グルコサミンのサプリメントの効果について考えました | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

グルコサミンのサプリメントの効果について考えました

カテゴリー:

関節痛に効くと言われるグルコサミンですが、なぜこれほどまでに人気があるのでしょうか?歳をとるとともにどうしても気になる痛み。サプリメントだからこそできるグルコサミン効果と魅力についてお伝えいたします。

なかなか摂るのが難しいグルコサミン

グルコサミンとは身体の随所に柔軟性を与えるプルプル成分であり、主にエビやカニなどの甲殻類に含まれています。しかし、グルコサミンは身ではなく殻の部分にほとんど含まれていますので、それらからとるのはあまり意味がありません。そのため必要な量だけグルコサミンを摂るには、食べ物からよりもそれを抽出した健康補助食品から摂取するのが非常に効率的です。

人間でも体内で作られている成分ですが、加齢とともにその生産量は減少していきますのでより健康補助食品から摂取する必要があります。一日の目安摂取量は1500mgとされていますが、これはとても食べ物からではまかなえない数字です。

グルコサミンの歴史

グルコサミンは1960年代にヨーロッパで関節炎の治療に使ったところ奏効したことから、関節痛の治療に用いられるようになりました。それからモルモットを使った研究が重ねられ、1980年代から本格的に人間の治療について実験が行われるようになりました。

治療の仕組みとしては、グルコサミンを摂取することで関節にある軟骨の再生を促して痛みを和らげると言われています。経口摂取した栄養素がそのままあるいは再合成などの過程を経て関節にまで行き届くとは考えづらいのですが、これまでの実験のデータからある程度の信ぴょう性は感じられます。

どうして関節が痛むのか?

人の身体は日々破壊と再生を繰り返しています。今一つ実感がわかないでしょうが、歩くたび、極端に言えばどこか身体を動かすだけで骨が摩耗して削れていきます。しかし、これはある意味では健康を維持することに必要なことです。

全く身体を動かないでいると、骨だけでなく筋肉や内臓も衰えていきます。ストレスは過剰に与えるともちろん良くないですが、ほとんど与えないままでも組織が弱っていってしますのです。

そのため身体を動かすのですが、骨を動かすとその接ぎ目、つまり関節に負担がかかります。その負担を和らげるのが軟骨であり、その柔軟性を支えるのがグルコサミンだと言われています。年とともにグルコサミンの生成量が減っていきますので、ここで身体を動かすことによる破壊のスピードに再生速度が追い付かなくなると関節痛や関節炎が発症するというわけです。

とはいっても、関節が痛いからといってそのまま動かずにいるのは身体によくありませんし、何より苦痛に感じられることでしょう。

そこで役立つのがグルコサミンであり、それをサプリメントから効率的に摂取することで健康的な生活が保てるというわけです。スポーツなど趣味に興じていてもいずれどこかは痛みはじめます。大事なのはここであきらめずにどうやったらそれを克服できるか模索することでしょう。

グルコサミンの意義

本来関節痛は治療が難しいものとされています。それは鎮痛剤など対処療法を行っても根本的な解決にはならず、軟骨を強くするということでしかまず解決しえないものだからです。しかし、それには生活習慣の改善や食生活の見直しなど長期的な手段が求められます。これは病院の領域というより、本人やその周りの人がどれだけケアできるかという話になってきます。

つまり薬云々という話よりも本人の生活の問題ともいえます。もっとも加齢という抗いがたい事情もありますのでそれも解決を困難にしている理由の一つでしょう。

ここで役立つのがグルコサミンです。対処法に乏しい関節痛に対して、一定の効果が期待できる成分でありかつ手軽に使えるのが非常に魅力的です。グルコサミンを使って、身体の痛みを克服しましょう!

参考記事:『グルコサミンが持つ健康効果』


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。