カフェインを健康的に摂取するための注意点(カフェイン飲料の選び方) | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

カフェインを健康的に摂取するための注意点(カフェイン飲料の選び方)

カテゴリー:

適量を摂取する場合、カフェインは気分を向上させたり、エネルギーを補充、代謝を刺激し、また様々な病気から体を守る効果まであるとされています。しかし、過剰にカフェイン摂取した場合、体に重大なダメージが加わるなどの危険性もあります。カフェインは体の健康を心の健康にとって、大変優れた成分であります。それと同時に、過剰摂取や乱用などによって神経系や消化器官、呼吸器系、心臓系にいたるまで、大きな損傷を生じる可能性があるため、十分に注意が必要です。今回は、カフェイン摂取する際に、知っておくべきカフェイン飲料選び方についての注意点についてご説明します。

どの様にカフェインを摂取するか

様々な種類のカフェイン飲料

炭酸飲料やエナジードリンクはカフェインのみを含んでいる、もしくは体に害のある危険な人工甘味料が含まれています。

最も健康に良いカフェインの摂取方法はコーヒーかお茶として飲むことです。コーヒーお茶は、天然の物質から作られており、カフェインだけでなくその他の健康成分も含まれています。Northwest Parkinson’s財団によると、例えばコーヒーに含まれる油分は、病気に対して有効な成分であるとされています。お茶の場合、特に緑茶は抗酸化成分などの健康成分を含み、 高コレステロールを下げ、ダイエット効果などがあることから、冠状動脈疾患、糖尿病そして肝疾患などを予防するそうです。

摂取カロリーに注意しましょう

カフェイン自体にはカロリーが無いものの、カフェイン摂取のために、健康に害を与える可能性のある飲料などを飲み続けた場合、体重が増加する可能性があります。1杯のブラックコーヒーは約5カロリーですが、そこへ砂糖やクリームなどを加えた場合、総カロリーは数百カロリーに及ぶこともあります。Blue Mountain病院によると、大きめのコップ一杯の、加糖アイスコーヒーは場合により500カロリーになります。またイリノイ大学付属Urbana-Champaign McKinley病院のレポートによると、通常サイズの炭酸飲料は150カロリーかそれ以上であり、2杯以上簡単に飲んでしまえます。

もしコーヒーを飲む場合で甘くしたいのであれば、クリームと砂糖の量はごく少量にしましょう。そして、無脂肪乳や無糖クリームなどを選ぶようにしましょう。コーヒーもお茶も共に、甘味料を加える場合は少量にし天然の成分で出来ているものがオススメです。

まとめ

コンビニやスーパーマーケットなどで、様々なカフェインを含む飲料や製品が流通しています。しかし、カフェインを摂取する方法としてより体に害の少ない方法を選ぶことが大切です。例えばカフェインを含む、エナジードリンクや炭酸飲料、たくさんホイップクリームが乗ったコーヒー飲料などはカフェインの摂取を目的として摂取するのは、健康への影響を考えると適切で無いといえます。これらの飲料物は、人工甘味料や添加物などが加わっており、またカロリーも高くなるため、飲み続けることで健康に悪い影響が生じます。よって、カフェインを摂取するには、コーヒーやお茶が理想的といえます。

Healthy Ways to Drink Caffeine




TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。