アリウム属の野菜:にんにくや玉ねぎに含まれる健康成分と効果・効能 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

アリウム属の野菜:にんにくや玉ねぎに含まれる健康成分と効果・効能

カテゴリー:

アリウム

アリウム属にはおおよそ500種類の植物が含まれており、玉ねぎにんにくリーキ(セイヨウネギ)チャイブエシャロットなどはよく知られています。現在、科学界はアリウム属の野菜薬理作用に注目しており、それらに含まれる化学成分の心臓血管系の保護効果や癌予防の効果に関する研究が進んでいます。

アリウム属の野菜に含まれる活性成分とは

 

アリウム属の野菜に含まれる有機硫黄化合物はわたしたちの豊かな健康を維持する為に有効な成分です。これらは、伝統医薬の重要な材料として使用されており、その高い薬理作用及び治療効果は何千年も昔から言い伝えられています。しかし、有機硫黄化合物の活性メカニズムに関する研究が進んだのはごく最近のことです。

 

にんにく

 

新鮮なにんにくには、水分、炭水化物、タンパク質、食物繊維、脂質や、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルが含まれています。にんにくをスライスしたり潰したりすると、にんにくの膜が破壊され、香りのないアリインが、アリナーゼによって酵素的にアリシンに変換されます。このアリシンがにんにくのにおいの原因になる成分ですが、アリシンは不安定ですぐにトリスルフィド、ジスルフィド、モノスルフィドやアホエンのようなその他の化合物に変換されます。

 

にんにくの効果・効能

 

にんにくは多くの国で栽培され、料理に使用されています。そして、その健康効果は何千年も昔から知られています。にんにくを食べることで、スタミナと体力がつき、寿命が延びると考えられています。また、駆虫剤、防腐剤、抗菌剤、解熱剤、鎮痛剤としても使用されてきました。これまでの研究で、にんにくには血圧を下げる効果や、抗不整脈作用があることが分かっています。また、線維素溶解活性と、血小板凝集を減少することによる抗血栓作用も示されています。また、にんにくの摂取は、血中のトリグリセリド、コレステロール、低密度リポタンパク質を減らし、高密度リポタンパク質を上昇させると言われています。これらの調査結果から、にんにくはアテローム性動脈硬化と、関連する合併症(脳卒中、心筋梗塞、血栓障害)の予防効果があると考えられています。

 

玉ねぎ

 

玉ねぎには主にS-プロペニルシステインスルホキシドが含まれていますが、その他のスルホキシドであるS-プロピルシステインスルホキシド、S-メチル-システインスルホキシドも含まれています。S-プロペニルシステインスルホキシドはアリインの位置異性体で、アリナーゼにより催涙因子であるプロパンチアール-S-オキシドに変換される為、催涙前駆体と呼ばれています。玉ねぎを切ったときに涙が出るのはプロパンチアール-S-オキシドが原因です。催涙因子は反応性が高く、プロピオンアルデヒド、硫酸と硫化水素に加水分解します。また、それはいくつかの硫黄誘導体の前駆体でもあります。

 

玉ねぎの効果・効能

 

玉ねぎもにんにくと同様に、人間が摂取することで様々な健康効果が得られることが分かっています。これまでの様々な研究を通して、玉ねぎの心臓保護効果、消化管の健康促進効果、抗菌効果、循環系への効果、免疫システムの強化、目への効果などが示されています。玉ねぎは循環器系疾患の進行に関係する血中のコレステロール、トリグリセリド、トロンボキサンの濃度を減少させる働きをします。また、心臓発作や脳卒中の原因になる血小板凝集を抑制することが明らかになっています。

 

にんにく料理

 

まとめ

 

アリウム属の野菜に含まれる有機硫黄化合物は、これらの野菜の健康効果に起因していると考えられています。にんにくや玉ねぎはスタミナを回復する効果があると言われていますので、スープに入れたり、お肉や野菜と炒めるなどして、夏バテ防止の為に食べるのも良いかもしれませんね。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。