30代以降に多い歯周病とは? 治療、予防、歯磨き方法について | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

30代以降に多い歯周病とは? 治療、予防、歯磨き方法について

カテゴリー:

歯周病

 

歯磨きすると出血する、朝起きると口の中がネバつく、口臭が気になる、歯が長くなった気がする、など歯や口内のことで気になることはありませんか?それは歯周病が原因かも。TV番組などでもよく話題になる歯周病とは、一体どんな病気なのでしょうか?

 

歯周病とは

 

歯垢に溜まる歯周病菌という細菌によって歯を支える歯周組織が炎症を起こす病気です。歯周組織とは歯肉、セメント質、歯根膜、歯槽骨から形成される歯を支える大切な組織です。重度の歯周病になると、この組織が破壊され歯が抜けてしまいます。

 

歯周病の症状は5段階

 

歯周病は以下のような進行段階の目安があります。

 

⒈「歯肉炎」

歯周病の初期。歯肉は赤色で炎症をおこし腫れや出血がある。歯垢や歯石が溜まる。歯と歯茎の間に3mm以下のポケットと呼ばれる溝ができる。

 

⒉ 軽度「歯周炎」

炎症が悪化。歯肉は赤紫色で出血がある。口臭がする。歯周病菌が歯根膜や歯槽骨を破壊し始める。歯周ポケットは3mm以上になってくる。

 

⒊ 中度「歯周炎」

歯槽骨が半分近く溶けて歯がぐらつき始める。膿が出たり、口臭が強くする。歯周ポケットは4~5mm。

 

⒋ 重度「歯周炎(歯槽膿漏)」

歯槽骨は半分以上溶けて歯はグラグラになる。酷くなると歯が抜ける。歯周ポケットは6mm以上。

 

歯周病

歯周炎

 

⒌ 全身に影響を及ぼす

歯周病菌が喉や傷ついた歯茎から血液を通じて体内に侵入し、生活習慣病等の病気を悪化させます。

 

歯周病の予防対策

 

歯周病の痛み

 

歯周病はあまり痛みを感じることがないまま、何年かかけてゆっくりと進行します。そのため、気が付いた時には歯を失うほどの症状になっていることもある怖い病気です。

 

歯周病の原因

 

歯周病の原因である歯周病菌は歯垢(プラーク)に潜んでいます。口の中の食べかすをエサにして増えた細菌は、歯垢という塊になります。歯茎周辺に残る食べかすに集まる虫歯菌によって歯茎は腫れてぶよぶよとし、緩んできます。すると歯と歯茎の間にポケットができて歯垢が溜まります。酸素を嫌う「嫌気性菌」の歯周病菌にとってポケットは絶好の環境です。そこで歯垢を作り歯周組織を破壊します。

 

歯周病はうつる?

 

直接に歯周病がうつることありません。同じ食器の共有、同じ食べ物の共有、キスをする等によって唾液を介して歯周病菌はうつりますが、正しい予防をすることで歯周病にはなりません。

 

歯垢(プラーク)と歯石

 

歯垢(プラーク)は生きて活動している細菌の塊で、食後約8時間で生成されます。歯石は歯垢が古くなったもので、死んだ細菌の塊です。食後約48時間で生成されます。歯石は凸凹してざらついているため、歯垢が付きやすくなります。放っておくと、歯石にまた歯垢が付くという悪循環が起きてしまいます。

 

歯周病

 

歯周病の治療、治し方

 

・基本治療

歯垢と歯石の除去が重要になります。歯垢除去(プラークコントロール)は歯科医院でも行えますが、自宅でのセルフケアが基本になります。後で紹介します正しい歯磨き方法を参考にして下さい。歯石除去は歯科医院でスケーリングという方法で除去します。ルートプレーニングという歯の表面を滑らかにする処置もあります。歯周病の進行によりぐらついてしまう歯は噛み合わせの調整を行うことがあります。この様な基本治療を行い歯周組織が改善されると、それ以後は定期健診になります。

 

・外科的治療

重度の歯周病に対しては、骨再生治療や歯茎再生治療といった外科的な措置がとられることがあります。

 

歯周病の8つの予防策

 

  1. ①正しい歯磨きが何より大切です。間違った歯磨きは1日10回しても予防効果はありません。
  2. ②歯科医院で月1回は定期健診を受けて、自分の口腔内の状態を知っておきましょう。また、セルフケアに必要な情報を入手しましょう。
  3. ③歯並びが悪いと磨き残しができやすくなります。磨きにくく歯垢が溜まりやすい部分は歯間ブラシ、フロスを活用します。歯列矯正の相談も歯周病予防につながります。
  4. ④義歯や修復物(クラウン)が不適合な場合、その周りに歯垢がたまりやすくなります。医師に相談しましょう。
  5. ⑤日常的な癖に注意しましょう。歯ぎしりは歯周組織を傷め、口呼吸は口腔内の乾燥を招き歯周病の要因になります。
  6. ⑥喫煙の見直しをしましょう。日本臨床歯周病学会によると、1日10本以上の喫煙で歯周病にかかるリスクは4倍に、また10年以上喫煙習慣がある場合は4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなります。治療後も喫煙を続けた場合は再発しやすい傾向にあります。また、喫煙者本人だけでなく受動喫煙者も歯周病にかかりやすくなると言われています。
  7. ⑦食生活の見直しをしましょう。甘い物や柔らかい食べ物が多い食習慣、だらだら食べる食習慣、不規則な食事、偏食等は歯周病を引き起こしやすくします。
  8. ⑧ストレスを緩和しましょう。精神的ストレスは免疫力を低下させ、歯周病を引き起こしやすく、悪化させやすくします。

 

歯周病

 

正しい歯磨き(ブラッシング)で歯周病を防ぐ

 

  • 食後1時間以内に磨く。
  • 鉛筆を持つ持ち方で歯ブラシを持つ。
  • 歯と歯茎の間に毛先が入るように当てる。
  • 力を入れ過ぎないように磨く。
  • 軽く小刻みに横向きに動かす。1か所につき20回。
  • 1回の歯磨きに5分は要する。
  • 歯間ブラシ、フロス、糸ようじ等を使用する。
  • 歯磨き粉は泡立ち過ぎないように少量付け、歯磨きの途中で付け直すと良い。

 

力を入れ過ぎると歯ブラシの毛先が曲がったり広がったりして歯垢が除去しづらくなります。また乱暴な歯磨きをすると、炎症が悪化したり、フェストゥーンという歯茎の縁が盛り上がった状態になってしまい、歯茎が下がる要因になります。

 

ブラッシングだけでは歯垢の6割しか取れません。特に取りにくい歯間は歯間ブラシ、フロス、糸ようじを使って取り除きます。サイズやタイプが色々ありますので自分の歯に合ったものを選びましょう。

 

歯周病

 

まとめ

 

歯周病予防には、毎日のケアがとても大切。近年、大人気マヌカハニーも歯周病予防対策としておすすめ。実は抗菌作用をもつといわれるマヌカハニーは、口内環境にも良い影響をもたらすといわれるのです。そんなマヌカハニーは、歯磨き後に使用するのが一番効果的です。

また、歯周病になってしまった場合には、早急に治療をして再発防止のための正しい予防を行いましょう。

歯肉炎や歯周病に、マヌカハニーの抗菌効果が効果的①

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る