グリセミック指数(GI)の低い食品であるにんにくの糖尿病への効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

グリセミック指数(GI)の低い食品であるにんにくの糖尿病への効果

カテゴリー:

にんにく

糖尿病の人は、体が十分なインスリンを生成できないか、生成したインスリンを効率的に使用できません。これは、血糖値に影響します。糖尿病の人は、安定した血糖値を維持する為に、何を食べるかをしっかりと管理することが重要です。今日は、グリセミック指数(Glycemic Index)の低いと言われるにんにく糖尿病への効果についてお話します。

血糖値を管理する為にグリセミック指数を確認しよう

 

グリセミック指数(GI)は、炭水化物を含む食品が、血糖値をどの程度上昇させるかを表す数値で、GIの低い食品は、わたしたちの血糖値への影響が少ないと言えます。低GI食はまた、うつ病のリスクを減らすと言われています。食品の GIの確認は、安定した血糖値を維持する為の良い方法です。GIを知ることで、糖尿病の人が普段の食事を計画し、高炭水化物の食品の組み合わせを避けることが可能になります。標準的なGI指数の範囲は0~100までで、一般的に、1~55は低いGIで、70以上は高いGIということになります。GIが55以下の食品には、殆どの果物、野菜、豆類、乳製品、一部の穀類が含まれます。にんにくや玉ねぎなど、ネギ属の野菜もGIが低い食品に含まれます。GIが56~69までの中間の食品には、レーズン、サツマイモなどが含まれます。GIが70以上の食品には、食卓砂糖、アイスクリームや、エネルギーや脂肪量が多い過度に加工された食品が含まれます。

 

にんにくは糖尿病に有益な効果があるのか

 

にんにくは伝統的に、高コレステロール値や、高血圧を下げるのに役立つと言われ、推奨されてきました。にんにくの摂取はまた、糖尿病患者のおよそ80%に影響するとされる心臓病の発症を減らす可能性があると言われています。2006年に発表された研究では、生のにんにくが血糖値を減らし、アテローム性動脈硬化の発症リスクを減らす可能性があることを確認しました。2014年に発表されたにんにくの治療効果に関するレビューもまた、定期的なにんにくの摂取が、血糖値を下げるという見解をサポートしています。

にんにくは、ビタミンB6ビタミンCの良い摂取源です。ビタミンB6は、炭水化物代謝に関係しており、ビタミンCは、血糖値の維持において重要や役割を果たすと考えられています。

 

にんにく

 

にんにくの効果・効能一覧

 

●コレステロール、トリグリセリド、血中脂質を下げることで心血管系の健康を改善する

●血圧を下げる

●高い抗細菌作用及び抗真菌作用を持つ

 

にんにくを食べる際の注意点

 

殆どの人は、にんにくを安全に食べることができますが、一部の人は、にんにくの風味が苦手で食べられなかったり、胸やけ、吐き気、下痢などの有害反応を起こしたりする場合があります。また、抗凝血薬を摂取している方は、にんにくを摂取がこれらの薬の作用を増強する可能性がありますので、摂取前に医師への相談が必要です。

にんにくの強いにおいが苦手な人は、同様に健康効果が高く、マイルドな風味の無臭ニンニクを食べましょう。また、ネギ、玉ネギ、エシャロットなどにんにく以外のアリウム属の野菜もGIが低いので、血糖値の安定の為に食事に積極的に取り入れましょう。

 

まとめ

 

これまでの研究は、にんにくなどアリウム属の野菜に、コレステロール値や血糖値を下げる効果があることを示唆しています。血糖値の気になる方は、普段の食事にアリウム属の野菜を取り入れましょう。また、にんにくなど風味の強い野菜を生で食べるのが苦手という方は、健康促進成分を凝縮したにんにくや無臭ニンニクのサプリメントも販売されておりますので利用されると良いでしょう。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。