あなたの頭痛のタイプは? 種類や原因を知って対処しよう | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

あなたの頭痛のタイプは? 種類や原因を知って対処しよう

カテゴリー:

医師

頭痛は誰もが経験したことのある身近な症状です。そのまま放っておいて我慢しているという人も少なくありません。頭痛の種類原因、対策方法を知ることで頭痛緩和につなげましょう。

あなたの頭痛のタイプを知ろう

 

頭痛の種類と原因

 

一般的に多くみられる頭痛が「慢性頭痛」です。代表的な慢性頭痛には次の三つがあります。

 

○片頭痛(偏頭痛)

 

頭痛の中でも多くみられるのが片頭痛です。片頭痛は、主に頭の片側に痛みがでます。

脈打つようにズキンズキン、あるいはガンガンとした痛みがでて、吐き気をともなうこともあります。症状は数時間から数日程度で治まります。片頭痛の原因ははっきりと分かっていませんが、セロトニンなど脳内の伝達物質がうまく機能していないためと考えられており、ストレスや天候などが引き金となって起こることがあります。

 

緊張型頭痛

 

片頭痛と並んで慢性型の頭痛でよくみられるのが緊張型頭痛です。

緊張型頭痛では、頭痛以外にも肩こりなどの症状が同時に現れる傾向があります。デスクワークや車の運転など、長時間にわたり同じ姿勢を取っていることやストレスが原因として挙げられます。

 

群発頭痛

 

群発頭痛は、慢性型の頭痛には比較的珍しいタイプの頭痛です。

群発頭痛になると片目の奥に目がえぐられるような激痛が起こるのが特徴で、頭痛が毎日決まった時刻に連日で続きます。群発頭痛の原因は、自律神経の何らかの異常があると考えられています。

 

頭痛

 

命に関わるタイプの頭痛

 

このほかにも頭痛には、命にかかわるのタイプの頭痛もあり、次のような症状が挙げられます。

 

○くも膜下出血による頭痛

 

急にバットで頭を殴られたような激痛が走ります。

 

○髄膜炎による頭痛

 

頭全体に激痛が走り、発熱や寒気が同時に起こります。

 

○脳腫瘍による頭痛

 

脳にできている腫瘍が大きくなり、経過ごとに痛みが増していきます。

 

頭痛時の対処法と注意点

 

一般的な頭痛でも、症状が繰り返されれば、仕事の効率が下がったり、人間関係に影響を与えたりするため、日常生活に支障を起こすものです。

頭痛を抱えている人のなかには、市販の痛み止めで対処する人も多いかもしれませんが、頭痛が慢性化する原因になることもあるので注意しましょう。

頭痛の治療は、原因によってそれぞれ異なるので、頭痛が続く場合や急激な頭痛が起こった場合には、早めに医療機関へ受診して、頭痛の原因を明らかにすることが大切です。頭痛で医療機関を受診する場合は、神経内科や頭痛外来を利用するとよいでしょう。頭痛の原因が明らかになれば、自宅でのセルフケアもしやすくなるはずです。

 

頭痛日記をつけて頭痛に備えましょう

 

慢性的な頭痛を抱えている人におすすめなのが、頭痛日記をつけることです。

頭痛日記には、頭痛が起きた時間帯だけでなく、どのような痛みだったか、嘔気などそのほかの症状も記載するようにしましょう。また、頭痛が起こったときの状況や天候、飲んだ薬などを記録に残すようにすると、医療機関に受診したときの診療もスムーズにいくというメリットがあります。

頭痛日記はインターネットでダウンロードすることができます。最近では、スマートホンの頭痛日記専用のアプリがあるので、利用してみるのもよいでしょう。

 

日記

 

●まとめ

 

身近な症状のひとつである頭痛は、ついつい放置してしまう人が多い症状の一つです。頭痛のなかには、重い病気が潜んでいるケースもあるので、まずは医療機関を受診するようにしましょう。慢性的な頭痛を抱えている人は、頭痛日記をつけると、頭痛の原因や治療効果が分かりやすくなるだけでなく、毎日の頭痛の自己管理がしやすくなるのでおすすめです。

 

【記事監修】看護師:原 明子

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る