酵素値が高いとはどのような状態?肝酵素上昇について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

酵素値が高いとはどのような状態?肝酵素上昇について

カテゴリー:

体内では様々な酵素が働いています。もしお医者様に酵素値高いと言われてしまった場合、肝酵素上昇が起きているかもしれません。肝酵素上昇とは、どのような状態でしょう?肝臓内で酵素の値が上昇している場合、肝臓の細胞に欠陥や炎症が生じている可能性があります。肝臓に炎症が起きると、血中に通常よりも大量の酵素が細胞から漏れ出します。これによって、血液検査で肝臓の欠陥が見つかるわけです。いくつかの病気は、酵素の値が上昇することによって生じます。

肝酵素上昇とは?

肝臓の酵素のタイプ

2つの種類の酵素が肝臓で主に働いています:アラニンアミノ基転移酵素(ALT)アスパラギン酸アミノ基転移酵素(AST)です。ALTはタンパク質の代謝をいち早く助け、血中の数値は通常低いのが特徴です。肝臓内に損傷が生じると数値が上昇し、血中に流れ込みます。ASTは、アミノ酸であるアラニン酸の代謝を助ける酵素です。ASTの濃度は通常高濃度で見つかるが、ASTの値が上昇する場合もまた肝疾患や肝臓の損傷と関連しています。

酵素チェック

肝臓内の酵素をチェックする場合、肝機能の検査が行われます。MayoClinic.comによると、通常の場合酵素の値は軽度で急激に上昇しないということです。このような肝酵素上昇は、ほとんどの場合深刻で慢性的な問題が起きていても変化やサインがありません。健康な成人男性の酵素レベルは、ALTが1リットルにつき7~55ユニット、ASTが1リットルにつき8~48ユニットとされています。この値は、女性や子供の場合また異なります。

肝酵素上昇の主な原因

肝酵素上昇の一番多い原因は、薬品によるものです。コレステロールをコントロールするために使用されるスタチン系薬剤や、アセトアミノフェンを含む処方される鎮痛薬などが代表的です。その他の一般的な原因は、肝炎A、肝炎B、肝炎Cや、肥満などです。

まとめ

肝臓の健康が気になる場合は、医師に相談し必要な肝機能のチェックを行うことをおススメします。そして、もし肝酵素が通常よりも高い数値である場合、何が原因で肝臓が損傷したのか調べる必要があります。このような、肝機能障害はわかりやすい症状などがないために、検査によって数値を調べることが重要です。肝臓に負担をかけていて、健康が気なる方は一度医師に相談すると良いかもしれません。

 

この文は抄訳です。訳:松本マリ

What Does High Enzymes Mean?

by LINDSAY TADLOCK


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。