冬は痩せる? 夏太りの原因と解消法 | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

冬は痩せる? 夏太りの原因と解消法

カテゴリー:

ダイエット

 

夏に太りやすい、という方は少なくありません。夏バテ気味であまり食べていない、汗もたくさんかいている。一見痩せてもよいはずなのに、なぜ「夏太り」するのでしょうか。原因解消法をみてみましょう。

 

夏太りの原因と解消法

 

夏太りの原因

 

夏に太る人がいる…… なぜでしょうか。

 

そもそも太る原因は、「摂取カロリー > 消費カロリー」という以外にありません。夏に起こる体重増加は、夏にありがちな生活習慣によって、摂取カロリーを増やしたり、消費カロリーを減ることで起こるのです。

 

■夏に摂取カロリーが増える原因

 

体力が落ちて夏バテしていることを解消しようとしてカロリーを取り過ぎていませんか?

 

鰻、肉など良質なタンパク質はスタミナをつけるには良い食べ物。ですが、食べ過ぎは禁物です。夏に体力が落ちた原因が、「暑さのための睡眠不足」や「水分不足による脱水の兆候」の場合もあります。まずは体力が落ちている原因が何であるのかを考えましょう。

 

また、「汗をかいているから、たくさん食べて良いだろう」と言う思い込みを持つ方もいます。汗は水分代謝であって、カロリーはさほど消費していません。「汗をたくさんかいたから痩せる」という思い込みでカロリーを取りすぎる場合もあるのです。

 

一方、暑さで食欲が落ちると、冷たくてあまり噛まずに飲み込める食物が欲しくなります。アイスやプリン、麺類などです。咀嚼の回数が少ないと満腹感を得にくいので、食べ過ぎているという自覚が無いままに食べ過ぎることがあります。

 

また、冷たい食べ物は消化器官を冷やすので、消化吸収を悪くし、体を冷やし血流を悪くすることが有ります。

 

■夏に消費カロリーが減る原因

 

人の基礎代謝は年間を通して、「夏に低く、冬に高く」なるようにできています。つまり、外気温が低い時ほど、体温を保つために代謝は上がります。外気温が高い夏は、基礎代謝が低い時期。同じように食べても、夏は冬に比べて脂肪も燃えにくくなるのです。

 

また、気温が高い夏は屋外で運動しようという気が起きないものです。近年、温暖化の影響で夏の最高気温が上がっています。熱中症の恐れから、陽の高い時間は外に出ないようにする方も増えています。こうした習慣が、消費カロリーを減らしているのです。

 

■本当に夏太りなのか

 

夏は会社やデパートなど、室内はどこも冷房が効いています。冷房が常に効いている室内に長時間いると、体の冷えから血行不良を起こします。太ももやふくらはぎ、二の腕を触って冷たいと感じたことはありませんか?

 

冷えた体はむくみを起こしやすいのです。血行が悪いために水分代謝を悪くし、むくみで体重が増えることがあります。

 

体重増加がむくみなのか、脂肪なのかを知るには、正確な計測が必要です。体重だけでなく、水分や脂肪の量がわかる体組成計で計測するのがおすすめです。

 

ダイエット

 

夏太りの対策・解消法

 

■夏の暑さの中でも出来る運動を取り入れる

 

春や秋など、気候がよければ外でウォーキングなどができますが、暑い時期はそれも難しいのが現実です。夏でもできる運動はプールなどがあります。泳げない方は水中ウォーキングも良いでしょう。また、室内でできる運動を考えることも必要です。気温などが整ったジムやスポーツセンターを利用するのも良いです。

 

自宅でできる運動としては、「ストレッチ」や「ヨガ」「スクワット」などの筋トレがあります。運動は億劫だと思いがちですが、代謝の落ちる夏こそ運動の習慣が必要です。一人で続かない場合は、家族や友人など誰かと一緒に運動するのもおすすめです。

 

今はスマホのアプリでも、運動メニューや消費カロリーを記録できるものがたくさん出ています。数字を記録していくと、ゲーム感覚で運動ができます。モチベーションの維持にアプリを使ってみるのも良いでしょう。

 

■冷え対策を考える

 

職場が常に冷房が効いた環境の場合、自分で冷房を切ることはできませんよね。そのような環境では、体を冷やさないように長袖を着る、重ね着をするなど衣服を調整するようにしましょう。

 

また、暑いからといって冷たい飲み物、食べ物ばかりを摂取すると、さらに代謝を下げ、血流を悪くすることがあります「体が冷えているな」と感じたら温かいお茶を飲むなど、体の冷えを内側からもケアしてあげるようにしましょう。

 

室温

 

  まとめ

 

実は、ヒトが一番太りやすい季節であるのが夏。知らないうちに体を冷やしたり、食べ過ぎたり、不活発な生活をするなど、「夏ならではの生活習慣」が夏太りに関係しています。

 

夏の体の特徴を知ったうえで、生活習慣や食習慣を見直し、夏太りをし難い体にしたいものです。

 

【執筆】看護師:嶋谷 裕美

 

~夏のダイエットにオススメの記事~

 

●「管理栄養士のレシピシリーズ:ダイエット中の方にオススメの蜂蜜レシピ【夏編】」

●「管理栄養士が解説:オススメ! 夏野菜ダイエット」

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る