乱れた腸内細菌のバランスを改善する4つの方法③ | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

乱れた腸内細菌のバランスを改善する4つの方法③

カテゴリー:

慢性的に続く症状、原因がわからない症状に悩まされている場合、その症状が生じている箇所が直接的な原因ではないことがあるそうです。この様な腸内細菌のバランス乱れが生じているサインに思い当たる場合、それらの症状の原因は腸内細菌乱れかもしれません。この様に腸内環境乱れているかもと、思い当たる場合は気づいてからの改善が重要です。腸内の健康を改善するための方法は様々あります。腸内改善を早めに行うことで、さらに幅広く健康問題が生じることを防ぎ、何年もの間、慢性的に悩まされていた症状の回復も期待できるかもしれません。今回は前回に引き続き、乱れ腸内環境改善するための、4つ方法をご紹介します。

ステップ4、ストレスをコントロールする

ストレスコントロール

十分に睡眠を摂り、ストレスを解放することで腸の健康を手に入れましょう。

食生活を変える以外で、腸内環境の改善に最も大きな影響を与え、高い優先度を持つのが、”ストレスコントロール”です。このストレスをコントロールする方法は、人様々で共通の1つの方法では解消されないと言えます。

しかし、ストレスをコントロールする方法を選ぶキーポイントとして、なによりも楽しんで行え、続けやすいものを探してみましょう。そして、日常的にストレスが溜まっているかに関わらず、ストレスを解放する時間を設ける習慣をつけましょう。これにより、体内に生じている炎症を抑え、ストレスホルモンであるコルチゾールの生成を低下させ、そして腸の健康を改善します。

睡眠不足とストレスホルモン

また、十分な睡眠時間を設けることもとても重要です。睡眠不足は、その他のストレスと同様に腸に悪い影響を与える、ストレスホルモン・コルチゾールを上昇させます。最低でも7時間の睡眠が推奨されています。

腸内環境を変え、人生を変える

腸が心と体の健康にどの様に関係しているかについて、日々新たな科学研究が行われています。正しい知識と、体にとって正しい行動を行うことで、体の内面そして外面を癒すことが可能になります。腸を健康にする実践方法は、難しいものではありません。毒素を含む食品や物を避け発酵食品やプロバイオティクスを食生活に取り込み、そしてなによりもストレスをコントロールする習慣をつけましょう。1日の実践で全ての効果を感じるのは難しいですが、続けることにより体の変化が見えてくるはずです。腸内環境の改善は、体全体の健康改善の第一歩として、人生に大きな変化が期待できます。

まとめ

腸の健康を守るためには、食生活の変化と同じ様に、心の状態に変化を与えることも重要となります。ストレスを溜めることは、ストレスホルモンを生成するだけでなく、消化に関わる消化酵素の生産力を低下させることも明らかにされています。ですからこの様なストレスをコントロール、そして和らげる習慣をつけましょう。また、十分な睡眠も腸内の健康を守る一つの重要なポイントです。

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。