甲状腺を健康にする食事法①(症状) | マヌカハニーのTCNが送る健康情報サイト
株式会社TCNのホームページへようこそ
株式会社TCN・ストロングマヌカハニー

株式会社TCNの健康コラム
皆様の健康・美容をサポートいたします。

  • フェイスブックアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEアイコン
  • はてぶアイコン

甲状腺を健康にする食事法①(症状)

カテゴリー:

日本での甲状腺疾患の患者数は約500~700万人と推定され、その内治療が必要と考えられる人は約240万人とされています。しかし、実際に治療を行なっている人の数はたった約45万人ということです。このように病気が発症しても、甲状腺に原因がある事が認識されにくいことが分かります。今回は甲状腺疾患に有効な食事法を理解するために、甲状腺疾患の症状について調べてみました。

甲状腺機能亢進症 vs 甲状腺機能低下症

首の後ろ側に位置する甲状腺は、蝶々の形をした小さな分泌腺です。良くも悪くも甲状腺は、私たちの体内のすべての器官につながっています。甲状腺機能低下症と甲状腺機能亢進症は、甲状腺の機能が不十分であるために全身に症状が現れる、甲状腺障害であります。

甲状腺機能亢進症

甲状腺ホルモンが過剰に生成されている場合、甲状腺機能亢進症が発症します。 甲状腺機能亢進症にはバセドウ病などが含まれ、甲状腺が腫れたり、結節を作ります。

一般的に甲状腺機能亢進症と診断される、主な症状には:

  • 予期せぬ体重の減少
  • 髪が抜ける、細くなる
  • 不安症、体の震え
  • 心拍数が早い
  • 通常よりも活発なお腹の活動
  • 赤みを帯びた肌、肌のかゆみ

甲状腺機能亢進症は治療を行わずに、放置していた場合、骨密度の減少や、心臓の働きに異常が生じることで、脳卒中のリスク上昇が心配されます。

一般的な治療法

この様な場合には、甲状腺の働きを抑える働きをもつ薬が、一般的に処方されます。もっとも深刻な場合は、甲状腺をすべて摘出するための手術も考えられます。しかし可能であれば、甲状腺に炎症を起こしやすい食品の摂取を控えたり、甲状腺の働きをサポートするサプリメントの摂取、そしてエッセンシャルオイルを使用するなど、自然の力を借りて甲状腺の機能を正常化させることが理想的であると言えます。

甲状腺機能低下症

甲状腺の機能が異常に活発化してしまう、甲状腺機能亢進症とは対照的に、甲状腺機能低下症は甲状腺の機能が不活発になることで発症します。医師が甲状腺機能低下症を疑う場合、一般的に以下の様な症状があります:

  • 疲労感
  • 髪が抜ける
  • 気分が不安定になる(うつ病の様な症状)
  • 体重の増加
  • 便秘
  • 肌のひび割れ
  • 甲状腺腫

甲状腺機能低下症によって生じる橋本病は、食事にヨウ素が不足していたり、放射線被ばくや、その他の様々なリスク要因が発症の原因であると考えられています。甲状腺疾患を生じる可能性の高い人は、レントゲンや歯科治療を通して被ばくする危険性を、可能な限り回避することが推奨されています。

一般的な治療法

甲状腺機能低下症に最も有効な治療法は、まだ明確にされていませんが、食事を改善することで、自然に甲状腺ホルモンの生産量を増やすことができると考えられています。従来の治療では、合成甲状腺ホルモンを含む薬を一生毎日摂取し続ける、投薬治療が一般的です。甲状腺機能低下症を改善するために考えられる自然治療法の最も重要な1つは、甲状腺の機能を低下させる原因となる、体内の炎症、医薬品の過剰な使用、栄養不足、ストレスによるホルモンの変化などを排除することです。

食事改善から始まる治療法

甲状腺疾患に良いとされる食事法では、炎症や免疫反応を促す食品を避け、代わりに消化管の治癒を促し、ホルモンのバランスを整え、炎症を減少させる効果のある食品を積極的に摂取します。今回は、最も一般的な甲状腺疾患である、甲状腺機能低下症と甲状腺機能亢進症の特徴を確認していきました。次回は、実際にどの様な食事が、甲状腺疾患に効果があるのか注目していきます。

まとめ

甲状腺疾患と呼ばれる病気は、一般的に甲状腺機能亢進症もしくは、甲状腺機能低下症のどちらかに分類されます。それぞれ全く逆の、甲状腺に生じる以上によって発症するため、治療法も異なります。ともに、栄養素不足やストレスなどのリスク要因が原因となることが多い様です。甲状腺疾患は、命を脅かす病気ではありませんが、早めの治療開始がその後の健康に大きな影響を与えるため、上記の症状に心当たりがある、もしくは不安な場合などは医師の診察を受けることが勧められます。

 

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

※当サイト内の全てのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性・安全性・最新性等を保証するものではありません。また、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承くださいませ。


この記事に関連するキーワード


TCNコラム 最新記事

人気カテゴリー TOP 20



TCNコラム カテゴリー TOP20

ページトップへ戻る