今年は花粉が4倍!2~3月の花粉対策は青汁とプロポリスで始めよう! | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

今年は花粉が4倍!2~3月の花粉対策は青汁とプロポリスで始めよう!

カテゴリー:

花粉症

NPO花粉情報協会によると花粉の飛散が少なかった昨年に比べ、今年はなんと花粉が西日本では2~4倍にもなるそうです。花粉症の方にとっては、今年は早くも辛い春の予感です。そこで今回は2-3月の花粉情報と対策方法についてご紹介します。

2-3月の花粉対策

2017年の花粉情報

花粉の飛散量は、前年の夏の日照時間によって決まります。一昨年冷夏だったことの影響で2016年の花粉は比較的少なかったのが特徴でした。しかし、去年は例年通りの日照時間だったので、2017年の花粉は昨年とくらべると東日本ではほぼ例年通り(0.8~1.1倍)、西日本では2~4倍になると予想されています(NPO花粉情報協会調べ)。飛散時期としては、スギ花粉は3月~4月がピークで、2月中~下旬から飛び始めます。ちなみに毎日の花粉量はこちらでチェックできますので気になる方はご覧ください(環境省花粉観測システム(はなこさん) )。本日(2月20日)は、東京(八王子)16個/ml、千葉418個/ml、愛知8個/ml、京都4個/mlとまだ飛散はそれほど多くありませんでした。

2月下旬~3月上旬の花粉

花粉のピークは3月下旬から4月ですが今の時期(2月下旬~3月上旬)の花粉は次のようなものがあります。

・スギ花粉

スギ花粉症は一番たくさんの方の花粉症の原因となる花粉です。3下旬~4月がピークですが2月上旬から飛び始めます。スギの花粉は飛散面積が広いので飛散地域以外の方でも花粉症になりやすいです。

・ハンノキ花粉

1月~6月と長い間飛散します。野山や湿地帯などに多いハンノキ属やカバノキ科の植物(ブナ・コナラなども仲間)から飛散し、咳がひどくなることが特徴です。悪化するとハンノキ喘息になることもあります。

・オオバヤシャブシ花粉

珍しい花粉ですが元々造成地の緑化のため植えた植物から飛散します。通常のスギ花粉より症状が重いのが特徴で30%の人が口腔アレルギー症候群になるとも言われています。特に太平洋側に多い花粉です。

一足お先に花粉対策!

花粉症の対策は、早めの対処が大切です。花粉がたくさん飛び始める前に早めに花粉症になりにくい体質になり、症状が軽いうちに対策しておくことが、今シーズンの花粉症の悪化を防ぎます。本格的に花粉が飛び始める前にいくつかの対策法をご提案します。生活習慣の改善や抵抗力アップなどの基本的な対策で、花粉症に強い体をつくっておきましょう。これで今年の花粉症は軽く乗り切れるかもしれません!

対策方法としては、次のような方法があります。一つ目は食事対策です。花粉症にはバランスの良い食事と規則正しい生活が何より大切です。中でも、青汁、甜茶、乳酸菌などが花粉症には良いと言われています。ストレスや寝不足で抵抗力が弱くなると症状が強くなりますので、十分な睡眠と規則正しい生活習慣も重要です。二つ目が、予防アイテムの利用です。マスクや花粉用ゴーグル、サングラスなどを早めの時期から活用しましょう。室内では空気清浄機を使って清潔な状態を保ちましょう。三つめは、うがいや手洗い、洗顔などを外出から帰ったらしっかり行うことです。洋服などについた花粉もしっかり落として室内に花粉を持ち込まないようにしましょう。そして四つ目としておすすめなのがサプリメントによる対策です。花粉症に良いサプリメントとしては、プロポリスがあります。プロポリスは、抗炎症作用があり鼻の粘膜の炎症の抑制にも効果があります。プロポリスの成分で鼻の内壁に保護して外部の刺激から鼻の皮膚がダメージを受けるのを守ります。そしてプロポリスに含まれているジデルペンには炎症を起こした細胞修復機能もあります。アレルギー用の入浴剤などにも使われる回復力の強い成分です。そしてプロポリスは体の免疫向上にも大変有効です。強い体になって花粉を跳ねのけていきましょう!

(文:宮本燈)

 

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN onlineshop  
蜂蜜製品・健康食品で健康・美容をサポート。
TCN onlineshopは安心してお買い物いただけるよう、様々な特典を用意しております。
初めてで不明点がある場合は、どうぞお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。