56歳男性の症例で見るグルコサミン・コンドロイチンのサプリの腰痛への効果 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

56歳男性の症例で見るグルコサミン・コンドロイチンのサプリの腰痛への効果

腰痛

グルコサミンコンドロイチン硫酸は、変形性関節症の改善の為にしばしば使用される栄養サプリメントです。これまでに行われた実験の多くは膝の痛みに重点が置かれ、腰の痛みに関する実験は行われていません。オランダで報告された症例では、腰痛で悩む56歳の男性がグルコサミンとコンドロイチンのサプリメントを摂取し、改善した事例が報告されています。

腰痛の原因である椎間板変性の治療

 

椎間板変性(ついかんばんへんせい)が原因でおこる腰痛は患者の生活の質に悪影響を及ぼします。椎間板は、組織化されたコラーゲン細線維の同心円層板である外側の線維輪と、よりランダムなコラーゲン組織を持ち、プロテオグリカン集合体を豊富に含む内側の髄核の2つの異なる領域で構成されています。これらの領域の組織学的、生化学的成分と構造は、加齢により変化することが報告されています。

最近まで、脊柱の変性疾患の治療は、医療行為として好ましい修復よりも切除に重点が置かれてきました。椎間板変性の初期段階に、変性の大部分が核に限定されるとき、髄核の正常な機能の修復もしくは変性プロセスを遅らせることができる特定の機能性食品を摂取することは症状改善への効果的なアプローチになると考えられます。

 

腰痛で悩む56歳男性の症例

 

腰痛と坐骨神経痛に15年以上悩む56歳の男性は1999年から2年間、グルコサミン、コンドロイチンを含むサプリメントの摂取を開始しました。男性の腰椎の可動性は毎日の適度な運動と、暇なときに行うスポーツ(テニス)により維持されていました。男性はグルコサミンのサプリメントの摂取を志願した2年間、これらの運動を続けていました。サプリメントにはグルコサミン塩酸500mg、コンドロイチン硫酸ナトリウム400mg、マンガンアスコルビン酸66mgが含まれていました。患者は3つのサプリ(朝2個、夜1個)の摂取を9か月間続け、9か月以降は2個(朝のみ)のサプリの摂取を続けました。

男性はサプリメントの摂取を始めてから約6か月で、腰の可動性と機能が徐々に改善し、痛みが減ったと感じました。2年間のサプリメント摂取で、男性は腰がより強く柔軟になったと感じて、痛みなしでより大変な作業負担に耐えられるようになりました。この改善の他に、サプリメント摂取中の男性の体調全般に変化はなく、副作用も見られませんでした。

 

MRI画像による評価

 

サプリメント摂取前と摂取期間後の同時刻(朝)にMRI画像を撮影し、椎間板を比較しました。サプリメント摂取後は、サプリメント摂取前に軟骨の一部が変性していた椎間板の含水量の増加が確認され、変性部分が徐々に修復されたことが分かりました。サプリメント摂取前に変性が進んでいた椎間板は、サプリメントの摂取による改善は見られませんでしたが、悪化も見られませんでした。

 

グルコサミン

まとめ

 

椎間板変性は年齢と共に進行し、50歳以上の中高齢者には一般的に見られる症状です。グルコサミンとコンドロイチンは軟骨の変性(変形性関節症)に効果があることはこれまでのたくさんの調査で示されています。また、上記のオランダの男性の症例では、これらのサプリメントの摂取で、腰の可動性や腰痛が改善されたことが明らかになっています。今後、腰痛に悩む多くの人を対象にした更なる調査が必要ですが、軽い腰痛に悩む人はグルコサミン・コンドロイチンのサプリメントの摂取が症状改善に繋がるかもしれません。




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。