カフェインを健康的に摂取するための注意点(摂取量・タイミング) | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

カフェインを健康的に摂取するための注意点(摂取量・タイミング)

カテゴリー:

カフェイン摂取方法を誤ってしまうと、神経組織に負担がかかり、消化器官にストレスが加わり、体重の増加、依存症などを引き起こす可能性があります。しかし、正しい方法で健康的カフェイン摂取する事で、また、気分を向上させ、代謝を促進、身体機能の高め、神経が研ぎ澄まされるという利点があります。Northwest Parkinson’s Foundationによると、数々の研究で、カフェインが糖尿病や、パーキンソン病、肝臓の病気などに効果が期待できることが明らかにされています。今回は、カフェイン摂取する際に、知っておくべき摂取量タイミングについての注意点についてご説明します。

カフェインを効果的に摂取しよう

適度の量を守る

過度なカフェインの摂取は、不安、悪寒、吐き気、脱水症状、そして重度の場合は死に至るなどの危険性があると、メリーランド大学メディカルセンターは忠告しています。しかしこの様な副作用は、カフェインに対して極度に敏感でなければ、未然に防ぐことが可能です。同時にカフェインを正しく摂取することで、長期・短期に渡る健康効果を手にいれることが可能であるとされています。

[コーヒーのカフェインによるダイエット・健康効果]

カフェインの1日の摂取量は、200~300mgが推奨されています。200~300mgは目安として、大体2~3杯のコーヒー、2~6杯のお茶、4~8人分の炭酸飲料、2~3人分のエナジードリンクです。ここで注意しておきたいのが、カフェインを含む飲料物(エナジードリンク等)は1缶に対し数人分のカフェインを含んでいます。

朝に飲む

ハーバード大学睡眠医学を研究する研究所によると、カフェインは摂取後の体内に約4~6時間留まります。

ですから、就寝時間にまだカフェインが体内に残っている場合、不眠症や寝つきの悪さを経験する可能性が高くなります。良質な睡眠を摂取することは、体全体の健康に大きな影響をもたらすために、夕方を過ぎた頃からカフェインの摂取を控えることが推奨されています。この様に、朝カフェインを摂取することにより、日中の活動時にカフェインの効果を存分に引き出せ、就寝時間が近づくとともにカフェインが減少することが理想的です。

まとめ

ディカフェやノンカフェイン飲料がブームになりましたが、対照的に近年ではカフェインがもつ様々な健康効果が報告されています。例えばコーヒーの場合、ポリフェノールなどを始めとするたくさんの抗酸化物質が含まれているだけでなく、ビタミンやミネラルも多く含んでいます。この健康効果をもたらす物質の働きにより、カフェインの有毒成分が中和されるということです。カフェインの効果を、より一層確かに得るためには、摂取量とタイミングに注意が必要です。過剰摂取に注意し、また不眠症を防ぎ、カフェインの気分を向上させる効果を利用するためにも朝飲むことが良いそうです。

Healthy Ways to Drink Caffeine


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。