酵素の効果、体内での働き①酵素とは何か | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

酵素の効果、体内での働き①酵素とは何か

カテゴリー:

消化酵素は名前の通り、体内の消化器官が最適に働き、栄養素を吸収するために重要な成分です、しかし、この消化酵素働き効果はそれだけれはありません。酵素は細胞の働きそして生物学的プロセスのためになくてはならない成分なのです。今回は、この酵素をより身近にするために、酵素がどのように体内で働くのが深く知っていただきたいと思います。

酵素が体内で働く仕組み

酵素」はアミノ酸で構成されたタンパク質であり、通常の体内温度では生じない機能を触媒するために体内で分泌される成分で、この働きが健康と長生きの秘訣になるとされています。科学的には3,000種以上の酵素が確認されていますが、これはまだ序の口で、まだまだ確認されていない酵素があるとされています。50,000〜70,000種類の酵素が体の中には存在するという予想もあります。全ての臓器はそれぞれ機能が異なる、その臓器のための酵素が存在します。本質的には、この酵素が鍵のような役割を持ち、鍵のかかった箱をあけるような仕組みです。そしてこの箱は、生物学的反応となります。

消化機能だけでない、酵素の働き

何年もの間、研究者は酵素が様々な面で働くことを研究してきました。消化、栄養素の吸収を助けることで、耐久性を向上させるなどです。また、ある研究者によると、酵素をは歳をとると共に減少していくため、老化とともにいかに体内に保存するかが長生きにおいて重要な点であるそうです。例えば、69歳の成人と比べ若い成人の唾液中のアミラーゼは約30倍の多く、77歳の成人にくらべ27歳の成人はリパーゼの量が約2倍だそうです。慢性的な病気にかかっている人も、通常に比べ体内の酵素の量が少ないそうです。

食べ物×アンチエイジング

最近行われた動物実験では、「ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)」と呼ばれる、ブロッコリーやきゅうり、キャベツなどに含まれ、エナジー代謝に働く酵素が、老化細胞の再生を助けることが明らかになりました。この酵素は、老化細胞を年の若い時の状態のようにさせ、老化に伴う遺伝子的変化を予防します。結果として、ニコチンアミドモノヌクレオチドを与えられたネズミは、同様の酵素を与えられていないネズミと比べ体重の増加が少なく(エナジー代謝が増加したため)、視力に改善が見られました。そして、酵素を最適な状態に保つことは実はとても簡単で、たくさんの新鮮、生もしくは発酵させられた食材を食べることで健康効果を得られるそうです。特に、新芽などスプラウト系の野菜には生きた酵素が豊富に含まれています。

ファスティング(断食)の効果

断食もまた、酵素を維持するために効果的であるとされています。何も食べない時、体内では消化酵素が生成されません。そのことにより、体内では代わりに代謝酵素が作られ、増殖します。

まとめ

体の臓器の働きを助ける酵素は、それぞれの臓器に存在しその臓器の機能を助けます。消化器官に存在する酵素は、消化酵素と呼ばれ、消化器官の働きをサポートします。しかし酵素の働きはそれだけでなく、食べ物を分解し栄養素の吸収を助けることで、アンチエイジング効果も期待できるそうです。次回は、この酵素の種類、どのような人が酵素を摂取すべきかについてご紹介します。

 

この文は抄訳です。訳:松本マリ

The Importance of Enzymes for Health, Longevity and Chronic Disease Prevention


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。