はちみつの効能:運動前のはちみつ摂取は、骨形成や性腺刺激ホルモンに影響があるのか | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

はちみつの効能:運動前のはちみつ摂取は、骨形成や性腺刺激ホルモンに影響があるのか

カテゴリー:

蜂蜜(はちみつ)

運動による骨形成への効果は、運動の質や量に関係があると言われています。適度な運動は、骨の発達を促進し、年齢に伴う骨量減少を防止すると言われていますが、激しい運動は、視床下部に機能障害を起こし、卵胞刺激ホルモンや黄体ホルモンなどの女性の生殖ホルモンが減少し、月経障害など女性に悪影響があると言われます。

はちみつは果糖、ブドウ糖、麦芽糖などの糖分や、酵素、フラボノイド、有機酸、ミネラルプロテイン、フェノール酸、ビタミンなどの栄養素を含んでおり、骨の形成や性腺刺激ホルモン生成を促進する効果があることが最近の研究を通して明らかになってきました。

激しい運動前のはちみつの摂取が骨と性腺刺激ホルモンに影響があるのか

 

2014年、マレーシアのサインズ大学で実施された、運動の30分前にはちみつ摂取することで骨形成や性腺刺激ホルモンに影響するかについての研究が発表されました。性腺刺激ホルモンとは、卵巣や精巣の働きを促進するホルモンで、卵胞刺激ホルモンや黄体ホルモンなどが含まれます。

生後9週間の84匹のメスのねずみは、1. 薬のコントロールなしで座ったままあまり動かないグループ、2. ジャンプ運動はせずはちみつを摂取するグループ、3.20回のジャンプ運動のみをするグループ、4. 80回のジャンプ運動のみをするグループ、5. はちみつを摂取後20回のジャンプ運動をするグループ、6. はちみつ摂取後80回のジャンプ運動をするグループに分けて実施されました。ジャンプ運動は、電流で刺激をして引き起こし、訓練してできるようになりました。実験は8週間続きました。

 

実験後に測定されたネズミの血清カルシウム、血清アルカリフォスファターゼ、血清Ⅰ型コラーゲンC末端テロペプチド、血清卵胞刺激ホルモン、血清黄体ホルモンのレベル

 

  ①   カルシウム(mmol/L) ②   アルカリフォスファターゼ(U/L) ③   Ⅰ型コラーゲンC末端テロペプチド(ng/ mL) ④   卵胞刺激ホルモン(mlU/mL) ⑤   黄体ホルモン(mlU/mL)
どちらもなし 2.72 98.36 1.04 100.74 1.90
はちみつ 2.73 124.18 0.85 48.52 1.23
J20回 2.78 102.25 0.89 48.32 1.24
J80回 2.79 112.10 0.86 50.32 0.76
HJ20回 2.78 120.55 0.95 75.58 1.06
HJ80回 2.89 133.60 0.84 61.82 1.41

※Jはジャンプ Hは、はちみつの意味

 

カルシウム;骨や歯を形成するミネラル

②アルカリフォスファターゼ;肝臓、骨、小腸で多い酵素で、骨を作る際、多く生産する為、成長期には活性が高い。

③Ⅰ型コラーゲンC末端テロペプチド;骨基質の90%以上を占める主要なタンパク質

④卵胞刺激ホルモン;人の生殖器官に関係するホルモン。女性の卵胞ホルモンの生成を促進したり、男性の精子形成に必要

⑤黄体ホルモン;女性の妊娠に関係するホルモン。排卵後に子宮内の環境を整える役割をするホルモン

 

実験の結果

・血清カルシウム及びアルカリフォルスターゼは、はちみつ摂取のみ、もしくはジャンプ運動のみのねずみに比べ、はちみつを摂取して激しい運動をしたネズミで著しく増加しました。

・Ⅰ型コラーゲンC末端テロペプチドは、何もしていないねずみに比べ、はちみつのみ、ジャンプのみ、はちみつとジャンプのグループで著しく低くなりました。

・血清卵胞刺激ホルモンの濃度は、なにもしていないねずみに比べ、はちみつのみ、もしくはジャンプのみのグループで著しく低くなりました。

・はちみつを摂取して激しいジャンプ運動をしたねずみの血清黄体ホルモンの濃度は、著しく高くなりました。

 

骨

 

まとめ

 

実験の結果では、はちみつを摂取し80回ジャンプをしたねずみの脛骨と大腿骨の量を増やし、骨形成に効果的に影響することが分かりました。はちみつを摂取して80回のジャンプ運動をしたねずみの血清カルシウムやアルカリフォスファターゼの濃度が上がったのは、はちみつを摂取することで、はちみつに含まれるブドウ糖、果糖、オリゴ糖などの糖分や、ミネラル、プロテイン、フェノール酸、ビタミンなどの栄養素が骨形成に効果的に働いたと考えられます。そして、激しいジャンプ運動をしたねずみの性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモン・黄体ホルモン)の減少は、はちみつの摂取によって守られる効果があることが分かりました。激しいスポーツなどの運動をする人は、運動前にはちみつを摂取することをお勧めします。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。