軽度認知障害(MCI)ではありませんか?:軽度認知障害から認知症へ進行することを予防するには | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

軽度認知障害(MCI)ではありませんか?:軽度認知障害から認知症へ進行することを予防するには

カテゴリー:

軽度認知障害

軽度認知障害(MCI)の症状や判断基準について、先回はご説明しました。今回は、軽度認知障害から認知症へ進行することを防ぐ予防方法をご紹介します。

軽度認知障害(MCI)ではありませんか?:軽度認知障害から認知症へ進行することを予防するには

軽度認知障害は、その7割が認知症に進行するといわれる認知症予備軍です。特に、健忘性MCIの人は、その半数が4年以内に認知症に進行し、最終的には9割以上の人が認知症を発症します。そのため、この段階で対処することが、認知症への移行を食い止める最も有効な手段です。

認知症への進行のリスク

健忘性 MCIのほとんどの人は、アルツハイマーの危険因子となるアミロイドβの蓄積の兆候が見られます。アミロイドβが蓄積し始めると、10~20年程度で軽度認知障害となり、その数年後にはアルツハイマー病を発症するのが一般的です。

軽度認知症から認知症へ移行するリスク要因としては、次の5つがあります。

1.脳脊髄液中の高レベルのタウおよびp-タウと低レベルのアミロイドβ流体がある

2.海馬や嗅内皮質の萎縮

3.脳血流量の減少

4.アポE4陽性が見られる

5.遅延リコールの障害などがある

この5つうちのひとつ、あるいはいくつかが当てはまれば、軽度認知障害からアルツハイマー病への移行リスクが高まります。

軽度認知障害から認知症への移行を防ぐには

今のところ、軽度認知障害を根治する方法や認知症への移行を絶つ方法は、発見されておらず、日常生活での対処方法しかありません。しかし、早めに対策をすれば、進行スピードを遅くしたり、食い止めることも不可能ではないといわれています。

健忘性 MCIの場合、発症後10~20 年間、アミロイドβが脳内に蓄積されています。現在、このアミロイドβを溶解する薬や、凝集して阻害する薬の開発も同時に進められています。

もう一つの原因は、神経原線維の変容させるタウの存在です。これに対処する薬も開発中ですが、こちらも同様で100%抑えられる薬は、まだ開発されていません。

遺伝的には、アポリポプロテインE4という脳内物質を受け継いでしまうと、高い割合でアルツハイマー病を発症することがわかっています。

Petersen et al. (2005) の研究によると、ドネペジルというアポリポプロテインE4の阻害薬が、軽度認知障害からアルツハイマーへの移行を3年間遅らせたという結果も報告されています。

このようないくつかの治療薬の開発が現在進められています。

日常生活のなかでできる軽度認知障害の対処法

そこで、現時点でできる対策方法としては、日常生活でできることがいくつかあります。

Luchsinger et al. (2007) の研究では、緑黄色野菜を多くとり、肉や脂肪は控えることが軽度認知障害から認知症への移行リスクを軽減することが明らかにされています。また、適度なアルコール(ワイン)や良質のオイル(オリーブオイル等)の摂取も良い効果をもたらします。そして、いくつかの報告で高カロリー、高脂肪の食事は、認知症発症リスクを高め、高血圧症、糖尿病,脂質異常症,禁煙などもリスク要因となることがわかっています。

イチョウ葉エキスサプリで対策しよう!

そして、もう一つの対策方法は、脳の機能を高めるスマートサプリメントの活用です。

イチョウ葉エキス

特に最近注目されているのは、イチョウ葉エキスのサプリメントです。イチョウ葉エキスのサプリメントは、認知症の主要タイプであるアルツハイマー型認知症と脳血管型認知症の双方に良い効果があるといわれています。確実に症状があらわれてからでは、進行を食い止めるのは難しく、これらは治療薬ではないので、治癒効果は望めません。しかし、未病や前段階のレベルであれば、イチョウ葉エキスが良好な効果をもたらすことが大いに期待できます。

先回ご紹介したチェックリストで2~3当てはまるものがあれば、まずはイチョウ葉エキスで対策してみてはいかがでしょうか。

(文:宮本燈)

参考文献

Luchsinger, J. A., Noble, J. M., & Scarmeas, N. (2007). Diet and Alzheimer’s disease. Current neurology and neuroscience reports, 7(5), 366-372.

Petersen, R. C., Thomas, R. G., Grundman, M., Bennett, D., Doody, R., Ferris, S., … & Pfeiffer, E. (2005). Vitamin E and donepezil for the treatment of mild cognitive impairment. New England Journal of Medicine, 352(23), 2379-2388.


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。