にんにくなどネギ属の野菜に含まれるアリシンのコレステロール値を下げる効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

にんにくなどネギ属の野菜に含まれるアリシンのコレステロール値を下げる効果

カテゴリー:

アリシン

アリシンは、にんにく無臭にんにくなど、ネギ属の野菜に含まれる硫黄化合物です。アリシンは、心血管疾患の予防を含むにんにくの有益な効果に関係する成分として長い間議論されてきました。今日は、アリシンコレステロール値を下げる効果についてお話します。

にんにくの効果・効能

 

にんにくは、中国や日本で何世紀もの間、高血圧を治療する為に使用されてきました。にんにくには、解毒作用、抗酸化作用、抗菌作用、心臓病の防止などの有益な効果があることが報告されています。これまでの調査データは、にんにくが、アテローム性動脈硬化のような心血管疾患に良い生理活性成分を持つことを示唆していますが、その有効成分と作用機構が、にんにくの硫黄化合物の一つである”アリシン”に起因するかについてはまだ確定されていません。アリシンには抗酸化作用があり、わたしたちの健康に役立つ様々な働きをすることが示されています。また、これまでの調査で、アリシンには、脂質低下作用、抗血小板作用、抗細菌作用があることが報告されています。

 

コレステロール

 

アリシンはコレステロールを下げる効果があるのか

 

中国で行われた研究では、アリシンのコレステロール低下特性について調査しています。実験では、雄のネズミに、高コレステロール食と、異なる濃度のアリシンを12週間与え、アリシンを与えない対照グループのネズミの血清コレステロール、トリグリセリド、グルコース、肝臓のコレステロール蓄積と比較しました。

 

12週間後の血清パラメーター
 
アリシンの摂取量
①     5mg/kg ②     10mg/kg ③     20mg/kg アリシンなし
総コレステロール 43.91 32.91 37.45 57.82
トリグリセリド 1.66 1.33 1.89 2.11
グルコース 8.73 8.22 8.10 14.08
HDL 1.25 1.71 1.60 1.61
LDL 1.06 1.04 0.80 1.83

 

実験の結果、アリシンを摂取したネズミ(①5mg/kg、②10mg/kg、③20mg/kg)の総コレステロール値の上昇は、アリシンを摂取していないネズミの総コレステロール値の①75.94%、②56.92%、③64.77%に抑えられたことが分かりました。LDLコレステロール値にも同じ傾向が見られ、アリシンを摂取したネズミ(①5mg/kg、②10mg/kg、③20mg/kg)のLDLコレステロール値は、アリシンを摂取していないネズミのLDLコレステロール値の①57.92%、②56.83%、③43.72%に抑えられたことが分かりました。また、アリシンを摂取したネズミのトリグリセリドやグルコースの濃度も、アリシンを摂取していないネズミに比べ、著しく抑えられたことが分かりました。また、アリシンを摂取したグループの肝細胞の形態は、用量依存的に明らかな病理学的変化を示し、アリシンを摂取したグループの肝細胞の脂質蓄積は、アリシンを摂取していないグループのネズミに比べ、より少なくなったことが分かりました。

 

まとめ

 

中国で行われた研究で、アリシンは、血清脂質プロフィールを改善し、肝臓のコレステロールの蓄積を減らす働きをすることが分かりました。よって、活性成分であるアリシンは、コレステロール値を下げることで、アテローム性動脈硬化の発症の予防に貢献すると考えられます。しかし、アリシンは高反応性で、その代謝物質に素早く変換される為、その生物活性が制限される可能性があります。今後は、人間やその他の動物に対するアリシンの正確なメカニズムと作用の分子基盤を説明する為の更なる調査が必要です。




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。