寝る前のスプーン1杯のはちみつで睡眠の質が上がるって本当? | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

寝る前のスプーン1杯のはちみつで睡眠の質が上がるって本当?

カテゴリー:

蜂蜜(はちみつ)

不眠は、以前はお年寄りに多く見られる病気でしたが、現代社会においては、生活スタイルやストレス増加により、多くの若者たちを悩ませています。睡眠不足は、肥満、糖尿病、高血圧、記憶障害、不安、うつ病など、いろいろな健康問題を引き起こす原因にもなります。不眠改善の為に、睡眠薬を処方してもらうのも一つの方法ですが、それらは高い出費に加えて、薬への依存や副作用等の危険性があります。そんな中で、深い眠りを促すのに効果的なナチュラルフードがはちみつです。

はちみつが深い睡眠を助ける3つの要因

 

① はちみつが血液中のブドウ糖濃度を安定させ、睡眠を誘発し、就寝中に体組織の回復や再構築の為に必要なメラトニンを放出する。

 

② 就寝前にはちみつを摂取すると、8時間の睡眠に十分な肝臓グリコーゲンを貯蔵する。

 

③ コルチゾールとアドレナリンと呼ばれる2つのストレスホルモンが、早朝に放出されるのを抑える

 

はちみつがメラトニンの生成を促進する

 

はちみつが不眠症を改善するメカニズムは、研究者によって、Honey-Insulin-Melatonin-CycleHYMN Cycle)で説明されます。このサイクルは、寝る1時間前にティースプーン1-2杯のマヌカハニーを摂取することで始まります。

はちみつを摂取すると、血液中の血糖値がほんのわずかに上昇します。これにより、すい臓から少しのインスリン放出され、睡眠に必要なトリプトファン(必須アミノ酸)を脳内に取り込みやすくします。トリプトファンは、人間の体内では生成されない為、食物から摂取する必要があります。トリプトファンははちみつ、乳製品、肉類に多く含まれます。睡眠改善の為に、はちみつと一緒に牛乳を飲むと良いのはその為です。

トリプトファンは脳に運ばれ、そこで、セロトニンに変わります。セロトニンは、リラックス効果を促進する重要なホルモンです。セロトニンは松果体でメラトニンに変わります。このメラトニンは、不眠を改善する重要な睡眠ホルモンです。

メラトニンは、副交感神経を優位にし、気持ちをリラックスさせ、深部体温を下げます。そして脈拍、呼吸を落ち着かせる働きをします。高い温度から低い体温に下がると、人の体は眠くなります。日中、人はブドウ糖などを熱エネルギーに変えて活動しています。夜までこの熱が残っていると、睡眠妨げる為、寝る一時間くらい前から手足が温まり、熱は体外に放出されるのです。

 

はちみつがストレスホルモンを抑制?

 

わたしたちは、お腹が空っぽのときに眠れなくなります。ですから、就寝前に少しの量の食物を体内に取り込むことで、良質な睡眠をとることができるのです。

わたしたちの体は、すぐに使えるエネルギーをグリコーゲンとして肝臓に保管しています。

はちみつに含まれるブドウ糖は、肝臓に優先的に貯蔵されます。

夜、肝臓のグリコーゲンが足りなくなると、人間の脳は、筋肉中のたんぱく質をブドウ糖に変えようとし、コルチゾールとアドレナリンなどのストレスホルモンを放出し、睡眠を妨げる原因となってしまいます。就寝前のスプーン1杯のはちみつで、ブドウ糖を補い、グリコーゲンを貯蔵することは、落ち着いた睡眠のために必要です。

 

はちみつ牛乳

 

まとめ

 

はちみつは安全、簡単、そして有効的な睡眠改善フードとして使われています。就寝前に、スプーン1杯のはちみつをとることで、体内の機能が働き、良い睡眠につながるのです。睡眠が改善できると、不眠と関係して起こる倦怠感や疲労感なども軽減につながります。夜あまり眠れないという方ははちみつやはちみつ入り牛乳を試してみてはいかがでしょうか?


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。