酵素の効果、体内での働き③酵素とコエンザイム | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

酵素の効果、体内での働き③酵素とコエンザイム

カテゴリー:

酵素と同様に重要なのが、酵素と共に体内で働く物質です。酵素はその効果を果たすために、ビタミンやミネラルなど他の物質をなくしては達成できません。このような物質をコエンザイム(補酵素)と呼びます。最もよく知られているコエンザイムコエンザイム Q10(CoQ10)で、主要エネルギー源であるATPに働く細胞内のミトコンドリアの中に存在します。また、マグネシウムもコエンザイムの例で、マグネシウムは300種以上の酵素働きを補佐します。

酵素とコエンザイム(補酵素)の健康効果

酵素は生物化学反応を引き起こすための触媒であります。言い換えると、酵素は化学反応を急速に進める助けをし、驚くことに時には1秒に数百もの化学反応が生じています。このように、酵素のおかげでこのような生物化学反応に必要なエネルギーの消費を抑えられます。また、中には酵素なしでは変化が全く生じないものもあります。以下のリストは、科学変化の際に酵素を必要とするものです。

  • エネルギー生産
  • 酸素の吸収
  • 感染症と戦う、傷の治癒
  • 炎症を抑制
  • RNA/DNAを機能化
  • 細胞に栄養素を取り込む
  • 毒素を排出
  • 血栓を解消
  • 炭水化物、タンパク質、脂質を分解
  • コレステロール値、トリグリセリドレベルを正常化
  • ホルモンバランスを整える
  • 神経インパルスを正常化
  • 老化を予防

加齢が酵素にもたらす変化

加齢と酵素に関する研究によると、体内で生成される酵素は20代から減少していくそうです。

研究では、毎10年で体内で酵素を生成する能力は13%ずつ減少していきます。ゆえに、40歳になる頃には子どもが生成する酵素よりも25%低い量しか生成されません。そして、70歳になる頃には必要とされている酵素量全体の、たった1/3しか生成されないそうです。

この酵素を体内で生成する働きは、早くて20代後半から生産力が低下していきます。そして、生きた酵素は生鮮食品にしか含まれていないため、日々の食事の中心が加工食品である場合この生産能力の低下は著しいものになります。また、この他にも食生活によって酵素のバランスの乱れていたり、酵素不足である場合、免疫機能などの病気に大きく関わる事があります。アニース・ブロックリー氏とクリスティン・アーディアル氏による著書「自己免疫」に、消化酵素不足と自己免疫不全の関わりについて記してあります。まだ議論の途中ではあるものの、消化酵素と自己免疫不全の関係性は 意味のなすものであり、これを理解することにより何故食生活が重要であるかを知る手がかりとなります。

まとめ

酵素がいかに重要かは、以前の記事でもご紹介しましたが、酵素には酵素と共に働くコエンザイムという成分が不可欠になります。酵素は、体内で生じる化学反応を急速化させる他、酵素が無いと生じない化学反応もあるということです。また、加齢と共に生の食品や発酵食品をあまり摂取せず、酵素不足になっている場合免疫不全にも影響があるということです。

 

この文は抄訳です。訳:松本マリ

The Importance of Enzymes for Health, Longevity and Chronic Disease Prevention


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。