風邪の引きはじめ3つのポイント | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

風邪の引きはじめ3つのポイント

カテゴリー:

昨日は全然元気だったのに。朝起きると、喉のイガイガ、涙で目が潤み、鼻水も止まらない、なんていう経験ありませんか? 喉の奥はイガイガ痛むし、普段の元気もどこへやら、ぐったりして力が出ない。そう、風邪引きはじめの予感がする。まだ風邪が実をつけぬうちに、芽のうちから摘み取ってしまう為のポイントをご紹介します。

風邪の引きはじめ、素早い対処が大切

ゆっくり休みストレスを解消

風邪を撃退するためには、「心と体」の健康が大きな役割を持つと、フロリダ大学のイレーネ・エストレ医師は言います。風邪の引きはじめにみえる症状などで、体が反応しているのならば、体の調子に耳を傾けることが必要です。

例えば、寝れるだけ沢山寝て、ストレスを解消しましょう。エストレ医師によると、ストレスを感じているとき程、風邪をひきやすくなるということです。疲れを感じている、働きすぎ、悲しいことがあったり、嫌なことがあったなど気分が落ちているなどの、ストレスで体の免疫機能が低下し、風邪ウイルスが侵入しても免疫機能は全力で機能を発揮できません。

通常、風邪の引きはじめには、体内の免疫機能が風邪ウイルスと戦かおうとしますが、最前線で風邪ウイルスと戦い、体を防衛する細胞がストレスのせいで減ってしまいます。また、ストレスはホルモンの一種で、免疫機能を低下させるコルチゾールと呼ばれる物質の分泌量を増やします。これによって、風邪ウイルスが体内で感染しやすくなるというわけです。

免疫機能を向上させるためには、体をリラックスさせてみましょう。例えば、音楽を聴いたり、瞑想をしたり、軽い運動をするなど、心と体が落ち着ける時間を設けます。また、体を十分に休めることも重要ということです。

水分を沢山摂る

カフェに行っても、電車に乗っても、歩きながらも、鼻をかまないといけないほど鼻水が止まらない。そうそう!まさに私という方は、たくさん水分補給をしましょう。水分を摂ることで鼻のつまりを良くし、鼻水の粘度を薄くさせるため、咳やくしゃみなどで鼻のつまりが楽になります。

ミシガン大学アナーバー校で教鞭を執る、ジェーン・カーステンセン医師によると、常にコップ一杯のお水を側に置いておき常に水分を飲める状態でいることがオススメです。アルコールを除く、どの飲料物であれば脱水状態を防ぐことができますが、一番のオススメは何も入っていないお水を飲むことだそうです。もし熱っぽく感じるのであれば、より沢山お水を飲みましょう。熱がある場合、通常よりも汗や呼吸によって水分が消費されます。

暖かいお茶と蜂蜜

お母さんたちの知恵は侮れません、とカーステンセン医師は言います。暖かい飲み物を飲むことで、詰まった鼻の通りをよくし、喉のイガイガを軽減させます。また、暖かいお茶にほんの少しの蜂蜜を加えることで、咳止めとしても効果があるということです。ただし、1歳以下の幼児には蜂蜜を与えないように注意しましょう

はちみつ

まとめ

カーステンセン医師によると、もし風邪をひいてしまった場合、症状が改善されるまでに大体5~7日かかってしまうということです。ですから、風邪の症状が出はじめたときに早めの対処をすることで、その後の症状の改善にも役立つことを覚えておきましょう。

 

この記事は抄訳です。

参考記事 文:松本マリ

Irene M. Estores, MD, medical director, integrative medicine program, University of Florida Health System.

Jean C. Carstensen, MD, clinical instructor of internal medicine and pediatrics, University of Michigan, Ann Arbor.

National Institute of Allergy and Infectious Diseases: “Common Colds: Protect Yourself and Others.”

Cohen, S. Psychological Science, September 2003.

Harvard Health Publications: “Using the relaxation response to reduce stress.”

Cohen, S. Proceedings of the National Academy of Sciences, April 2012.

Sanu, A. Rhinology, December 2008.

KidsHealth.org: “Infant Botulism.”


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

TCN 公式ホームページ  
本物に出逢える喜び! 元祖マヌカハニーのTCN!
全てがオリジナル、蜂産品・サプリメント商品を扱う、
株式会社TCNのコーポレートサイトです。
ページトップへ戻る

TCNは専用のサポートセンターを
設けております。

疑問点・不明点あれば
どうぞお気軽にご連絡くださいませ。