軽度認知障害(MCI)ではありませんか?:軽度認知障害とは | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

軽度認知障害(MCI)ではありませんか?:軽度認知障害とは

カテゴリー:

軽度認知障害

認知症は、高齢者の方に多い疾患です。しかし、軽度認知障害(MCI)は認知症の初期症状ともいわれ、アルツハイマー病患者の1.5倍~2倍もの人がその状態にあります。そこで今回は、軽度認知障害(MCI)の症状についてご説明していきたいと思います。

軽度認知障害(MCI)ではありませんか?:軽度認知障害とは

軽度認知障害(mild cognitive impairment: MCI)は、認知症の診断基準でみると適合レベルにはいたっていないので、認知症とは診断されません。しかし、いくつかの項目で当てはまったり、不安を感じる項目が多くなってきています。今後、認知症に移行する可能性が非常に高く、軽度の認知症、認知症予備軍とも呼ばれています。

症状は軽く、日常生活に支障がでるほどではありませんが、少しずつ症状が出始めてきます。65歳以上の人では、約1~2割程度がこの状態にあるともいわれ、アルツハイマー型認知症の1.5~2倍も存在しています。そして、軽度認知障害の人は、その約7割が認知症に進行するので、早めの対策が認知症への進行を食い止めるキーとなります。

 

軽度認知障害の種類

軽度認知障害は、2001年にPetersen により提唱された疾患で次の4つに分類されます。

・ amnestic MCI (健忘性 MCI) single domain:記憶障害有り+認知機機能障害が単一

・ amnestic MCI (健忘性 MCI) multiple domain:認知障害有り+認知機機能障害が複数

・ non-amnestic MCI (非健忘性 MCI) single domain:記憶障害無し+認知機機能障害が単一

・ non-amnestic MCI (非健忘性 MCI) multiple domain:記憶障害無し+認知機機能障害が複数:

診断方法

軽度認知障害は、検査により診断されます。診断基準としては、アミロイドβの蓄積、脳脊髄液とリン酸化の増加、FDG-PET による側頭・頭頂葉の糖代謝の低下、MRI による側頭・頭頂葉の萎縮、これらの症状が見られた場合、神経細胞障害と判定されます。このようなバイオマーカーが、アルツハイマー病への移行を示すリスク要因です。特に、健忘性 MCIは、アミロイドβの蓄積により起こるので、アミロイドβの蓄積が見られたら、かなりの確率でアルツハイマー病へ進行します。

軽度認知障害

症状

初期は、軽い物忘れや記憶障害が起こりますが、特にエピソード記憶(個人的な体験や出来事の記憶)に障害があらわれます。多いのが、物を置いた場所を忘れたり、しまった場所を忘れるなどが増えます。気分障害も出やすく、不安、抑うつ、やる気が出ない、元気がない、意欲がわかない、物事への興味がなくなる、家事や仕事の効率が悪くなる、外出しなくなる、友達と会いたがらないなど、些細な変化が生じてきます。これらの変化は、従来の認知症評価スケールでみると、認知症と疑われるレベルまでは到達していないので、見過ごされがちです。

軽度認知障害の判断スケール

しかし、このような認知症未満の軽度認知障害は、決して看過できるものではありません。次のような判断基準で4項以上目当てはまったら注意が必要です。

・日付を忘れる

・しばらく前に起こった出来事を忘れる。

・最近聞いた話を憶えていないことがある

・同じ話を何度も繰り返す

・特定の単語やフレーズを忘れる

・会話の文脈がおかしい。

・質問に対する答えがおかしい(理解していないことを示す)

・質問を理解するのに困難が生じる

・時間の感覚を失う

・自分の話の妥当性を強調する

・他人から質問されると家族を頼る

(参照:認知症初期兆候(OLD)評価リスト)

これらの項目のうち、4つ以上当てはまれば、危険信号です。軽度認知障害は、早めに気づけば、日常生活の対策で認知症への移行を防ぐことができます。

現在、根源的な治療方法は発見されていませんが、適度な運動、ビタミンを多く含むバランスのとれた食事、有効なサプリメントによる対策、ストレスが少ない健康的な日常生活を送ることなどで、予防することができます。いくつかの健康療法(記憶トレーニング等)なども開発されつつあります。

(文:宮本燈)

参考文献

Hopman-Rock M, Tak EC, Staats PG. Development and validationof the observation list for early signs of dementia (old). Nit J Gerhart Psychiatry 2001; 16: 406–414.

 

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。