消化酵素と食物繊維の関係 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

消化酵素と食物繊維の関係

カテゴリー:

もし食後にお腹が張っている、お腹がなる、胃がムカムカするなどの症状がある場合、もしかしたらそれは消化酵素不足のせいかもしれません。食物繊維は消化に大きく関係しており、食物繊維の過剰摂取はお腹の不快感を生じる原因にもなります。豆類や特定の野菜など食物繊維の豊富な食品が、この様な症状を引き起こすとして知られています。また、消化酵素サプリメントの摂取でも、食物繊維を食事として過剰に摂取した時と似た様な症状を引き起こすとされています。

消化酵素の役目

消化酵素栄養素の吸収を助けるために、食品を小さな粒子へと分解します。消化酵素は私たちの、口内、胃の中、小腸の中に存在します。アミラーゼと呼ばれる酵素はでんぷん質を糖質に変え、プロテアーゼと呼ばれる酵素はタンパク質由来のアミノ酸を生成し、リパーゼは脂質を分解しそれらは小腸で吸収されます。食物繊維は消化されない分子によって成り立つため、酵素に分解されずに消化管を通り抜けます。

食物繊維が引き起こす消化障害

食物繊維には、可溶性と不溶性の2種類が存在します。ほとんどの食物繊維が豊富な食材は、両方の種類の食物繊維を持っています。可溶性の食物繊維は、消化管に存在する水分やジェル状の物質によって分解されます。一方で、不溶性の食物繊維は水によって解けない性質により、体内の食べ物を掃きだす働きを担っています。可溶性の食物繊維は、腸内細菌によって発酵するため、お腹にガスがたまる、お腹が張るなどの症状を引き起こしやすいと言われています。しかし、豆類やレンティルなどの食品は、不溶性食物繊維由来のオリゴ糖を含んでいます。ラフィノースなどのオリゴ糖もまた、腸内細菌によって発酵するためお腹の中のガスなどを引き起こします。

食物繊維に働く消化酵素

菜食主義者(ベジタリアン)やビーガンの食事スタイルを取り入れている人は、豆類や野菜の多い食事により、しばし胃腸に問題が生じることがあるそうです。これらの食物繊維の豊富な食品は、健康に良いものの、消化器官にとっては消化が難しいという問題があります。栄養士のタマラ・ダッカー氏いわく、消化酵素サプリメントには消化の際に問題を起こす食物繊維を分解する、αガラクトシダーゼと呼ばれる酵素が含まれています。食事とともに、この様な消化酵素サプリメントを摂取することは、お腹にガスが溜まるなどの消化における問題の解消に効果的だそうです。

セルロースを分解する

セルロースは、ブロコッリーなどいくつかの種類の野菜に含まれる食物繊維です。消化管で消化されずに、大腸で小さな分子に分解され、微生物の活動により発酵します。そしてこの発酵過程で、お腹が張るなどの症状を引き起こす食物繊維と類似した液体を腸内に貯めます。私たち人間の体はこれらの食品を消化する酵素を持っていないため、セルロースを消化する酵素を含むサプリメントの摂取により、消化不良によって生じる症状を改善できるとされています。

まとめ

食物繊維が豊富=健康に良い!と思われがちですが、食物繊維を過剰に摂取することでお腹の調子が悪くなることがあるそうです。食物繊維には可溶性、不溶性と2種類あり、食物繊維を含むほとんどの食材には両方の食物繊維が含まれているそうです。食物繊維が腸内で、腸内細菌によって発行することでガスが生じ、お腹が張るなどの症状を引き起こします。その解決策として、αガラクトシダーゼなどの消化酵素を含むサプリメントの摂取があります。体内で消化しきれない食物繊維を分解する成分を、サプリメントとして補うことで、お腹の健康が期待できます。

Digestive Enzymes & Fiber

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。