日焼け止めの種類や正しい選び方 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

日焼け止めの種類や正しい選び方

カテゴリー:

これからレジャーなど、外での活動が多くなり、肌の露出も増えますよね。みなさんは正しく日焼け止めを使用し、紫外線対策をしていますか? 今回は、日焼け止めが必要な理由から、日焼け止めの種類正しい選び方までをご紹介していきます。

 

日焼け止めの種類や正しい選び方

 

日焼け止めはなぜ必要?

 

紫外線は太陽から発生する光の一つで、4月から増え始め、7月をピークに9月まで高い状態が続きます。紫外線には、波長が異なるUV-A、UV-B、UV-Cがあります。UV-Aの波長が最も長く、UV-Cが最も波長の短い紫外線です。波長が短いものほど皮膚への影響が強いですが、UV-Cは地表に届く前に殆どがオゾン層に吸収されます。その為、地表に届くのはUV-A、UV-Bになります。この2種類の紫外線の違いを見てみましょう。

 

UV-A

 

肌の奥まで到達し、肌の内部の組織に影響を与えることで、長い期間を経てシミやシワの原因になるといわれています。

 

UV-B

 

皮膚の表面の細胞を傷つけ、炎症を引き起こします。日焼けによる肌の赤みや、水膨れはUV-Bによるものです。

 

日焼け止めは、UV-Bによって肌がダメージを受けることを防ぐとともに、UV-Aによって将来シミやシワができるのを防ぐ上でも重要なのです。

 

 

日焼け止めの種類

 

紫外線散乱剤

 

酸化チタンや酸化亜鉛などの金属酸化物が原料で、ファンデーションなどに使用されています。散乱剤(パウダー)により紫外線を反射させ、肌に紫外線が届くのを防ぎます。有機化合物ではない為、ノンケミカルとして表記されるなど肌への負担が少く、より長持ちします。

 

紫外線吸収剤

 

有機化合物で、紫外線と化学反応を起こすことで、熱エネルギーなどに変換し、皮膚への浸透を抑制します。一般的に、SPF値の高い日焼け止め製品に使用されており、紫外線の防御力が高い一方、肌への負担が大きいです。また、紫外線と化学反応を繰り返すことで、紫外線を防ぐ力が弱くなってしましますので、こまめに塗り直す必要があります。

 

日焼け止めを選ぶポイント

 

日焼け止めにはSPFとPAの値が必ず書いてありますが、高ければ良いというわけではありません。

 

SPF

 

SPFはUV-Bを防ぐ時間を表しています。つまり、どれだけ外出するかその時間によって選べば良いのです。例えば、真夏でも30分ほど買い物に行くぐらいであればSPF15(5時間)で十分ですし、海水浴など1日中炎天下にいるのであれば、SPF 30(10時間)で良いでしょう。SPF50のものもありますが、紫外線を防ぐ力には大差ないと言われています。SPFが大きくなるとその分肌への負担が大きくなりますので、目的によって選びましょう。

 

PA

 

PAはUV-Aを防ぐ効果を表しています。+が多いほど効果が高いです、++で防御効果がかなりあると言われています。

日焼け止めの効果を保つためにはつけ直すことが大切です。汗をかいたり、タオルで拭いたりすると日焼け止めの効果が弱くなってしまいます。2~3時間おきにつけ直すようにしましょう。

 

 

子どもに選ぶ場合

 

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、生後6ヶ月までは日焼け止めの使用は控えましょう。外出するときには日よけを使用したり、腕や足が隠れる服を着させたりしてあげましょう 。1歳未満の子どもであれば SPF15を使用し、2時間おきにつけ直してあげることが重要です。首から足先まで肌が露出しているところは全て日焼け止めをつけましょう。1歳以上の子供であれば日常生活ではSPF15~20、海水浴などのレジャーではSPF30の日焼け止めが良いでしょう。なるべく肌に優しい日焼け止めをつけてあげましょう。

日焼けは肌だけではなく、目にも影響します。目の内部にある角膜が紫外線を感知すると、脳に指令が出され、メラニン色素が作られます。この指令により、日焼け止めをしていても皮膚が黒くなってしまいます。またそれ以外にも、目の水晶体に紫外線が吸収されると白内障の原因にもなります。従って、子供のうちからサングラスをして目を保護することも重要です。

 

 

日焼け止めの正しい落とし方

 

日焼け止めをしっかり落とさないと、毛穴が詰まり、ニキビや吹き出物、肌の乾燥、かゆみやかぶれなど肌トラブルの原因にもなります。肌を清潔に保つためには毎日きちんと洗い流してあげることが重要です。

日焼け止めの落とし方は製品によって異なります。製品のパッケージを確認しましょう。

 

○お湯で落ちるまたは石鹸で落ちる日焼け止め

 

普段使用している洗顔料やボディソープで洗い流すことができます。

 

○クレンジングが必要な日焼け止め

 

メイク落とし用クレンジングで落とすことが可能です。専用クレンジングが必要な日焼け止めもありますので、パッケージを確認しましょう。
クレンジング剤は、ミルクタイプ、クリームタイプ、オイルタイプ等がありますが、右へ行くほど洗浄力が高く肌への負担も大きいと言われています。クレンジング剤を使用した場合には、クレンジング剤もしっかりと洗い流しましょう。洗い流した後はローションやクリームで肌を保湿してあげることも大切です 。肌を保湿してあげることで肌の乾燥を防ぎ、肌トラブルの予防になります。

 

 

まとめ

 

紫外線は日焼けによる肌のトラブルだけでなく、シミやシワ、白内障などの原因にもなります。子供の肌は繊細なため、大人よりも紫外線の影響を受けやすいと言われていますので、子供のうちからケアしてあげることが大切です。 日焼け止めを正しく使用して、快適に夏な夏が過ごせると良いですね。

 

【記事監修】薬剤師:ダンカン 賢子

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る