4つの病気、ポリフェノールの予防効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

4つの病気、ポリフェノールの予防効果

カテゴリー:

8000種以上の認知されているポリフェノールの種類に対する研究が現在も進められています。そして、すでに明らかになっている研究結果からも、この基礎栄養素が私たちの健康全体にどのような効果をもたらすのかがわかります。 ポリフェノールには抗酸化効果・抗炎症効果をはじめ、糖尿病予防脳の活性化目の健康をサポートするなど様々な病気効果的があることが研究で明らかになっています。

ポリフェノールで病気の予防

2型糖尿病

アメリカでは2型糖尿病にの患者数は2,900万人に達しています。いくつかの動物実験や人体実験で、ポリフェノールには血糖値や脂肪の代謝をコントロールし、インスリン耐性を軽減体内で生じている炎症を改善させる働きがあることが明らかになっています。この効果により慢性的な糖尿病、循環器疾患、神経障害、網膜症などの改善が期待できるそうです。

しかし、ポリフェノールの健康効果が絶対的な糖尿病に対する治療薬ではないということを認識しましょう。そして糖尿病の改善には、非繊維の食物繊維の1日の摂取量を50gいかに抑え、それと共に良質な脂質を摂取することがポイントです。

循環器疾患

女性と男性共にアメリカでの死者の4人に1人は循環器疾患や心臓病が原因ということです。研究結果によると、ポリフェノールが循環器疾患に対する予防や治癒に効果があるとしています。フラボノイド・ポリフェノールは血中の血小板が固まり血栓となることを防ぎ動脈と静脈に存在する細胞の機能を向上させます。この血小板による血栓は、心臓発作や狭心症の一番の原因になるとされています。

またポリフェノールは抗酸化物質としても大切な役割を持っています。スカベンジャーとしてフリーラジカルと戦い体内での炎症を抑えます。また循環器系疾患の成長を左右する重要な成分でもあります。ポリフェノールは、動脈内のアテローム性動脈硬化プラークの合併を引き起こすとされる血管内皮増殖の要因を阻止し、心血管疾患を予防します。

アルツハイマー病

約540万人のアメリカ人が痴呆病の悪化症状である、アルツハイマー病患者であるとされています。そして最近のデータでは毎年50万人以上のアメリカ人がアルツハイマー病により死に至っているという計算があります。そして、この死亡者数は死亡の原因とされる病気のうち、心臓病とガンに続き第3位にはいります。研究者は、ポリフェノールには痴呆症の進行を遅らせる効果があるために、アルツハイマー病の発症を減少させるとみています。

例えば、ぶどうの皮や、種に存在し、赤ワインにも含まれるレスベラトロールは神経細胞を保護する役割があることが明らかになっています。また他の研究では、日々に食事にポリフェノールを含むことにより、脳神経機能において痴呆症を発症させる原因2つに変化をもたらすことで、痴呆症の進行の減少が確認されています。

骨粗鬆症

骨粗鬆症は骨の内部の密度が減少する病気で、骨折などの原因になる場合があります。ポリフェノールは抗酸化成分により、骨の代謝と骨粗鬆症の発症リスクを下げる健康効果があるとされています。

まとめ

ポリフェノールに関する研究は今現在も進行中であり、今度どのようなポリフェノールの効果が明らかになっていくか期待がされています。現在すでに明らかになっている健康効果でも、ポリフェノールが予防や治療に効果をもたらす病気は多くあります。今回は、2型糖尿病、循環器疾患、アルツハイマー病、骨粗鬆症にポリフェノールがどのように作用するかについてご紹介しました。

 

この文は抄訳です。訳:松本マリ

Polyphenols – What They Are, and Why You Need Them


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。