お家で簡単! 蜂蜜を使った美容対策【初夏~夏編】 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

お家で簡単! 蜂蜜を使った美容対策【初夏~夏編】

カテゴリー:

はちみつ

 

蜂蜜は、天然の甘味料や風味付けとしてだけでなく、古くから私たちの体を健康に保ち、美しくする目的でも使用されてきました。今回は、これからのの時期に備えて蜂蜜を使ってお家で簡単にできる美容対策をご紹介いたします。

 

古くから美容の為に利用されていた蜂蜜

 

キリスト教の聖書である旧約聖書にはすでに蜂蜜の記載があり、古代から薬用として私たちの体に良い影響をもたらすと考えられていました。

また、紀元前にクレオパトラが美を保つために愛用していたことは非常に有名で、古代ローマでも入浴後に蜂蜜を混ぜて肌に使用するなど、肌を美しくキレイに保つための化粧品として使用されていたようです。

 

 

蜂蜜が美容に良い理由

 

もともと人間の皮膚には自然治癒力が備わっており、傷ができた時に元の状態への修復が始まるという作用「再上皮化」があります。

蜂蜜には、殺菌作用のほか、この再上皮化を促進する作用があるという報告があります。

これは、美容に関しても有用で、人間が本来持っている自然の力に加えて、手助けをしてくれるのが蜂蜜なのです。ビタミンやミネラル、アミノ酸が豊富で、ポリフェノールも含まれる蜂蜜は、食べることによる内側からのケア(インナーケア)と、肌に使用することによる外側からのケア(アウターケア)の両方を行うことができるのです。

 

夏におすすめの蜂蜜を使った美容対策

 

夏は紫外線を浴びることで肌がごわつきやすく、冷房にあたることで乾燥もしやすい季節です。

蜂蜜はマルチに使用することができますが、今回は特に初夏から夏にオススメの使用方法についてお伝えいたします。

 

蜂蜜

 

蜂蜜とソルトの天然ボディスクラブ

 

蜂蜜とお好みの天然塩を混ぜると簡単にボディスクラブを作ることができます。

 

ボディスクラブは、肌にある余分な角質を綺麗にして滑らかな肌にするために使用します。塩には様々なタイプがありますので、できれば肌への刺激が少ない、目の細かいサラサラとした塩を選ぶようにしましょう。

足裏やかかとのごわつきにはやや大きめの粒子を選ぶとしっかりと角質のケアが出きます。

 

 ★レシピ★

 

~準備するもの~

 

  • 蜂蜜
  • 塩(かかとは粗い塩、それ以外は細かい塩)
  • 混ぜるための器

 

【作り方】

 

蜂蜜と塩を1:1になるよう準備し、器に入れた塩に蜂蜜を混ぜて、ペースト状になるまで軽くかき混ぜます。蜂蜜と塩はお好みで加減してください。お風呂に入る前に準備して使い切るのがベスト。

 

使用方法】

 

できれば湯船に浸かり肌を柔らかくし、体を軽く洗った後にスクラブを行います。肌にのせてクルクルと肌の上をすべらせます。かかとなど固いところや、ざらつきのある所を中心にスクラブを行い、洗い流します。

ゴワゴワとした角質が柔らかくなり、蜂蜜による保湿効果も得られるので、ツルツルのお肌になりますよ。

 

お風呂で簡単蜂蜜パック

 

スクラブも良さそうだけれど、なかなか時間が取れないし面倒…… という方には、蜂蜜パックをオススメします。

こちらは、入浴中に気になる部分に蜂蜜を肌の上に薄くのせて3~4分おいたら洗い流すというシンプルな方法です。冷房による乾燥対策にもなります。

 

ネイルケアも蜂蜜で

 

夏になるとサンダルを履く機会が増えて、足の爪にネイルを施す方も多いのではないでしょうか。爪に蜂蜜を直接塗るか、べたつきの気になる方はお風呂でパックのように3~4分置いて洗い流しましょう。マニキュアなどをしていない時にしっかりとケアを行って、爪本来を綺麗に保つように心がけることが大切です。

蜂蜜を使用すると、割れや欠けを防ぎ、爪が強くなります。

 

※蜂蜜でアレルギーが出る場合がありますので、異常が出た場合は使用をすぐに中止しましょう。

 

ネイルケア

 

 まとめ

 

暑くてムシムシするからとスキンケアを怠ってしまいがちな夏ですが、汗を多くかくことに加えて、紫外線や冷房などの影響で意外にも乾燥しています。マルチに使用できる蜂蜜のパワーを利用して快適な夏を過ごしましょう。

 

【記事監修】

鍼灸師・エステティシャン(フランス国家資格所持):野田 未来

 

※注意

1歳未満の乳幼児には、ハチミツを食べさせないでください。
ハチミツには、稀にボツリヌス菌が混入している危険があり、腸内細菌叢の発達が未熟な1歳未満の乳児ではボツリヌス菌芽胞が腸内で発芽・増殖し、毒素を産生することにより乳児ボツリヌス症を発症させることがあります。絶対に食べさせないようにしてください。1987年から厚生労働省より1歳未満の乳児にハチミツを食べさせないようにと勧告も行われております。

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る