子が存在します。この酵素には消化酵素、代謝酵素、食物酵素などの種類があり、それぞれが異なる役割を担っています。消化酵素食事として体内に入った食べ物を分解し、栄養素の吸収を助けます。そして、代謝酵素はエナジー代謝とデトックスに働きます。今回は、この食べ物の分解に欠かせない、消化酵素を体内で増加させ、消化酵素育てる方法をご紹介します。

生鮮食品から生きた酵素を摂取しよう

消化酵素

消化酵素がきちんと機能することで、胸焼けや胃酸の逆流、腸の不調、下痢などが軽減されます。もしあなたの体内バランスが整っている場合、体内で酵素が生成される為サプリメント等で酵素を補給する必要が無いと言えます。しかし、これに当てはまらない人、特に消化不良を感じている人は酵素サプリメントの力を借りることで、食べた食品の栄養素をより効果的に吸収することが可能になります。サプリメントの力を借りる前にまずは、生活習慣や日々の食事を整え体内で自然に消化酵素の生成が増えるように取り組むことをが推奨されています。

キーポイントは47度以下

消化酵素を体内に効果的に取り入れる為には、酵素が一番多い状態の生鮮食品(生の食品)を摂取しましょう。47度以上の温度が加わることで、生の野菜やフルーツに存在する酵素が減少してしまうということです。しかし、生鮮食品をたくさん摂取してもその多くは胃酸にすぐに分解されてしまいます、ゆえに生鮮食品を摂取することで得られる酵素については栄養学上で様々な物議を醸しています。それでもやはり、生鮮食品(特にフルーツや野菜など)を多く摂取することで、それらの食品が含む大量の食物繊維や抗酸化成分、そして植物栄養素により体内が洗浄され、消化機能の向上が期待できます。腸内を健康に保つことで、適量、適した種類の消化酵素が腸内で生成されます。

体内で酵素を育てよう

通常の食事にプラスで、消化酵素を多く含む食材を取り入れてみましょう。植物や豆類のスプラウトや、水に浸したナッツ類、パパイヤ、パイナップル、マンゴー、そしてキウイフルーツなどに、消化酵素は豊富に含まれています。また、アボカド、ローハニー(生蜂蜜)、ココナッツオイル、生の乳製品なども消化酵素を含む優れた食品です。

よく噛む

酵素の生成は、口にした食品が唾液に接した時に口内で始まります。口内でよく噛むことにより、体が消化酵素を生成するために十分な時間ができ、効率的に口にした食品を小さな破片へと分解できます。このように口内で噛み砕かれた食品は表面積が増える為、その後に待っている酵素が合理的に食品を分解することを可能にします。

まとめ

酵素研究に大きな功績を残したエドワード・ハウウェル博士の理論では、人間の酵素の生産量は生まれた時から決まっているので、酵素をいかに保存するかが長生きへのキーポイントとも言われています。健康維持や、病気予防のためにも体内の酵素を効率良く生かすことが大切です。酵素を体内で効果的に機能させるための、食事に関するポイントは、まず47度以下の生鮮食品を摂取することです。これ以上の熱が加わると、酵素が死んでしまうそうです。また、酵素を多く含む食品を食事に取り入れるよく噛むことでも消化酵素の生成を促進できるということです。

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。