ドラゴンフルーツとは? 栄養や食べ方を知ろう | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ドラゴンフルーツとは? 栄養や食べ方を知ろう

カテゴリー:

ドラゴンフルーツ

 

近年、スーパーなどでも見かけるようになってきたドラゴンフルーツ。見慣れないフルーツとあって、どんなフルーツかよく知らないという方もいるのではないでしょうか? そこで今回は、ドラゴンフルーツの味や特徴、栄養成分食べ方までを詳しく解説していきます。

 

ドラゴンフルーツの特徴

 

ドラゴンフルーツとは、メキシコや中南米の熱帯雨林が原産で、サボテン科に属する果物です。緑のトゲのような皮が竜の鱗のように見えることから、ドラゴンフルーツと名付けられていますが、別名を「ピタヤ」とも言います。

 

栄養豊富な果物で、最近では沖縄や九州地方など、日本の一部の地域でも栽培されています。旬は6〜11月頃で、暑い時期に最も美味しく食べることができます。

 

ドラゴンフルーツは、珍しい独特の形をしており、果肉はゼリー状で小さな黒い種がたくさん入っています。品種によってはやや酸味もあり、甘みが少なく、味はさっぱりとした印象があります。しかし、この「さっぱり」には実は理由があります。

 

海外の果物は、日持ちさせるために果肉が未熟の段階で収穫され、鮮度が落ちる前に日本に輸出されています。ドラゴンフルーツはバナナやマンゴーと違い追熟しないフルーツなので、日本で食べるものは完熟していないものということになります。

 

※追熟とは?

追熟とは、果実を収穫した後一定期間置くことで甘さが増したり柔らかくなったりする反応が進むことです。収穫せず完熟させようとすると実が落ちてしまう可能性もあるため、追熟反応が起こる果物によっては、収穫後に熟させることがあります。

 

ドラゴンフルーツ

 

どんな栄養素が含まれるの?

 

◎ビタミンやミネラル

 

ドラゴンフルーツはとても栄養豊富で、「カリウム」や「鉄」「マグネシウム」などのミネラルや、疲労回復、免疫機能の維持や、コレステロールや血糖値を下げる効果がある「ビタミンB群」も多く含まれています。

水溶性ビタミンである「ナイアシン」も豊富で、体内の酵素の働きの補助や、肌や粘膜の健康の維持に役立っています。

 

◎食物繊維

 

ドラゴンフルーツは100gあたり50kcalと低カロリー。しかも、バナナの約50倍もの「食物繊維」を含んでいます。腸内環境を改善し、余分な糖分や脂肪分を吸着して排出させる働きもあるので、ダイエットにも効果的です。

 

◎ポリフェノール

 

品種にもよりますが、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」や「ベタシアニン」を多く含むものもあります。

これらの成分は強い抗酸化作用をもち、体内の老化防止やコラーゲンの合成を促進し、美肌に働きかける効果も期待できます。

 

ドラゴンフルーツ

 

ドラゴンフルーツを美味しく食べるポイント

 

食べごろは?

 

ドラゴンフルーツは、比較的暑い時期に美味しく食べられますが、追熟しないため新鮮なうちに食べることをおすすめします。

美味しくて食べごろのドラゴンフルーツは、実が大きくてずっしりしていて、果皮に張りがあり、緑の突起状の皮の幅が広く短いものです。

 

赤と白の違いはあるの?

 

果肉の色が赤や白、黄色やピンクなど、品種改良によって20種類ほどの品種が存在しています。その中でも最も多いのは、果肉が赤い「レッドピタヤ」と果肉が白い「ホワイトピタヤ」の2種類です。

 

  • ホワイトピタヤ……日本で多く流通しているのがホワイトピタヤで、ほのかな甘みと酸味であっさりしています。
  • レッドピタヤ……栄養的にはそれほどの違いはありません。ただ、ホワイトピタヤに比べると甘く、果肉の赤色はポリフェノールであり、アントシアニンやベタシアニンが多い特徴があります。

 

保存方法

 

実の乾燥を防ぐために、ビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存します。追熟せず、鮮度が落ちてしまう一方なので、なるべく早めに食べきるようにしましょう。

 

切り方・食べ方

 

まず、両端のヘタを切り落とし、半分に切ります。それをさらに半分または三等分に切ります。皮の端を持ち、めくるようにすると身と皮が綺麗に剥がれます。

そのまま切り分けて食べても美味しいですが、サラダやスムージーに入れるのもオススメです。

 

ドラゴンフルーツ

 

 まとめ

 

不思議な形をしたドラゴンフルーツ、スーパーに置いてあればその形からすぐに見つけられるでしょう。鮮やかな色合いと、つぶつぶのタネが癖になります。

ビタミンやミネラルだけでなく、アンチエイジングに適したポリフェノールも含み、栄養豊富でヘルシーなフルーツですので、ダイエットや美容に役立ててみてはいかがですか?

 

 

【記事監修】栄養士・ローフードマイスター:吉田 佳央里

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る