イチョウの葉とは | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

イチョウの葉とは

カテゴリー:

ginkgo

イチョウの葉とは、私たちのからだに必要な成分がたくさんつまっていることを知っていますか。イチョウの木は、はるか昔の2億5千万年前から地球上に存在していたといいます。そんなイチョウの葉について纏めてみました。

イチョウの木

イチョウの木は、イチョウ科イチョウ属の落葉性大高木で高さは高い物で45mになる物もあり。日本国内で多くイチョウの木は見かけますが原産は中国です。日本には6世紀ごろ中国から渡来してきたと言われています。種子は銀杏で有名で一度は食べたことはあるかと思います。そんなイチョウの木は、2億5千年前は人間が生活を始めるずっと前。ジュラ紀や白亜紀の恐竜たちが生活していた地球です。その間、イチョウの木は2度の生命大量絶滅を経験し、恐竜の絶滅から人類の進化を目の当たりにしてきました。

その太い幹と落ち着いたたたずまいは、ながいながい歴史を感じさせる威厳があります。それほど経験豊かなイチョウは、当然のごとく生きるもののからだに有用な成分を蓄えていました。それがわかったのは、最近のことです。1965年にはじめてドイツで医療薬として認可されました。その後、ヨーロッパを中心に爆発的に人気が高まり、現在は数十カ国で認可されています。日本での認可はまだですが、今後のイチョウ葉エキスの広まりが期待されているところです。

○イチョウの葉は何に良いのか?

イチョウの葉は健康維持に有用です。私たちが摂取するのはイチョウの葉そのものではなく、イチョウの葉から抽出した成分ポリフェノールの一種「フラボノイド」とファイトケミカルの一種「ギンコライド」です。

これらは、主にサプリメントとして販売されています。時に、イチョウの葉のお茶を自分でつくり、飲む人もいるようですがつくり方は難しく、摂取量の調整も困難なためお勧めできません。またアレルギー物質のギンコール酸が含まれている為、ギンコール酸を取り除かないといけないので、サプリメント等で摂取するのがお勧めいたします。

サプリ

イチョウの葉エキスの摂取量は決められていて、それ以上飲んではならないことになっています。摂取量や摂取方法を守ってこそ健康維持につながるのです。「フラボノイド」や「ギンコライド」の効能ですが、血流をよくする、血管を強くするなどです。「フラボノイド」は活性酸素を抑制する働きがあります。活性酸素は老化の原因となる物質です。「ギンコライド」はイチョウの葉特有の成分で、血栓をできにくくします。動脈硬化の予防にも効果的といわれています。

人のからだは血液の循環により成り立っているといっても過言ではありません。血液によって栄養素が運ばれているからです。一方、偏った生活により、現代人のからだは血液の流れが悪くなる傾向にあります。そういった意味で、血流を良くするイチョウ葉エキスの効果には期待が高まっています。

○摂取量と摂取の仕方の関係

イチョウ葉エキスはたくさんとればよいわけではありません。1日の摂取量は決められています。健康人が摂取するのでれば120mg、何かしらの症状改善のために摂取するのであれば240mg。

ただし、人それぞれ体質や体格が違いますので、この分量がすべてではありません。また、一度に摂取するのではなく数回に分けてとります。その方が効果的です。一度に摂取すると、イチョウ葉エキスは排出されてしまうのです。摂取後1時間が一番のピーク時といわれています。

まとめ

日本ではまだ、注目されはじめたばかりのイチョウの葉エキス。しかし、その効能はストレスや偏食による不調に悩む現代人の役に立つこと間違いなしです。様々な効果があるイチョウ葉エキスを日頃の健康維持に取りいれるのはどうでしょうか!摂取量や摂取の仕方に注意して上手に取り入れたいですね。

イチョウ葉エキスの効果・効能


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。