若くても認知症になる:若年性認知症の対策方法 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

若くても認知症になる:若年性認知症の対策方法

カテゴリー:

イチョウ葉エキス

 

先回、若年性認知症の特徴についてお話しました。今回は、その対策方法についてご説明します。

若くても認知症になる:若年性認知症の対策方法

若年性認知症の対策方法としては、次のようなことがあります。

対策方法

病院での診療

若年認知症が疑われる症状が表れたら、病院で診断を受けるのが最も確かな対策方法です。MRIなどをとってもらい病院で診断を受けることが発見の近道です。病院へ行くほどでもないと看過せずに、先回ご紹介しましたチェックリストがいくつか当てはまれば、一度念のために病院での検査をおすすめします。

若年性認知症は、遺伝要因は少ないと言われていますので、家族に若年性認知症の人がいない場合でも診断を受けておくほうが賢明です。

食事改善

それほどはっきりした症状が見られないけれども、心配だから予防しておきたいという方も多いはずです。そのような方は、日常生活のなかで改善していくことができます。食事によって予防することができます。栄養に偏りのないバランスの良い食事を心がけ、塩分、動物性脂肪、糖質、カロリーを摂り過ぎないようにすることが大切です。

また咀嚼は脳の働きにも関与していると言われます。よく噛んで食べることが大切です。時間をかけてゆっくり食べることや、家族と一緒に会話を楽しみながら食事をすることが早食いや食べすぎを防ぎます。

必要な栄養素としては、DHA、EPAなどを含んだ食事が有効です。これらの栄養素は青魚に多く、イワシやサバなどに豊富に含まれています。

そして過度なアルコールも控えましょう。ポリフェノールが豊富な赤ワインは、脳の働きに良い効果があるとも言われています。

適度な運動

身体を普段からあまり動かさないことは、若年性認知症の原因となる脳の不活発にも繋がります。そのため、適度な運動が必要です。体を毎日動かすようにして、散歩、体操などで体の筋肉が衰えないようにしたり、ヨガや水泳などで体の血行を良くすることも大切です。有酸素運動で酸素をたくさん取り込むことは、脳にも酸素を送りこむことになるので、脳の働きを良くします。

規則正しい生活と睡眠

規則正しい生活を送ることも大切です。夜更かしや睡眠不足は脳の動きを妨げます。脳を有効に働かせるには十分な睡眠が必要です。

喫煙や飲酒は適度に

喫煙も関連すると考えられます。タバコを吸うと、細胞が酸化するので、脳の細胞にも酸化が起こりやすくなります。脳の酸化は変性を促進して、認知症を誘発します。そのため喫煙は控えておく方がよいでしょう。

お酒は、適度であれば良い効果があると言われていますし、赤ワインのポリフェノールなどはむしろ良い効果があります。そのため、適量(1日半~1グラス程度)を摂るようにしましょう。

サプリメントによる対策

そしてこのような日常生活対策に加えて、サプリメントでも対策することができます。次のような成分が有効です。

一つ目はEPA、DHAです。脳の働きを活性化すると言われるオメガ脂肪酸には、ARA(アラキドン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などが含まれています。これらの成分は記憶力や学習力を司る海馬に含まれる成分ですが、加齢に伴い減少していくので、外から補う必要があります。そこで有効なのがこれらを含んだサプリメントです。EPA、DHAのサプリメントは、脳の老化を食い止め、活性化することができます。

二つ目はイチョウ葉エキスです。イチョウ葉エキスは、乾燥したイチョウの葉から抽出されたエキスです。イチョウ葉エキスに含まれるフラボノイドとテルベンラクトンには脳血流を良くする働きがあります。記憶力や思考力を高め、脳の機能を活発化する働きがあるので、認知症の原因となる脳の機能低下にも良い効果があります。

三つ目は、ビタミンB12です。ビタミンB12には、末梢神経障害に良い効果があります。これまで貧血や眼精疲労などの治療にも使われてきました。若年性認知症の人は血中のビタミンB12が通常の人よりも少ないということがわかっています。脳細胞の生成するためのタンパク合成や核酸合成を促進する働きもあります。

サプリメント

若年性認知症の対策方法まとめ

このように若年性認知症の人は、症状によっては病院での診断が必要になりますが、まだ症状がはっきりと表れているわけではないけれど不安な場合は、早めの予防が良い対策方法です。日常生活による対策は、食事、運動、睡眠、サプリ補給など、簡単に行うことができますので、毎日の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

(文:宮本燈)

 

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。