変形性関節症(骨関節炎)の原因:老化、肥満、遺伝的要因、怪我 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

変形性関節症(骨関節炎)の原因:老化、肥満、遺伝的要因、怪我

変形性関節症

変形性関節症は、軟骨の損失の増加、関節周囲骨の再形成、滑膜の炎症に特徴づけられる変性関節疾患です。変形性関節症は様々な要因により発症・進行すると言われています。今日は、変形性関節症が発達する原因についてお話します。

変形性関節症を進行させるリスク要因

 

変形性関節症の原因因子に関しては、いまだに多くの疑問が残っています。変形性関節症の進行に関しては多くのプロセスが知られていますが、病気の発症の特徴については不明な部分も多いのが現状です。まず、軟骨のコラーゲンマトリックスの破壊により、軟骨の含水量が上昇します。プロテオグリカンの進行性消失と共に、軟骨の弾力は減少します。これに続き、軟骨の進行性消失と、骨棘(こっきょく)とカルシウム沈着の形成が引き起こされます。骨棘とは、炎症や変性などの刺激が原因で骨組織が増殖し、骨が棘のように変形したものを示します。骨棘形成は、関節の柔軟性を更に制限します。変形性関節症の進行は、滑膜の炎症、関節の腫れ、硬直、痛みに関係しており、進行性の機能障害に繋がります。

 

老化

 

変形性関節症の主要なリスク要因の一つは老化です。年を取ると、関節軟骨は柔らかくなります。軟骨細胞外基質の再形成や修復能力は、年齢と共に減少します。更に、変性は、軟骨細胞外基質の構造組織により起こります。老化に伴い、コラーゲン繊維の架橋結合が促進することで、軟骨の硬直が増加します。また、老化により筋肉量や強さが減少することで関節の安定性が減少し、関節のずれを引き起こします。これは、関節への異常な機械的ストレスの原因になり、軟骨の変性に繋がります。

 

体重超過や肥満

 

変形性関節症の一般的に認知されたリスク要因に、体重超過や肥満があります。近年のメタ解析では、超過重量と肥満に関連した共存疾患について調査しており、超過重量と肥満の人は、変形性関節症の発症リスクが著しく高いことが示されています。

 

遺伝的要因

 

いくつかの研究は、変形性関節症の発症に、強い遺伝的決定因子があることを証明しました。双子の変形性関節症を放射線学的に調査した典型的な双生児研究では、女性の手と膝の変形性関節症に、明確な遺伝的影響が示されたことが分かりました。遺伝的影響は、39~65%であると予測されています。いくかの遺伝的異常は、変形性関節症の発症と進行の原因になることが確認されています。これらの遺伝的変異は、軟骨や細胞外基質の組成や代謝の欠損や変異性を引き起こします。

 

股関節の発育性異形成

 

股関節異形成など、発育性異形成の患者は、異常のない人に比べ、変形性関節症がかなり早く発達します。関節のずれは、関節内で接触面の減少に繋がり、軟骨の部分的な圧力の上昇を引き起こします。これは、変形性関節症の発症と進行に関係します。

 

怪我

 

関節の表面の損傷、靭帯損傷、半月板切除を含む怪我は、変形性関節症の発達に関係しています。怪我は、関節動作が生理的範囲をこえる原因になる場合があり、これにより関節への不均一な負荷分散が起こります。

 

変形性関節症

 

まとめ

 

上記の異なる要因は、軟骨破壊、骨再形成、骨棘形成、滑膜の炎症、痛み、不動など、同様の臨床症状を引き起こし、変形性関節症の発症及び進行に繋がります。変形性関節症の治療には、一般的な治療薬である非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の他に、グルコサミン硫酸コンドロイチン硫酸ヒアルロン酸、コラーゲン加水分解物などの軟骨保護成分も使用されています。これらの成分を含むサプリメントを利用することで、病気の更なる進行が防げるかもしれません。

 

関連記事:人間の軟骨の形成に必要なグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。