プランター家庭菜園「シソ(紫蘇)」 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

プランター家庭菜園「シソ(紫蘇)」

カテゴリー:

安心で美味しい野菜を少しずつ食べることができる、家庭でのプランター菜園。プランター菜園の初心者の方はまず紫蘇(シソ)から始めてみるのがおすすめです。今回は、シソ栽培のポイントや手順、病害虫対策についてご紹介します。

 

家庭菜園で育てるシソ(紫蘇)

 

シソは別名「大葉」とも呼ばれ、天ぷら・料理の薬味・添え物など、用途の多い薬味野菜です。

スーパーでシソを買うときには、「こんなにいらないのに」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。かといって、冷蔵庫で保管しても、次にいつ使うか分からない状態で腐ってしまうこともしばしば……。また、一般に売られているシソには、どれ位の農薬がついているか自分では分かりません(無農薬のシソも一部で販売されています)。

しかし、自分自身の手で栽培すれば、そのような問題はすべて解決します。初めての方でも育てやすい理由に、シソは日陰を好むので、日当たりが悪いベランダでも栽培可能であることがあります。食べたい時に、食べたいだけ摘み取り、新鮮なシソを食べる。そんな家庭菜園を始めてはいかがでしょうか。

 

家庭菜園のメリットは……

  • 必要な時に、好きな量だけ使える。
  • 自分で育てたシソだから安心。
  • 日陰や室内で育てやすい。

 

シソ栽培のポイント

 

シソ栽培のポイントを紹介します。まず、シソには赤ジソと青ジソがありますが、栽培方法には違いはありません。お好みのシソを育ててみてください。食卓の彩りを豊かにするために、両方育ててもいいですね。

 

1.種まきは暖かいときに行う。

 

シソの発芽の適温は25℃から30 ℃と言われています。気温が低いと発芽率が低下してしまうので、注意しましょう。室内で栽培しても問題ありませんよ! しかしその際は、蛍光灯の光だけではその後の生育に影響がでます。発芽したら、日のあたる窓際に置きましょう。

 

2.乾燥に気をつける

 

シソは湿気を好むので、日があたりづらいベランダでも栽培しやすいです。むしろ、あまりにも日当たりがいい場所は避けましょう。状況が変えられない場合には、毎日水をあげるなど、土を乾燥させないように水やりをします。

 

 

栽培手順

 

1.種まき

 

種まきはポットにします。1ポットにつき2粒植えです。本葉が2~3葉展開した段階で、一番いい苗だけを残して間引きをしましょう。発芽の条件として気温は25 ℃~30 ℃必要です。適期は通常4月頃と言われますが、日中の気温が高くなっているのを確認してから播種(はしゅ)をしましょう。

 

2.植え替え・追肥

 

本葉4~5葉のときが適期です。植え付けの際に追肥を行うと、その後の生長が良くなります。生長につれて、株元が出てきてしまうようであれば、根元に土を足してください。

 

3.摘芯

 

摘芯(てきしん)という作業をすることで、葉の数を増やすことができます。葉が混んできたら脇芽をかきます。そして、脇芽のすぐ上の茎を切ってあげます。そうすることで、下の脇芽がぐんぐん生長していきます。

 

4.収穫

 

葉が10枚以上になれば、収穫のタイミングです。下の方の大きな葉から収穫していきます。

下の方から収穫することで、根元の風通しをよくして病害虫を防ぐ効果もあります。上の方の葉は残っているので、収穫の途中でも問題なく生長することができます。

また夏の終わりになるとシソつぼみがつき、花が咲きます。穂シソや花シソとして、刺し身のつま等にして食べましょう。穂もその後の種も食べることができますよ。

 

病害虫対策

 

シソは比較的病害虫に強い植物です。それでも病気が出るのは、乾燥で株が弱っている場合が多いです。そんなときは、こまめな水やりが必要です。わらマルチを使用することで土壌水分の蒸発を防ぐため、病気が発生しづらい環境をつくることができます。

 

 

まとめ

 

シソをはじめとする薬味は、少量だけで十分なことが多いです。少量で十分だからこそ、家庭菜園に適しているといえます。このほんの少しの薬味が、食卓のバリエーションを増やします。この夏、プランターでシソを育てて、食卓をまた一つ豊かにしてみてはいかがでしょうか!

 

【記事監修】作物学研究室卒:棚町弘一郎

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る