喘息の症状を蜂蜜で改善 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

喘息の症状を蜂蜜で改善

カテゴリー:

喘息は、肺の気道に慢性的な症状を引き起こす病気です。今回は、この喘息の症状改善に有効であるとされる、蜂蜜を使用した治療方法について調べてみました。

蜂蜜の可能性

喘息で喘息発作が生じた場合、気道は炎症を起こし収縮するため、正常に呼吸を行うのが難しくなります。症状を引き起こす、特定の原因が現れた時に、せき、ゼーゼーした呼吸、胸の痛みなどが結果として生じます。ABCニュースによると、蜂蜜咳を緩和させる新しい治療法として、優れた可能性を持っているということです。しかし、喘息の症状を治療するために、医薬品を適切に使用せずに、蜂蜜のみに頼ることは危険ですので注意しましょう。

蜂蜜の働き

蜂蜜は、喘息によって生じる咳や、その後のゼーゼーした呼吸を緩和させる効果があると考えられています。ABCニュースによると、蜂蜜には気道の粘膜を和らげる働きがあるそうです。気道の収縮は、喘息を引き起こす、最も多い原因であります。Archives of Pediatrics and Adolescent Medicineによって行われた研究では、子どもが夜中寝てる間に咳をしてしまうのに対して、蜂蜜が効果的であることを明らかにしています。このタイプの咳は、喘息を引き起こす原因になるため、喘息に対して蜂蜜が有効であることが解ります。

蜂蜜の種類

喘息の治療を目指すのであれば、効果の高い蜂蜜を選ぶことが重要なポイントです。蕎麦の木の花から採取された蜂蜜や、マヌカハニーなど、濃い色をした蜂蜜が咳などの症状を改善するために、最も効果の高い蜂蜜であると報告されています。色の薄い蜂蜜でも、効果をもたらす可能性はありますが、濃い色をした蜂蜜ほど抗酸化物質を含まないのが難点です。

蜂蜜の摂取方法

Consumer Health Digestによると、ティースプーン1/4杯分の蜂蜜を摂取すると、喘息やアレルギーの症状の改善に効果が期待できるそうです。この少量の蜂蜜を、必要な回数に応じて摂取するようにしましょう。また、蜂蜜を舐めるだけでなく、お茶や紅茶に少量(ティースプーン1/4杯程)の蜂蜜を混ぜて飲むことも効果的です。暖かい飲み物に蜂蜜を混ぜて飲むことで、気管支菅に溜まった粘液を排除するのに効果的に働きます。ただし、蜂蜜は乳児ボツリヌス病の発症を防ぐために、乳児には与えてはいけませんので注意しましょう。蜂蜜を食べる場合、2歳以上であることを確かめるようにしましょう。

アレルギー反応

蜂蜜を咳の症状改善のために使用する際に、その喘息がアレルギー性のものでないか注意しましょう。Consumer Health Digestによると、アレルギーを引き起こす物質として一般的な、ビーポーレン(花粉)が蜂蜜に含まれている可能性があります。アレルギーの重症度にもよりますが、たった少量であってもアレルギーがある人が、ビーポーレンを摂取した場合、湿疹や、顔の腫れ、目のかゆみなどを引き起こす危険性があります。アレルギー性喘息と免疫の関係を調査する、American Academy of Allergy Asthma and Immunology(AAAAI)によると、ビーポーレンを含んだ製品は、処方された薬の一部に対して影響を与える可能性があるので、すでに飲んでいる薬があり、咳を改善するために蜂蜜を摂取しようとしている場合、薬剤師や医師に相談するようにしましょう。

まとめ

アメリカ食品医薬品局によって、喘息を持病で持っている2~6歳までの子どもが、風邪をひいてしまった場合、通常の薬局で購入できる薬品の摂取が推奨されていないため、蜂蜜を症状の改善に使用すると効果的であると期待されています。喘息の症状を抑制するために、蜂蜜を摂取する場合、蜂蜜を摂取し始める前に、医師に相談するようにしましょう。喘息によって生じる咳に、蜂蜜が効果的であることはわかっていますが、喘息が再発してしまった場合、気道の炎症を緩和するために、長期的な計画を持った投薬が必要になります。

※1歳未満の乳幼児にははちみつを食べさせないでください。 蜂蜜には、稀にボツリヌス菌が混入している危険があり、腸内細菌叢の発達が未熟な1歳未満の乳児ではボツリヌス菌芽胞が腸内で発芽・増殖し、毒素を産生することにより乳児ボツリヌス症を発症させることがあります。絶対に食べさせないようにしてください。1987年から厚生労働省より1歳未満の乳児にはちみつを食べさせないようにと勧告も行われております。

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る