喉の痛みに効果的な天然成分②:甘草、リンゴ酢、にんにく、無臭ニンニク等 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

喉の痛みに効果的な天然成分②:甘草、リンゴ酢、にんにく、無臭ニンニク等

カテゴリー:

喉の痛み

前回の記事では、喉の痛み効果的な、はちみつ、塩水、カモミールティー、ペパーミント、ベーキングソーダ、フェヌグリークについてお話しました。今日も引き続き、喉の痛み効果的な甘草、リンゴ酢、にんにく、無臭ニンニク等の天然成分についてお話します。

喉の痛みに効果的な天然成分

 

アルテア根

 

アルテア根は、喉を包み、痛みの緩和を助ける粘液に似た物質が含まれています。沸騰させたカップ1杯のお湯に、乾燥させた根を入れて、アルテア根茶を作りましょう。1日2、3回お茶をすすることで、喉の痛みが和らぎます。糖尿病の人は、アルテア根を摂取する前に医師に相談しましょう。いくつかの動物実験は、アルテア根が血糖値の低下を引き起こす可能性があることを示しています。

 

甘草

 

甘草は、喉の痛みの治療の為に長い間使用されてきました。近年の研究は、甘草と水を混ぜてうがいすることで、喉の痛みが緩和したことが報告されています。アメリカ国立補完統合衛生センター(National Center for Complementary and Integrative Health)は、妊娠中、授乳中の女性は甘草の使用を避けるべきとしています。

 

アカニレ(スリッパリーエルム)

 

アルテア根のように、アカニレも粘液に似た物質が含まれており、水と混ぜることで、滑かなジェルを形成し、喉を包み、痛みを鎮静します。喉の痛みを抑える為に、アカニレの粉末に沸かしたお湯を注ぎ、混ぜて飲みましょう。アカニレは、喉の痛みの為の伝統医薬ですが、その効果を証明するには、更なる研究が必要です。アメリカ国立医学図書館(U.S. National Library of Medicine)によると、アカニレは、その他の治療薬の吸収を減らす可能性があるということなので注意が必要です。

 

リンゴ酢

 

多くの研究は、リンゴ酢に、感染症と戦う抗細菌効果があることを証明しています。リンゴ酢の酸性の性質は、喉の粘液の分解を助け、細菌の広がりを抑制します。喉がいがいがしてきたら、1カップの水に、ティースプーン1、2杯のリンゴ酢を混ぜてうがいしましょう。そして、残った混合液を一口飲みます。このプロセスを1時間に1~2回行うことで喉のいがいがが和らぎます。うがいの合間に、水をたくさん飲むことも重要です。

 

にんにく

 

にんにく・無臭ニンニク

 

にんにくや無臭ニンニクには、高い抗細菌作用があり、感染症と戦うとされるアリシンと呼ばれる有機硫黄化合物が含まれています。2015年のインドの研究では、にんにく、無臭ニンニク(エレファントガーリック)、ショウガの抗菌効果を比較し、にんにくと無臭ニンニクに、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を抑制する高い抗菌力があることが明らかになりました。また、アメリカやイギリスで行われた調査で、にんにくのサプリに、風邪の予防効果があることが示されています。また、はちみつとにんにくを合わせることで、より高い抗菌効果を示すことも明らかにされています。

 

関連記事:寒い季節におすすめ!風邪やインフルの予防に効果的なにんにくと生蜂蜜を使った家庭薬レシピ

関連記事:にんにくとはちみつがもたらす健康効果とは

 

 粉末唐辛子(カイエンペッパー)

 

しばしば鎮痛剤として使用されるカイエンペッパーは、痛覚受容体を遮断する天然成分として知られるカプサイシンが含まれています。科学的には証明されていませんが、粉末唐辛子をお湯とはちみつに混ぜて飲むことで、喉の痛みが緩和すると言われています。この混合液を飲むと、初めに灼熱感が出ます。唐辛子はとても辛いので、初めは少量から始めるのがベストでしょう。口の中に潰瘍がある人は、カイエンペッパーの摂取は控えましょう。

 

まとめ

 

前回、今回と、喉の痛みに効果的な天然成分をご紹介しました。喉のイガイガが気になり始めたら、痛みや炎症の悪化を防ぐ為にも、はちみつ、カモミールティー、にんにくなど様々な天然成分で対策を行ってみてはいかがですか?

 

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る