にんにくが苦手な方におすすめの無臭ニンニクや臭い消し効果の高い食品:リンゴ、レタス、ミント | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

にんにくが苦手な方におすすめの無臭ニンニクや臭い消し効果の高い食品:リンゴ、レタス、ミント

カテゴリー:

にんにく臭

にんにくは、アリウム属の野菜です。アリウム属の野菜は、組成が似ており、多くの硫黄化合物が含まれています。硫黄化合物は、食物に独特の風味を与え、潰したり、スライスしたりすると刺激臭を放ちます。そして、にんにく料理を食べた後は、長時間、口からにんにく臭が消えません。今日は、にんにくに匹敵する健康効果を持つ無臭ニンニクと、にんにくの臭い消し効果的な食品についてお話します。

にんにく臭が苦手な方におすすめの食品について

 

無臭にんにく(ジャンボニンニク)を食べよう

 

無臭にんにくは、普通のにんにくに比べサイズが数倍大きい為、”ジャンボニンニク”や”エレファントガーリック”という名前が付けられています。味は、普通のにんにくに比べマイルドで甘みがあり、一般的なにんにくのきつい風味が苦手な方におすすめです。無臭にんにくは、アリウム属の植物で、植物学的にはリーキ(西洋ネギ)の仲間に分類されます。普通のにんにくと同様に、無臭ニンニクにも潰したにんにくのにおいの原因になり、多くの健康効果を持つとされる”アリシン“が含まれています。これまでの科学的研究で、普通のにんにくや無臭ニンニクには高い抗菌作用があることが示されています。

 

にんにく料理の後に、リンゴ、ミントの葉、レタスを食べよう

 

オハイオ州立大学で行われた研究で、実験の参加者はソフトネックのにんにく3gを25秒噛み、その後、水(対照物質)、生のリンゴ、絞ったリンゴ、加熱したリンゴ、生のレタス、加熱したレタス、生のミントの葉、絞ったミント、緑茶をすぐに摂取しました。にんにく臭の原因になる息の揮発性物質には、二硫化ジアリル、アリルメルカプタン、アリルメチルジスルフィド、アリルメチルスルフィドが含まれます。上記の食物摂取後の息の揮発性物質の濃度を、イオン流通管質量分析により測定しました。

この実験の結果、生のリンゴと生のレタスは、対照物質の水に比べて、初めの30分で50%以上も息の揮発性物質を減らしたことが分かりました。生のミントの葉は、生のリンゴとレタスに比べ、全ての測定した揮発性物質に対し、より高い脱臭レベルを示したことが分かりました。絞ったリンゴとミントは、揮発性物質の濃度を減らしましたが、生のリンゴや生のミントに比べると効果は低いことが分かりました。また、加熱したリンゴとレタスも、揮発性物質の濃度を大幅に削減したことが分かりました。この実験では、緑茶はにんにくの成分に対し脱臭作用を示しませんでした。

研究者によると、食物は、2つのメカニズムを通して息のにんにく臭を脱臭するということです。まず、生の食品に含まれる酵素がにおいを破壊し、生の食品及び調理した食品に含まれるフェノール化合物が、揮発性物質を破壊します。生の食品には、酵素とフェノール化合物の両方が含まれている為、調理した食品に比べ脱臭効果が高いと考えられます。

 

りんご

 

まとめ

 

にんにく、玉ねぎ、無臭ニンニクを含むアリウム属の野菜は、健康促進の為に普段の食事に積極的に取り入れたい野菜です。にんにく料理を食べた後の臭いが気になるという方は、レタスのサラダや、デザートにリンゴを食べることで、にんにく臭を減らしましょう。また、にんにくの風味が苦手で食べられないという方は、にんにくよりきついにおいが少ない無臭ニンニクを料理に使用してみてはいかがでしょうか。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。