オリーブオイルを飲むことで得られる効果とは? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

オリーブオイルを飲むことで得られる効果とは?

カテゴリー:

オリーブオイル
オリーブオイルといえば、今ではスーパーなどの店頭でも多くの種類が並び、その美味しさだけではなくその健康効果も高い点に注目されています。「オイルを飲む」というのは、少々抵抗があるかもしれませんが、オリーブオイルを飲むことで様々な健康効果に期待ができるのです!

 

オリーブオイルとは

 

オリーブの実から搾油したオイルをオリーブオイルといいます。オリーブは、暖かい地中海沿岸で主に栽培され、最も生産量が多いのがスペイン。次にイタリア、ギリシャと続きます。オリーブオイルというと「イタリア」というイメージが強かったのですが、スペインでの栽培が多くを占めていたんですね!

 

一般的な油の抽出方法

 

植物油脂の多くは、その種子から搾油されます。油脂含量の少ないものは、有機化合物を使用して油を溶かし出す方法で抽出され、油脂含量の多いものは圧搾法といって油脂を搾りだす方法で搾油され、その後脱臭、脱色、脱蝋などの工程を経て精製されています。

オリーブオイルも圧搾法で搾油されますが、種子ではなく果実から搾られ、余計な工程を加えないため、味、香り、色が豊かな油脂となっているんです。そしてその産地により味、香り、色が違い、個性豊かなオイルを楽しむことができます。

 

 オリーブオイルには2種類ある?

 

お店では、「エクストラバージンオリーブオイル」と「ピュアオリーブオイル」の2種類を見かけませんか?

 

○エクストラバージンオリーブオイル

 

圧搾法によりオリーブの果実をそのまま搾り、味、香り、色が豊かで、何も精製されていないものを「バージンオリーブオイル」と呼び、その中でも最高品質ものが「エクストラバージンオリーブオイル」でちょっとお値段が高めです。

 

○ピュアオリーブオイル

 

それに比べ「ピュアオリーブオイル」とは、色々な工程を経て精製されたオリーブオイルを、バージンオリーブオイルとブレンドして作られたものを指します。

 

オリーブ

 

オリーブオイルを飲むことで得られる効果

 

オイルを飲めなんて…… と抵抗ある方もいらっしゃるかと思います。でも、エクストラバージンオリーブオイルなら産地によって味も香りも違いますし、美味しく飲めるものもあるのです。

 

 オリーブオイルに含まれる栄養素

 

気になるオリーブオイルのカロリーですが、100gあたり921kcalで、これは他の植物性油脂と同じです。他の植物性油脂と大きく違うところは「オレイン酸」が豊富ということです。

「オレイン酸」は体に悪いコレステロールを低下させる働きを持つとされ、脂質異常症や動脈硬化の予防に期待ができます。また、体内で良い働きをするコレステロールを増やす、嬉しい働きもあるといわれています。

また、オレイン酸は一価不飽和脂肪酸で、体の中でも酸化されにくい性質があります。そのほかにも、ポリフェノール、ビタミンA(β‐カロテン)、ビタミンEも多く含んでいます。

 

オリーブオイル

 

気になる健康効果は?

 

○便秘の改善に

 

ある実験結果では、オリーブオイルを摂取することで便秘が解消したという効果がみられました。私も経験済みで、オリーブオイルを毎日大さじ2杯摂取していたころに頑固な便秘が解消され、それ以来便秘知らずです。

適度なオイルの摂取は便を滑らせ、便秘解消に効果が期待できます。

 

○美肌に

 

豊富なビタミンEと、抗酸化作用のあるポリフェノール、そして、体内で酸化されにくいという性質から、強い抗酸化作用が期待でき、細胞の老化を防いでくれるという役割があります。

これにより細胞はイキイキとし、美肌にもとても効果的です。

 

○ダイエットに

 

オレイン酸の持つ力で悪玉コレステロールを下げ、ビタミンEなどによる抗酸化作用によって細胞が活性化され代謝が良くなると、美肌になることはもちろん、ダイエット効果も期待できます。

良い細胞を持ち、代謝が良いと、内臓も活性化され、胃腸もイキイキとします。

それらの効果により消化吸収が改善、余計なものが排泄されると、さらに高い美容効果が期待できますね。オリーブオイルは大さじ1杯111kcalほどでカロリーは高めですが、脂肪を燃やすには適度な油が必要です。

また体内の飽和脂肪酸である悪い油を流してくれるのは、不飽和脂肪酸が豊富な植物性油脂や魚の油脂なんです。ですから「悪い油を摂ったな」と思ったときほど、良い油である不飽和脂肪酸を摂取することが大切です。

 

深呼吸

 

飲む量やタイミングは?

 

1日に飲む量は大さじ2~3杯程度が効果的といわれています。

カロリーにして222kcal~333kcalです。一気に飲んでしまうよりは、食事前、朝昼晩など1日に数回に分けて飲んだ方が効果的でしょう。これには、「食事で摂取した栄養素を効率よく吸収させ代謝を良くするため」、「毎回の食事に取り入れ便の調子を良くするため」、「ポリフェノールは数回に分けて摂取した方がいいため」など、様々な理由があります。

オリーブオイルをジュースと一緒に飲む国あるらしく、100%のジュースに混ぜて飲んでみてもいいですね。抵抗のある方はサラダにかけても良いですし、私の場合は納豆に混ぜたりしていました。これでお通じが改善されましたよ。

 

※注意点・副作用

 

オリーブオイルの効果を発揮するなら、加熱はしないことです。飲むことが健康にいいとされますから、料理にかけるにしてもそのまま熱を加えず摂取しましょう。

やはり高カロリーのため、1日の摂取量は守らないとダイエット効果が薄れてしまい肥満に繋がる恐れがあります。また、生ものなので、まれにお腹に合わないこともあるでしょう。これでお腹が緩くなってしまう人にはオススメできません。そして、純粋な油であるためとても酸化されやすいという特徴があります。

保存するときは冷暗所でしっかり密封すること、そして長期間の保存になってしまいそうなら小さ目のサイズを購入することをオススメします。酸化されてしまうとせっかくのオイルの効果が現れず、逆に体にとって悪い効果を招きかねません。

 

 まとめ

 

オリーブオイルは今ではとっても身近な油で、手に入りやすくなりましたね。そのため手軽に取り入れることができる健康食品です。体の代謝を良くし、ダイエット、美肌、生活習慣病予防、便秘解消など様々な効果が期待できる自然の薬ともいえるでしょう。取り入れるときは、元気でキレイな体の維持のために「エクストラバージンオリーブオイル」を選ぶとよいでしょう。

 

【記事監修】管理栄養士:藤井 ゆき菜

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る