市販の胃薬のリスクと消化不良や胃酸過多の対策法:下痢、クロストリジウム・ディフィシル感染症の再発 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

市販の胃薬のリスクと消化不良や胃酸過多の対策法:下痢、クロストリジウム・ディフィシル感染症の再発

カテゴリー:

胃の調子が悪い、胃がムカムカするとすぐに消化不良の胃薬に頼っている人は意外と多いものです。今回、ある研究で消化不良の胃薬に含まれる成分が下痢クロストリジウム・ディフィシル感染の再発リスクを高めることがわかりました。

市販の胃薬のリスクと消化不良や胃酸過多の対策法

Mayo clinicで行われた研究によると、消化不良や胃酸を活発にする市販薬には、下痢やクロストリジウム・ディフィシル感染症の再発リスクを高めることが明らかにされました。ロストリジウム・ディフィシル感染症は、結腸の生命を脅かす炎症で腸管に障害をもたらす病気です。この研究によると、市販の消化不良の胃薬を飲んでいる人に優位に感染症の再発が多いことが発見されました。市販の消化不良の胃薬を飲んだ患者7,703人のなかで、1,525人の人がクロストリジウム・ディフィシル感染症を再発しました。これは消化不良、胃酸、胃潰瘍の治療に使われているプロトンポンプ阻害剤であるオメプラゾールやヒスタミン2遮断薬の影響で、これらがラニチジン感染のリスクを高めるようです。

消化不良や胃酸過多への対策法

消化不良は胃酸が足りない時に起こります。そのため胃酸を活性化することが必要です。一方で、胃酸が増えた時の対処症としては牛乳を飲むことが良いとされています。牛乳を飲んだからといって胃酸過多が治るわけではありませんが、一時的に痛みが緩和されます。胃酸過多は、胃の消化能力が低下で起こります。この消化能力にかかわるのが消化酵素です。消化酵素は、体内の化学反応である消化を促進する触媒となる分子です。そのため、消化吸収にはなくてはならない大切なものです。食べ物の消化もこの消化酵素により起こるので、体内の酵素が少なくなると、消化がスムーズに行えなくなります。これが胃酸分泌の低下や胃酸過多の原因となります。そこで大切なのが酵素を含む食材を摂取することです。消化酵素を含む食品としては、味噌、醤油、納豆などの発酵食品があります。胃酸過多の人は、脂肪が多い食品は胃への負担が増えます。脂質の多い肉類や脂っぽい食品、甘い物、香辛料などは胃酸の量に悪影響を及ぼします。特にバターや乳製品は、胃への負担の大きくなります。このような食材は、体内の消化酵素を消耗しやすく、消化不良の原因となるのでなるべく量を控えるようにしましょう。アルコールやカフェインも胃酸を阻害するものです。胃酸過多に合う飲み物は、アルカリイオン水やお湯、ノンカフェインのドリンクやお茶、ハーブティなどが良いでしょう。このように胃酸に悪影響を及ぼす食品がありますので、これらの食品や飲み物はできるだけ控え、良い食品を摂るようにしましょう。また消化吸収には、ビタミンミネラルも大切な栄養素ですので合わせて摂取すると有効です。ビタミンやミネラルは熱に弱い特性がありますので、加工食品などをさけ、なるべく新鮮で生の素材と一緒に摂ると効果が高まります。サプリメントなどでこれらを補うと胃酸の生成や維持に良い効果をもたらしますのでおすすめです。

牛乳

まとめ

このように市販の胃薬にはリスクが存在するようですので、胃の調子が悪い、消化不良で胃がムカムカするなどの症状はすぐに胃薬にたよらずにまずはサプリメントや食品で胃酸を整えるように心がけましょう。

(文:宮本燈)

参考ページ

Mayoclinic.org, http://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/c-difficile/symptoms-causes/dxc-20202389




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。