アリウム属の野菜の種類:玉ねぎ、にんにく、エシャロット、リーキ、チャイブ | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

アリウム属の野菜の種類:玉ねぎ、にんにく、エシャロット、リーキ、チャイブ

カテゴリー:

わけぎ

アリウム属野菜には、にんにく玉ねぎ、エシャロット、リーキ、チャイブなどがあります。アリウム属の野菜は何千年も昔から料理用に、または治療用に栽培されてきました。他の食物と違うのは、アリウム属の野菜には健康効果の高い有機硫黄化合物が豊富に含まれている点です。これらの化合物は野菜の特徴的な風味や香りに影響しています。

アリウム属の野菜

 

玉ねぎ(Allium cepa)

 

玉ねぎは、近東や中央アジア原産で、何千年もの間、栽培されてきました。玉ねぎは料理に使用する為だけでなく、防腐剤としての使用の為に栽培されていました。エジプトでは、玉ねぎをミイラにするときに使用していました。玉ねぎには、生のものと、乾燥したものがあります。普段わたしたちが食べている殆どの玉ねぎは表皮を乾燥させた長期保存が可能な玉ねぎで、ピリッとした刺激のある味がします。乾燥玉ねぎは、スープやシチューに入れて食べるのが最適です。春になると出回る新玉ねぎは、生の玉ねぎで、乾燥した玉ねぎに比べ味がマイルドで生でも食べられます。

 

にんにく(Allium sativum)

 

にんにくは中央アジア原産で、玉ねぎと同様にスパイスまたは薬として使用されおり、その治療効果は伝統的に高く評価されてきました。にんにくは全てのアリウム属の中で最も香りがきつい野菜です。にんにくは土の中でいくつかの小鱗茎から成る鱗茎を作ります。近年、人気が上昇しているエレファントガーリック(Allium ampeloprasum)は、にんにくとは別の種でリーキの仲間になります。エレファントガーリックは無臭ニンニクとして知られており、大きくマイルドな風味で、サラダに入れるなどして生でも食べられます。

 

にんにく

 

エシャロット(Allium ascalonium)

 

エシャロットは古代のイスラエルの都市であるアスカロンから十字軍がヨーロッパに持ち帰ったと言われています。そしてエシャロットの学名:Allium ascaloniumの名前はAscalon (アスカロン)からついたと言われています。エシャロットは通常2つの小鱗茎で構成されていますが2つ以上できる場合もあります。エシャロットは先端が長い特徴的な形をしており、色は赤銅色が多いです。味はマイルドな玉ねぎとにんにくを混ぜたような味と表現されることがあります。

 

リーキ(Allium ampeloprasum var. porrum)

 

リーキはアリウム属の中でも最も大きく、スカリオンを大きくしたような見た目をしています。リーキは60cmほどの高さまで伸び、5cmぐらいの太さがあります。リーキは鱗茎を作りません。フランス、ベルギー、オランダはリーキの主要な生産地で、これらの国々の料理の材料としてしばしばフィーチャーされます。

 

チャイブ(Allium schoenoprasum)

 

栽培されているチャイブは背丈のある草むらのように見えます。チャイブははさみで細かく切って、ベークドポテトの上にサワークリームと一緒に振りかけたり、サラダやスープなどにマイルドな玉ねぎの風味をつける為に散らして使われます。ガーリックチャイブ、チャイニーズチャイブと呼ばれるニラ(Allium tubersosum)は、風味付けの為ににんにくの代わりに使用するにはもってこいの野菜です。

 

まとめ

 

皆さんは普段、アリウム属の野菜をどのように調理していますか?わたしは玉ねぎをよく食べますが、スープに入れたり、お肉と炒めたりして食べることが多いです。近年の研究で、玉ねぎやにんにくは循環器系疾患を予防する効果があることが示されています。健康促進の為にも、普段の食生活にアリウム属の野菜を取り入れてみませんか。




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。