生ブルーベリーと冷凍ブルーべリー、栄養素と効果の違い② | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

生ブルーベリーと冷凍ブルーべリー、栄養素と効果の違い②

カテゴリー:

生ブルーベリー冷凍ブルーベリーには、栄養素や健康効果においてどの様な違いがあるのでしょうか?この2つの保存状態のブルーベリー違いを比べ、自分の食生活にどのタイプはより適しているかを見極めましょう。この記事では、前回に引き続き、冷凍生ブルーベリー違いを比べていきます。

冷凍ブルーベリーvs生ブルーべリー

糖質

生のブルーベリー天然の糖質が含まれており、健康を考慮した食生活において大変重要な役割を持ちます。冷凍ブルーベリーの中には、砂糖や甘味料が添加されいるものがあり、カロリーが高くなるだけでなく栄養素の値が低下するので、注意が必要です。

1カップの生ブルーベリーは14.74gの天然の糖質を含みます。一方で、1カップの加糖されていない、冷凍ブルーベリーは13.10gの天然の糖質を含み、同量の加糖された冷凍ブルーベリーは45.36gの糖質を含みます。この様に、加糖された冷凍ブルーベリーには、大量に加えられた糖質が含まれることがわかります。

そしてカロリーに関しては、生のもの、冷凍されたもの同様に1カップあたり80カロリーを含みます。対して、加糖されたものは同量に対して186カロリーを含み、大量に添加された糖質が大幅にカロリーを上昇させることがわかります。

ビタミン

生のブルーベリー、そして冷凍のブルーベリー共に栄養素が高く、多くのビタミンを含みます。

1日に必要とされるビタミンCの値75~90mgとされており、1カップの生のブルーベリーは14.4mgのビタミンCを含みます。他にも同量のブルーベリーには、26.4μgのビタミンA、28.6mcgのビタミンKが含まれています。加えて生のブルーベリーには、ビタミンB群が含まれています。

1カップの冷凍ブルーベリーの場合、それぞれのビタミンは減少し、1カップに対しビタミンCは3.9mg、ビタミンAは23.43μg、ビタミンKは25.4mcgとなります。

ミネラル

生のブルーベリーは、冷凍のものに比べ高濃度のミネラルを含みます。

カップ1杯の生ブルーべリーには 0.41 mgの鉄、114mgのカリウム、0.24mgの亜鉛が含まれています。

そして冷凍のブルーベリーの場合、同量に対し、 0.28 mgの鉄、84mgのカリウム、0.11mgの亜鉛があります。しかし、加糖された冷凍ブルーべリーの場合、鉄は大幅に低下し0.90mg、カリウムは生のブルーベリーよりも多く138mgを含みます。

まとめ

一概に生ブルーベリー、冷凍ブルーベリーどちらの方が良いかと決めるのは、それぞれ異なる長所があるため難しいです。生ブルーベリーは冷凍のものに比べ、より多くのミネラル、そして若干多くビタミンを含みます。また冷凍ブルーベリーは加糖されている場合が、ありその様な時に注意が必要です。加糖されたブルーベリーは、カロリーが高くなるだけでなく、栄養素も低下してしまうということです。この様な栄養素の違いを理解し、目的に応じて、様々なブルーベリーを使い分けるための参考にしてみましょう。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る