イチョウ葉エキスの海外での取り扱いと安全性について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

イチョウ葉エキスの海外での取り扱いと安全性について

カテゴリー:

サプリメント

イチョウ葉エキスは、多くの効果があることで人気のあるサプリ成分です。日本だけではありません。イチョウ葉エキスは、海外でも人気のある成分です。今回は、イチョウ葉エキスの海外での取り扱いと安全性についてご説明します。

イチョウ葉エキスの海外での取り扱いと安全性について

イチョウ葉エキスは、日本では食品に分類されています。そのため、脳に良い、認知症の予防効果があるなどの効果が期待されていますが、医薬品としては取り扱われていません。しかし海外では違いがあります。

海外でのイチョウ葉エキスの取り扱い

ドイツでは、規格基準を満たせば、医薬品として認証されています。欧米のイチョウ葉は日本からドイツやフランスへ輸出されています。日本では、イチョウは医薬品として認可されていないので、食品として取り扱われています。そして日本と欧米では、イチョウ葉エキスの製造方法も異なり、日本では成分抽出の溶媒として、水とエチルアルコールが使用されるのに対して、欧米では水とアセトンが用いられています。そのため、海外のイチョウ葉エキスと日本のイチョウ葉エキスでは配合成分や効果が違ってくることも考えられます。この効果の違いは実証されていませんが、海外のサプリを利用するときは注意しましょう。

安全性

イチョウ葉エキスの安全性としては、いくつかの注意事項があります。摂取量を超えて摂ることは危険性が高いことが指摘されています。最近、マスコミでイチョウ葉のお茶が注目されていますが、これは有害であるとも一部で言われています。イチョウ葉エキスをお茶で摂取る場合、多量のギンコール酸が含まれている可能性があります。ギンコール酸はイチョウ種子の外種皮に触れた時、皮膚炎を引き起こす成分の1つです。イチョウ葉の乾燥物中には、0.7~1.6%ほど含有しておりますが、ギンナンにはほとんど含まれていません。その外種皮には葉の5倍の濃度のギンコール酸が存在しています。お茶には高い濃度のギンコール酸が入っていますが、サプリメントなどではかなり希釈されているので、ほとんどその心配はいりません。ドイツの規格では、エキス中で5ppm 以下とされています。この濃度ではアレルギー症状が出現しないとされています。そしてテルペノイド、フラボノイドもあります。お茶として長時間、煮詰めると、さらに濃度が高まります。フラボノイドは、フラボノイドは、植物に含まれる色素成分です。ポリフェノールのひとつです。過剰摂取するとがんなどの発生率が高まるとも言われます。一般的な安全性としては、イチョウ葉エキス摂取による副作用として、まれに軽度の胃腸障害、頭痛、アレルギー性皮膚炎があることがあります。静脈内 投与によりアナフィラキシー反応などの症状が出る場合もあります。通 常の規格化されたイチョウ葉エキスの摂取量であれば、それほど心配はいりません。規格では1日120~240mgと定められていますので、摂取前にイチョウ葉エキスの配合量を確認するようにしましょう。

イチョウ葉エキスの相互作用

イチョウ葉エキスと他のお薬と組み合わせることには次のような注意点があります。イチョウ葉エキスには血液の抗凝固促進作用があり、抗凝固作用がある薬と組み合わせるのには注意が必要です。インスリン分泌にも影響を及ぼすため、糖尿病の方も注意しましょう。抗うつ剤や肝臓で代謝されやすい薬とも干渉します。トラゾドンとイチョウ葉エキスを摂取した高齢のアルツハイマーの方でも症例が出ています。また一部利尿剤との併用で高血圧が起こったことも確認されています。

サプリメント

イチョウ葉エキスの安全な活用

このようにいくつかの注意点や懸念事項はありますが、大変期待が高い成分であることは間違いありません。特に、治療薬がないアルツハイマー病への効果は今後の実証研究が望まれています。

(文:宮本燈)


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。