イチジクには女性に嬉しい栄養成分がいっぱい | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

イチジクには女性に嬉しい栄養成分がいっぱい

カテゴリー:

イチジク

 

独特な見た目と味の「イチジク」。女性を中心に人気が高く、最近ではケーキやスイーツによく使われていますね。今回はそのイチジクの栄養成分やオススメのレシピまで、イチジクの魅力を紹介していきます。

 

イチジクの特徴

 

漢字で「無花果」と書くため、花のない果物と勘違いされる方もいるかもしれませんが、花はあります。外側からはわかりませんが、切り口を見るとわかる果実の中の赤いつぶつぶが、実は花なのです。

 

イチジクはアラビア半島原産で、8〜10月に旬を迎えます。日本では愛知、和歌山、兵庫などで栽培されています。イチジクの品種はとても多く、現在は100種類ほど存在していますが、中でも「桝井ドーフィン」という品種が、市場に出回るイチジクの約8割を占めています。

 

イチジク

 

イチジクに含まれる栄養成分と効果

 

イチジクは、糖分が100g中12.4gと果物の中で糖度は低く、酸味もなくあっさりとしています。「カリウム」や、水溶性食物繊維の「ペクチン」のほか、果物の中では珍しく「カルシウム」や「鉄」などといったミネラルも豊富です。

 

◎カリウム

 

余分なナトリウムを排出してくれるので、血圧の降下や、むくみの改善に効果的です。

 

◎フィシンやペクチン

 

イチジクに含まれるフィシン(蛋白質分解酵素)は、消化を助ける作用があります。またペクチンは、コレステロールの上昇を抑えたり、腸内の善玉菌を増殖させて、腸の調子を整えたりする作用があり、便秘の改善につながります。

 

◎アントシアニンやザクロエラグ酸

 

抗酸化力が強いアントシアニン(ポリフェノール)や、メラニンの生成を抑えるザクロエラグ酸が含まれ、アンチエイジング効果が期待できます。

 

◎植物性エストロゲン

 

女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をした「植物性エストロゲン」が多く含まれており、ホルモンバランスを整えたり、生理痛や更年期障害を和らげる効果が期待できます。

 

これらの栄養成分からみても、イチジクはまさに「女性の味方」と言える果物ですね。

 

イチジクの食べごろや保存方法

 

美味しいイチジクの見分け方は、ぽってりとした丸みで、全体がしっかりと色づき、傷や痛みのないもの。また表面にハリと弾力があり、おしりの部分が開いて中の赤い花が見えてきたら食べごろです。

 

イチジクは日持ちしないので早めに食べた方が良いですが、保存する際は、ビニール袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存すると乾燥を防げます。

 

食べ頃のイチジク

 

イチジクの美味しいレシピ

 

◎アボカドチョコプディング

 

ビターなチョコとイチジクの甘みがよく合います。

 

【材料】(2人分)

 

  • アボカド……2個
  • ココアパウダー(ピュアココア)……大さじ1
  • メープルシロップ……大さじ2
  • イチジク……1〜2個

 

【作り方】

 

  1. ①   イチジクはヘタを取り除き、皮を剥いて6等分の櫛形に切る。
  2. ②   アボカドとココアパウダーとメープルシロップをミキサーで混ぜ合わせる。
  3. ③   ②を器に盛ってイチジクを乗せれば完成

 

イチジク

 

◎イチジクのコンポート

 

大人味のコンポートはアイスやヨーグルトのトッピングなどにもおすすめ。

 

【材料】(3〜4人分)

 

  • イチジク……4個
  • グラニュー糖……100g
  • 赤ワイン……200cc
  • レモン汁……小さじ2

 

【作り方】

 

  1. ①   イチジクのヘタの部分を切り落とす
  2. ②   鍋に①を並べ、赤ワインとグラニュー糖を入れ中火で5分煮詰める。
  3. ③   さらに20分ほど煮詰め柔らかくなったらレモン汁を加える。
  4. ④   均等になじませ冷めたら出来上がり。

 

ドライフルーツも人気

 

イチジクはドライフルーツも人気ですね。トルコ原産の「スミルナ」という白イチジクは、ドライフルーツ向きの品種として有名です。ドライイチジクは、パンやケーキ、マフィン、ビスケットなどスイーツの材料を中心に使い道がたくさんあり、塩気とも合うので、サラダに入れても美味しく食べることができます。

 

文部科学省の食品成分データベースによると、イチジクのドライフルーツは、生のイチジクに比べて食物繊維が約10倍も多く、また、その他の栄養素もぎゅっと凝縮されています。間食にもおすすめですが、カロリーや糖質も多いので食べ過ぎには注意しましょう。

 

乾燥イチジク

 

まとめ

 

美容効果がたっぷりで、女性にぜひ食べて欲しいフルーツの一つであるイチジク。イチジクは、年間を通して楽しめる果物で、旬の時期には生を、その他の時期はドライフルーツを食べながら美味しく栄養補給してみませんか?

 

【執筆】栄養士・ローフードマイスター

吉田 佳央里

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る