子どもが蜂蜜の摂取を控えるべき理由① | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

子どもが蜂蜜の摂取を控えるべき理由①

カテゴリー:

親にとって子どもが口にする食品の安全性はとても重要な課題です。しかし蜂蜜を小さな子どもに与えても大丈夫かどうかについて、ご存知でしょうか。蜂蜜を含む食品や、蜂蜜には小さい子ども蜂蜜を与えないように明記されています。天然の甘味料として、幅広く親しまれている蜂蜜には、高い抗菌作用健康効果があることがよく知られています。甘味料だけにとどまらず、健康食品として親しまれている蜂蜜ですが小さな子どもにとっては深刻な病気の引き金となりえます。今回は①・②の2記事に分けて、小さな子ども蜂蜜摂取控えるべき理由についてご説明します。

蜂蜜を子どもに与えてはいけない理由

蜂蜜や蜂蜜を含む食品を1歳以下の幼児や子どもに与えることは、乳児ボツリヌス症を発症するリスクとなります。

この危険性は、蜂蜜そのものだけでなく、スムージーやジュースなどに甘味料として含まれる蜂蜜にも同様です。しかし2歳以上になると、腸の中の細菌が発達し、この細菌が乳児ボツリヌス症を引き起こす様な悪い原因から体を守る機能が発達します。この様に、ある程度の歳を超えた子どもに対しては、蜂蜜は安全であり、咳止めシロップの代用や風邪の症状を和らげるとして期待されています。

みんな大好き蜂蜜

ミツバチは、生きている植物の分泌物や蜜から蜂蜜を作り出します。300種類以上の蜂蜜がアメリカでは、主に色によって段階的に分類されており、そしてすべての蜂蜜には天然の風味を持つ糖分と、微量の酵素、ビタミン、ミネラル、そしてアミノ酸を含んでいます。子どもにも食べられている多くの焼き菓子や加工食品には、蜂蜜が甘味料として使用されています。

蜂蜜の栄養素

蜂蜜には1歳以上の子どもにとって、とても優れた栄養素が凝縮されています。

アメリカ合衆国農務省のデータベースによると、スプーン1杯の蜂蜜は、スクロース、グルコース、マルトースそしてガラクトース由来の17gの炭水化物を含みます。また蜂蜜はカリウムを摂取するには理想的な食品であり、スプーン1杯あたり11mgのカリウムを含みます。他にも、カルシウム、リン、ミネラルである鉄、亜鉛、マンガン、フッ化物、セレンなどが1mgずつ蜂蜜に含まれています。栄養素でいうと、ビタミンC、ビタミンB2(リボフラビン)、パントテン酸、ナイアシン、そしてビタミンB-6が含まれているそうです。

まとめ

蜂蜜は天然の甘味料であるため、白砂糖などの糖類を避けたい人や様々な人に人気です。しかし小さな子どもの場合、蜂蜜には十分な注意が必要となります。またその影響は生の蜂蜜だけでなく、加工商品や焼き菓子などにも生じるため、生の蜂蜜をそのまま摂取しない場合にも、注意を払うことが推奨されています。次回はより詳しく、小さな子供が蜂蜜を摂取したことで生じる病気や症状について注目します。

Why Shouldn’t I Feed Honey to a Child Under Six?

 

この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。