抗酸化物質を多く含むお茶とハーブティー① | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

抗酸化物質を多く含むお茶とハーブティー①

カテゴリー:
抗酸化物質は、私たちの体を健康に保つために欠かせない栄養素です。野菜や果物など、様々な食品から摂取できますが、今回は、毎日飲むのに簡単なお茶ハーブティーに含まれる、抗酸化物質とその効果について調べてみました。

お茶とハーブティーの抗酸化物質

抗酸化物質は、体を酸化させる「フリーラジカル」という物質をコントロールする成分です。酸化は食べ物など体内にある物質を分解し、エネルギーを作るなど、ヒトの体で生じる代謝活動の一部であります。しかし、この体内で行われる酸化によって、電子が1つ欠けた「フリーラジカル」と呼ばれる細胞が、その他の健康な細胞、組織、遺伝子のダメージを与え、ガンや糖尿病、そして心臓病などの原因となります。抗酸化物質は、酸化を制限することによって、フリーラジカルをコントロールします。今回は、この抗酸化物質を豊富に含むハーブティーやお茶に注目します。ハーブティーやお茶に含まれる抗酸化物質を体内に取り入れて、健康効果を促進しましょう。持病や健康問題がありハーブティーやお茶を摂取する場合、安全に摂取するために事前に医師からアドバイスを受けることが推奨されています。

マテ茶

イェルバ・マテ(Ilex paraguayensis)南アメリカ原産の常緑樹です。南アメリカの伝統的な治療法を行う施術者が、精神的そして身体的疲労を改善するためにお茶として、イェルバ・マテの葉っぱが使用されてきました。イェルバ・マテに含まれる、主な有効成分はカフェインですが、他にも抗酸化物質が豊富に含まれています。イェルバ・マテの葉から作られた、マテ茶に含まれる抗酸化物質には、クロロゲン酸、タンニン、カテコール、フラボノイドなどの、ポリフェノールが豊富に含まれています。
医療ジャーナル「Journal of Ethnopharmacology」2010年の6月号に掲載された、N・ブラセッコ氏(N. Bracesco)と同氏のチームによる研究では、マテ茶に含まれる抗酸化物質が、高コレステロール、高血圧、肥満、そして炎症性疾患などに有効である事を明らかにしています。この研究者によると、イェルバ・マテ抽出液に含まれるポリフェノールは、赤ワインに含まれる物と似ていて、緑茶が含むポリフェノールよりもより強力という事です。
マテ茶を飲む事で、マテ茶に含まれる抗酸化物質である、クロロゲン酸、ルチン、ケルセチンがDNAを保護する働きを発揮し、クロロゲン酸そしてフラボノイドによって、抗炎症作用、肥満を予防する効果、コレステロールをコントロールする効果が期待できるそうです。イェルバ・マテは刺激物であるため、心臓病や、高血圧、うつ病、睡眠障害などの病気がある場合、マテ茶を摂取する前に医師に相談しましょう。

まとめ

体を健康に保つために欠かせない栄養素である抗酸化物質は、スパイス類や、ブドウなどの果物、そして野菜など、様々な食品に含まれています。今回は、食品の中でもハーブティーやお茶に含まれる抗酸化物質に注目しました。

日本では、毎日飲む習慣のあるお茶には、様々な抗酸化物質が含まれています。例えば、日本でも一般的に流通するようになり、人気の出たマテ茶も、抗酸化物質を豊富に含むお茶の一つです。マテ茶に含まれる抗酸化物質ポリフェノールは、緑茶に含まれるものよりも強力で、その他の抗酸化物質も抗炎症作用、肥満を予防する効果、コレステロールをコントロールする効果など、様々な健康効果が期待できるようです。

次回は引き続き、抗酸化物質を多く含むお茶とハーブティーをご紹介します。

Herbal Teas With Antioxidants

 


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。