普通のにんにくとどう違う?ジャンボニンニク(無臭にんにく)の植物の特徴、味、栄養まとめ | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

普通のにんにくとどう違う?ジャンボニンニク(無臭にんにく)の植物の特徴、味、栄養まとめ

カテゴリー:

ジャンボニンニク

ジャンボニンニクは地中海地方原産の植物です。その見た目からしばしば普通のにんにくと混同されますが、実際はにんにくではなく、リーキ(西洋ネギ)に近い植物です。普通のにんにくに比べきついにおいが少ない無臭にんにくはジャンボニンニクの仲間です。ジャンボニンニクの鱗茎(りんけい)は普通のにんにくに比べ数倍大きく、英語では”エレファントガーリック”と呼ばれています。ジャンボニンニクの味はネギに近く、にんにくよりマイルドなのでサラダなどに生で使用されています。

ジャンボニンニク(無臭にんにく)の特徴まとめ

 

植物の特徴

 

  • ジャンボニンニクの植物の茎は60~100cmくらいの高さまで伸びます
  • ジャンボニンニクの葉は大きく、平らで、緑色をしています
  • ジャンボニンニクは土の中で数個の小鱗茎から成る大きな鱗茎を作ります
  • ジャンボニンニクは花茎のてっぺんにピンク色の花を咲かせます(食用の為の栽培時は花に養分がとられる為、花が咲く前に摘み取ります)
  • ジャンボニンニクは小鱗茎が種のような役割を果たし、繁殖の為に使用されます
  • ジャンボニンニクは自然播種植物です。これは植物が外部の援助なしで繁殖できるという意味です。ジャンボニンニクは母植物の周りに簡単に新しい植物が育ちます。狭い場所でたくさんの植物が次第に土壌の栄養を取り合って個々の成長を妨げ始めます
  • ジャンボニンニクは9~10月頃に植えて5~6月頃に収穫できます。葉が半分程度枯れた頃、ジャンボニンニクは成熟しており、収穫の準備ができています。
  • ジャンボニンニクの鱗茎は普通のにんにくの数倍の大きさで、0.5kgほどの重さがあるものもあります。
  • ジャンボニンニクは白くて薄い皮で覆われており、個々の小鱗茎の表面は黄色っぽい色をしています
  • ジャンボニンニクはにんにくではなく、リーキ(西洋ネギ)に近い植物です
  • ジャンボニンニクは多年生植物です

 

にんにく料理

味や栄養などの特徴

 

  • ジャンボニンニクの味は普通のにんにくよりマイルドです
  • ジャンボニンニクはほのかに甘味があり、玉ねぎのような風味があります
  • マイルドで微細な味のジャンボニンニクは生で使用できます
  • ジャンボニンニクは調理することで味に深みが出て美味しくなります
  • ジャンボニンニクは普通のにんにくに比べにおいが少ない為、普段においを気にしてにんにく料理を食べない人とって最適です
  • ジャンボニンニクは普通のにんにくに比べサイズが大きい為、皮をむきやすいです
  • ジャンボニンニクは食物繊維ビタミンB9(葉酸)カルシウムが豊富に含まれています
  • ジャンボニンニクは消化を促進したり、免疫機能を向上したりする効果があります

 

まとめ

 

ジャンボニンニク(無臭にんにく)はにんにくの仲間だと思っている人は多いと思います。わたしも最近まで、ジャンボニンニクがネギの仲間だということは知りませんでした。ジャンボニンニクはにおいも少なく、味もねぎに近いということですので、一度料理に使用してみたいと思います。どんな料理に合うのかジャンボニンニクを使ったレシピを調べてみようと思います。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。