ヒアリが危険? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

ヒアリが危険?

カテゴリー:

ヒアリ

 

昨今、テレビや新聞報道などで話題の「ヒアリ」 日本国内各地でも発見されたというニュースが後を絶ちません。もしもの場合に備えて今からこの危険だといわれる害虫「ヒアリ」について知っておきたいものです。

ヒアリついて

 

ヒアリは南米大陸原産のアリの一種です。「世界の侵略的外来種ワースト100」に選定されており、特定外来種(元々いる在来する生物を補食したり、生態系に害を及ぼす可能性がある生物)の指定も受けています。

 

ヒアリの特徴

 

体の大きさは2~6mmほどで、体の色は主に赤褐色。アルカロイド系の毒と強力な針を持っています。

食性は雑食性で昆虫・トカゲ等の小動物や、樹液・花の蜜・種等を好んで食べます。攻撃的な性格で、他の昆虫や爬虫類や小さな哺乳類も集団で攻撃し捕食します。気温22℃~36℃の間で捕食などの行動をし、季節によって行動する時間を決めます。水位が高くなると筏を作るなどの多様な行動を起こすことで知られています。

 

ヒアリの生息地

 

亜熱帯から暖温帯に多く生息分布し、生息地は公園や畑などの広い場所に巣を作ります。アメリカ、中国、オーストラリアなどの太平洋沿岸各国に広く移入分布しており、国内では兵庫県、愛知県、東京都、大阪府、神奈川県、埼玉県、広島県、福岡県、大分県、岡山県、静岡県に生息が確認されています。

 

働きアリと女王アリ

 

働きアリは情報を伝達させる化学物質とフェロモンの放出によって、防衛、餌取り、召集などのコミュニケーションを行います。寿命は、女王アリが1~5年程度、働きアリは1~5か月程度です。比較的暖かい季節に新しい巣が形成されて、巣は複数の女王アリからなる巣と、単独の女王の巣の二種類が存在します。巣内の働きアリが死んだ場合には、その死骸を巣の外に捨てて感染等を防ぐ独特な行動が見られます。

 

ヒアリの天敵

 

天敵にはクモやトンボ、ハエ、アルマジロ、鳥などがあります。日本に現在生息する在来のアリは個体ではヒアリに勝つことはできませんが、女王アリを集団で襲って勝つことが将来的には可能になり、天敵になり得るのではないかと言う専門家もいます。

 

ヒアリに刺された時の症状

 

刺された場合、アルカロイド系の毒の作用で激しい痛みや水泡状の腫れがみられます。毒に対するアレルギー反応によってアナフィラキシーショックを引き起こす場合があります。

 

軽度・・・痛み・かゆみ等

中度・・・蕁麻疹等

重度・・・直後から十分程度で息苦しさ・めまい・動悸等

 

進行すると意識の消失を起こすことがあり、最悪な場合アナフィラキシーを起こし、処置なく放置すると死亡する場合があります。このためヒアリは「殺人アリ」とも呼ばれています。

 

痛い痒い

ヒアリに刺されたら

  • 20分~30分ほど安静にする
  • 体調の変化に注意しておく
  • 少しでもおかしいと感じたらすぐに病院へ

重度の症状が見られるときは、救急車を要請しヒアリに刺されたことの報告、アナフィラキシーの疑いがあることを伝えましょう。

 

予防対策方法

 

健康被害を防ぐため、特に野外での作業時にはプラスチック製の手袋を着用したり、肌の露出を控えましょう。靴やズボンにベビーパウダーを振りかけることで、ヒアリが登ってくるのを防ぐことができるといいます。

アナフィラキシーの危険のある者は、前もって医師と相談のうえでエピペンというアドレナリンを所持して自分で注射するようにして予防しましょう。中度までの症状では抗アレルギー薬や抗アレルギー薬の内服薬も用意しておくことが望ましいでしょう。

ヒアリを見つけた場合は、生きた個体を素手で触らないようにし、地元の自治体に報告しましょう。

 

ヒアリ

まとめ

ヒアリはまだまだ日本では馴染みはありませんが、アメリカなどでの健康被害は数多く報告されており、死亡例も少なくありません。そして、外来種の特性として日本のアリに比べると強く、日本で定着してしまうと様々な問題が発生すると思われます。もし、ヒアリを発見したら速やかに地元の自治体に報告して、被害を最小限に食い止めるための予防をしっかりしましょう。

 

【執筆】歯科医師:霜 信孝

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る