理想の腸内環境、プロバイオティスのバランス | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

理想の腸内環境、プロバイオティスのバランス

カテゴリー:

腸内環境の乱れによって生じる健康問題は、胃腸炎など消化管への影響だけでなく、感染症に感染しやすくなったり、免疫が低下するなど間接的な健康も損なわれるという問題があります。特に現代の暮らしではテクノロジーの発展によって、以前と比べプロバイオティクスを摂取する機会が減少しているため、腸内の健康が保たれずプロバイオティクスに悪く影響しています。今回は、理想腸内環境、そしてプロバイオティクスバランスについて調べて見ました。

健康な腸内細菌のバランス

私たちの腸内には、善良な細菌(善玉菌/プロバイオティクス)、そして有害な細菌(悪玉菌)のそれぞれが存在します。消化機能の専門家によると、理想の腸内フローラのバランスは、おおよそ85%の善玉菌と15%の悪玉菌が存在する腸内環境だそうです。

もしこの比率のバランスが悪くなってしまうと、腸内菌共生バランス失調と呼ばれる健康問題を引き起こします。この、腸内菌共生バランス失調は、特定の種類の真菌や、酵母、もしくは細菌などが増殖し、体に悪い影響をもたらす病気です。このような症状を改善し、バランスのとれた腸内環境を取り戻すためには、プロバイオティクスを多く含む食品や、サプリメントとしてプロバイオティクスの摂取が推奨されています。

近年のプロバイオティクスの摂取量の減少

また、プロバイオティクスがもたらす健康効果が紹介されたのは、つい最近では無いことについても知っていただきたいです。長年の歴史の中で、まだ冷蔵庫がなく食品を保存するために作られた発酵食品や細菌を培養した食品を食べるなど、プロバイオティクスと共存する文化は様々な地で広く行われてきました。

ここで、逆の発想をしてみると、冷蔵庫が普及するまでは、食品を長持ちさせるための知恵によって、生きたプロバイオティクスを摂取し、プロバイオティクスの恩恵を受ける機会がたくさんあったことに気がつきます。冷蔵庫の発明と普及は、実は私たちの健康を脅かすものであったのかもしれません。

プロバイオティクスを殺す現代の暮らし

子どもたちを含め、ほとんどの人は、プロバイオティクスの意識的な摂取が重要になっています。しかしなぜ、意識的に取り入れないとならないのでしょうか?通常の食生活では、十分なプロバイオティクスが補えないのでしょうか?

現代の暮らしとプロバイオティクス

大きな理由の1つに、現代の暮らしがあります。現代の社会には、腸内細菌のバランスを乱す原因になるものが大変多く、その中で生活している私たちの腸の健康は危険にさらされているのです。

処方された医薬品(特に、抗生物質)の服用や、塩素やフッ素によって消毒された水を飲んだり、オーガニックでなく、抗生物質が残留している肉類や乳製品など、一般的に普及している汚染された食品を食べることで、私たちの体内の腸内環境は乱され続けています。しかし、これらの化学物質が、消化管にダメージを与え、体内のプロバイオティクスを殺していることで、健康問題のきっかけとなっている事はあまり知られていません。

腸内環境を乱す7つの物質

以下の項目は、健康のために必要なプロバイオティクスを殺してしまう働きをもつ、代表的な物質の中の7つです。

  1. 1、抗生物質
  2. 2、砂糖
  3. 3、水道水
  4. 4、遺伝子組み換え食品
  5. 5、穀物
  6. 6、精神的ストレス
  7. 7、化学物質や医薬品
意識的に健康を目指そう

腸内フローラのバランスを改善するためには、以上の項目のような、プロバイオティクスに悪い成分や物質を避ける事が目標です。私たちは普段の生活で、プロバイオティクスを脅かす食品や、毒素、ストレス要因に囲まれているので、腸内環境を改善し消化管の健康を守るためには、「健康になるぞ!」という意気込みや多少の意識が必要であると言えます。そうでなければ、あっという間に腸内細菌のバランスは乱れ、消化管には悪玉菌や、有害な酵母、ウイルス、真菌、そして寄生虫が増殖し続けてしまうのです。

まとめ

しかし、これらのように身の回りにいつもあって、慣れ親しんでる物質を、急に一切禁止してしまうのは、負担がかかりすぎてしまうかもしれません。例えば、精神的ストレスを減らすためにリラックス出来たり、ストレスを解消できるような習い事を週に1度始めたり、ご褒美として専門店で売っているような果物を、ケーキの代わりとして、味わいながら食べるようにしたり、おやつとしてプロバイオティクスが豊富なヨーグルトを食べるなど、楽しみながら続けられる方法を探すのがポイントです。

腸のダメージを治癒するためには、消化管に有害な環境や、悪玉菌が好むような食品を避け、代わりにプロバイオティクスが豊富な食品をたくさん食べたり、プロバイオティクスサプリメントの摂取を試してみましょう。

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る